講談社 ラジオブックス

ラジオブックスから転送)

講談社 ラジオブックス』(こうだんしゃ ラジオブックス)は、2000年1月3日から2009年3月27日までTBSラジオで放送されていたラジオ番組

目次

概要編集

TBSアナウンサー講談社から刊行されている本の一部分を1週間(放送5回分)にわたって朗読。作品によってはTBSアナウンサー以外の出演者(佐藤江梨子ら)が朗読を担当することもあった。また、番組後半に著者のインタビューを放送する場合もあった。取り上げた本についてはリスナープレゼントを行った。

講談社が展開している「本とあそぼう 全国訪問おはなし隊」の読み聞かせボランティアとしてTBSアナウンサーが派遣され、公開録音を行うこともあった。

2007年3月から、過去の朗読の一部をオーディオブックとして有料配信している。

キャッチフレーズは「ページを開いて、心にしおりを」。番組を一冊の本になぞらえ、エンディングでは、月曜から木曜までは「今夜はここに栞を挟んで、続きはまた明日」、金曜は「今夜は心に栞を挟んで」という台詞を用いた。番組の終了については「ページを閉じる」と表現した。

また、毎週日曜25時以降に流れる試験電波で稀にこの番組のアナウンサーによる朗読の一部が放送される事がある。

2008年後半から経済状況の変化もあって、講談社は『月刊現代』を休刊するなど経営の見直しを迫られており、9年3ヶ月継続してきた『ラジオブックス』も2009年3月いっぱいで終了することとなった。

放送時間編集

番組の構成編集

  • 23:40 オープニング
    • 月曜日にはお便りと今週朗読する本について、それ以外は本のあらすじなどを紹介。
  • 23:41〜23:53 朗読
  • 23:53"20 エンディング

スタッフ編集

関連項目編集

外部リンク編集