ヨハン・クーナウ

ドイツの作曲家、ハープシコード演奏者

ヨハン・クーナウJohann Kuhnau, 1660年4月6日 ガイジング - 1722年6月5日[要出典] ライプツィヒ)は、ドイツバロック音楽作曲家オルガニストチェンバロ奏者。

ヨハン・クーナウ
Johann Kuhnau
Johann Kuhnau.png
基本情報
生誕 (1660-04-06) 1660年4月6日
ガイジングドイツ語版
死没 (1722-06-05) 1722年6月5日(62歳没)
ライプツィヒ

生涯と作品編集

ドイツ・ザクセン州ガイジングde:Geising)で大工の息子として生まれたクーナウは、ドレスデンの著名なキリスト教学校に奨学生として通った。その後ライプツィヒ法学を学び、ツィッタウにおいてカントルの地位についた。1682年、クーナウはライプツィヒに戻る。そしてこの地で1684年から聖トーマス教会のオルガニストを務め、さらに1701年からはヨハン・シェッレde:Johann Schelle)の後任として同教会トーマスカントルの地位に就き、1722年に逝去するまで生涯にわたりその地位にあった。彼の後任のトーマスカントルはJ・S・バッハである。加えて、クーナウは同じく1701年から、大学音楽監督となった。

ライプツィヒ時代のクーナウの教え子には、ヨハン・ダーフィト・ハイニヒェンクリストフ・グラウプナーヨハン・フリードリヒ・ファッシュなどがいる。

クーナウの作品は、鍵盤楽器のための楽曲が良く知られる。彼のチェンバロのための楽曲「聖書ソナタ」Biblischen Historienは、一般に標題音楽と見なされている。また「新クラヴィーア練習曲集」Neue Clavierübungは、彼の後任であるバッハが影響を受けたという点で重要な作品である。一方で教会音楽の分野においては、クーナウはさほど革新的ではなかった。

外部リンク編集


先代:
ヨハン・シェッレ
トーマスカントル
1701年 - 1722年
次代:
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ