ヨーゼフ・アールパード・ハプスブルク=ロートリンゲン

ヨーゼフヨージェフ・アールパード・ベネディクト・フェルディナント・フランツ・マリア・ガブリエル・ハプスブルク=ロートリンゲンJoseph (József) Árpád Benedikt Ferdinand Franz Maria Gabriel Habsburg-Lothringen, 1933年2月8日 ブダペスト - 2017年4月30日 マドリード[1][2][3]は、ハプスブルク=ロートリンゲン家のハンガリー支流当主(1962年 - 2017年)。

ヨーゼフ・アールパード
Joseph Árpád
ハプスブルク=ロートリンゲン家
Archiduc Joseph-Arpad de Habsbourg-Hongrie ~1.JPG
2009年

全名
称号 オーストリア大公ほか(非公式)
出生 (1933-02-08) 1933年2月8日
ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国ブダペスト
死去 (2017-04-30) 2017年4月30日(84歳没)
スペインの旗 スペインマドリード
配偶者 マリア・ツー・レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク英語版
子女
父親 ヨーゼフ・フランツ・フォン・エスターライヒ
母親 アンナ・フォン・ザクセン
テンプレートを表示

生涯編集

1933年2月8日、オーストリア大公ヨーゼフ・フランツと妻のザクセン王女アンナの間に、第4子・長男として生まれた。

1944年に家族とともにハンガリーを出国し、生涯の大半をポルトガルで過ごした[4]リスボン大学経済学部を卒業。

1977年より40年間、ヴィテーズ騎士団ハンガリー語版総長を務めた。死後、次男ヨーゼフ・カール(1960年 - )が後継の騎士団総長となった。

結婚と子女編集

1956年、レーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯家家長カールドイツ語版の長女マリア英語版(1935年 - 2018年)と結婚した。8月25日に民事婚を行い、9月12日に西ドイツヴェルトハイム郊外の小村ブロンバッハドイツ語版において、宗教婚を挙げた[5]。妻との間に8人の子供がある[4][6]

  • ヨーゼフ・カール(1957年)- 生後1日で死去
  • モニカ=イロナ(1959年 - )- 1996年シャルル・ド・ランビュールと結婚
  • ヨーゼフ・カール(1960年 - )- 1990年ホーエンベルク女侯マルガレーテ[注釈 1]と結婚
  • マリア・クリスティーネ(1963年 - )- 1988年ライモント・ファン・デル・メイデと結婚
  • アンドレアス=アウグスティヌス(1965年 - )- 1994年ハッツフェルト=ドーンホーフ女伯マリー=クリスティーネと結婚
  • アレクサンドラ・リディア(1967年 - )- 1999年ウィルヘルムス・デ・ウィットと結婚
  • ニコラウス・フランツィスクス(1973年 - )- 2002年エウヘニア・デ・カロンヘ・イ・グレアと結婚
  • ヨハネス・ヤコブス(1975年 - )- 2009年マリア・ガブリエラ・モンテネグロ・ビリャミサルと結婚

栄典編集

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ ホーエンベルク公マクシミリアンの三男アルブレヒトの娘。

出典編集

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ヨーゼフ・アールパード・ハプスブルク=ロートリンゲンに関するカテゴリがあります。

名誉職
先代
ファルカシュ・フェレンツ
ヴィテーズ騎士団総長
1977年 - 2017年
次代
ヨーゼフ・カール・ハプスブルク=ロートリンゲン