ヨアヒム・フリードリヒ (ブランデンブルク選帝侯)

ヨアヒム・フリードリヒ

ヨアヒム・フリードリヒ(Joachim Friedrich, 1546年1月27日ベルリン - 1608年7月18日、ベルリン)は、ブランデンブルク選帝侯(在位:1598年 - 1608年)。ヨハン・ゲオルクの長男、母はレグニツァ公フリデリク2世の娘ゾフィア。バイロイト辺境伯クリスティアンアンスバッハ辺境伯ヨアヒム・エルンストの兄。

1598年に父の後を継いで選帝侯となり、1605年からは精神を病んでいたプロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの摂政を務めた。ヨアヒム・フリードリヒは1608年に死去するが、1618年にアルブレヒト・フリードリヒが死去した後は息子ヨハン・ジギスムントプロイセン公国も相続することになる。

子女編集

1570年にブランデンブルク=キュストリン辺境伯ヨハンの娘で父の従妹にあたるカタリーナと結婚し、11人の子をもうけた。

1603年にプロイセン公アルブレヒト・フリードリヒの娘で、息子ヨハン・ジギスムントの妻アンナと弟クリスティアンの妻マリーの妹であるエレオノーレと結婚し、1女をもうけた。

先代:
ヨハン・ゲオルク
ブランデンブルク選帝侯
1598年 - 1608年
次代:
ヨハン・ジギスムント
先代:
ゲオルク・フリードリヒ
クルノフ(イェーゲルンドルフ)公
1603年 - 1606年
次代:
ヨハン・ゲオルク