ヨゼフの伝説』または『ヨゼフ伝説』(: Josephslegende: The Legend of Joseph作品63は、フーゴ・フォン・ホーフマンスタールおよびハリー・グラーフ・ケスラーの台本リヒャルト・シュトラウスの音楽によるバレエ・リュスの一幕物バレエで、内容は旧約聖書ヤコブの子ヨセフの物語に基づいている。1912年から1914年にかけて作曲され、1914年5月14日にパリ・オペラ座で初演された[1]

1914年の「ヨゼフの伝説」でヨセフを演じるレオニード・マシーン

構成編集

フーゴ・フォン・ホーフマンスタールは、当初『ヨゼフの伝説』を『ナクソス島のアリアドネ』と『影のない女』の合間の仕事として提案した。作曲は1912年6月に始まったが、シュトラウスは同年9月11日付の手紙で「清廉なヨセフは粗野な私の中におらず、私は倦んでしまって音楽を紡ぐのに難儀している。神を求む者ヨセフ、私になんたる労苦を求めるのか!」と書き、仕事の進みが思わしくないことを明かしている[2][3]

シュトラウスは、以前作曲を放棄したバレエ Die Insel Kythere のスケッチを用いて、ハープ4台、大小のシンバル、4組のカスタネットヘッケルフォンコントラバスクラリネットなどのエキゾチックな音色を持つ楽器の色彩を取り入れた特大編成のオーケストラ向けの楽曲を書き上げた[4]

編成編集

上演史編集

 
『ヨゼフの伝説』の英国初演を指揮するためロンドンを訪れたシュトラウス。1914年6月。

セルゲイ・ディアギレフインプレサリオとなり、ヴァーツラフ・ニジンスキー振付を行った。ニジンスキーはヨセフ役の初演ダンサーとなるはずだったが、ロモラ・デ・プルスキとの結婚をきっかけにバレエ・リュスを追われたため、ヨセフ役はミハイル・フォーキンレオニード・マシーンに引き継がれた。レオン・バクストアレクサンドル・ベノワによる衣装、ホセ・マリア・セルトによるパオロ・ヴェロネーゼに倣った風光明媚な美術、作曲者であるシュトラウス自身の指揮により初演され、7回の公演が行われた。

続いて6月に7回のロンドン公演が行われ、6月23日の英国初演はシュトラウス、以降はディアギレフに公演資金の貸し付けも行ったトーマス・ビーチャムが指揮した[5][6]。しかし直後の7月に第一次世界大戦が勃発し、シュトラウスは報酬6,000フランを受け取れなかった[7]

交響的断章編集

1947年、シュトラウスはオーケストラの編成を縮小した交響的断章を作曲し[8]、1949年3月にフリッツ・ライナーの指揮でシンシナティにて初演された。

録音編集

参考文献編集

  1. ^ Gilliam, Bryan (2001). Sadie, Stanley. ed. The New Grove Dictionary of Music and Musicians. 24. Oxford University Press. p. 517 
  2. ^ A Working Friendship: The Correspondence between Richard Strauss and Hugo von Hofmannsthal. Trans. Hammelmann, Hanns & Osers, Ewald. Random House. (1961). p. 142 
  3. ^ Heisler, Wayne (2009). The Ballet Collaborations of Richard Strauss. University of Rochester Press. pp. 46, 63f 
  4. ^ Del Mar, Norman (2009) [1969]. Richard Strauss: A Critical Commentary on His Life and Works II. Faber and Faber. pp. 133, 144–5 
  5. ^ Heisler, Wayne (2009). The Ballet Collaborations of Richard Strauss. University of Rochester Press. pp. 240 
  6. ^ Lesnig, Günther (1996). “75 Jahre seit der 'Deutsche Uraufführung' von 'Josephs Legende'”. Richard Strauss-Blätter 36: 3–51. doi:10.2307/j.ctvg8p316.3. 
  7. ^ Kennedy, Michael (2006). Richard Strauss: Man, Musician, Enigma. Cambridge University Press. p. 208 
  8. ^ Del Mar, Norman (2009) [1969]. Richard Strauss: A Critical Commentary on His Life and Works II. Faber and Faber. pp. 148–150 
  9. ^ Greenfield, Edward (2000年7月14日). “The man who dared to monkey with Beethoven”. The Guardian. https://www.theguardian.com/friday_review/story/0,3605,343063,00.html 2012年1月31日閲覧。 
  10. ^ Ashley, Tim (2007年4月13日). “Strauss: Josephslegende; Budapest Festival Orchestra/Fischer”. The Guardian. https://www.theguardian.com/music/2007/apr/13/classicalmusicandopera.shopping 2012年1月31日閲覧。 
  11. ^ Josephs Legende, Op. 63, Tokyo Metropolitan Symphony Orchestra, conducted by Hiroshi Wakasugi. Nippon Columbia, 1988