佐藤江梨子

日本の女優、タレント、モデル

佐藤 江梨子(さとう えりこ、1981年12月19日[2] - )は、日本女優タレントモデル、元グラビアアイドル[3]。愛称は、サトエリ東京都出身[1]レディバード所属[1](元:イエローキャブ[1]ノックアウト[2])。

さとう えりこ
佐藤 江梨子
プロフィール
愛称 サトエリ
生年月日 1981年12月19日
現年齢 40歳
出身地 日本の旗 日本東京都[1]
血液型 AB型[1]
公称サイズ(2012年時点)
身長 / 体重 173 cm / 53 kg
BMI 17.7
スリーサイズ 88 - 58 - 88 cm
カップサイズ E
股下 / 身長比 83 cm / 48 %
靴のサイズ 25 cm
活動
デビュー 1998
ジャンル タレント
モデル内容 一般、水着
他の活動 女優タレントモデル
その他の記録
日テレジェニック1998
モデル: テンプレート - カテゴリ

来歴

東京都足立区北千住生まれ[4]。 父親の転勤に伴って仙台市[5]神戸市[6][7]大阪市[8][9]東京都などで育った[10]

2歳から7歳までは仙台市に住む[5]。小学2年生[5]から中学1年生までは神戸市東灘区に住んでおり[11]、このため神戸弁でも話をすることが出来る。中学1年生の時に阪神・淡路大震災で被災して[6][7][11]大阪市へ引っ越す[8][12]。被災した時に、唯一の情報源だったラジオ番組のパーソナリティが励ましの言葉を繰り返すのを聞き[8]、自分もメディアで働いて人に勇気を与えたいと思い、芸能界入りを目指す[10]

芸能人が多く所属する学校に入学すれば芸能人になれるかもしれないと考え、堀越高等学校に進学[13]。そして高校在学時の1999年、『大磯ロングビーチキャンペーンガール』に選出され[8][14]、その後、芸能事務所・イエローキャブからスカウトされた[2]2001年には再び同キャンペーンガールに選ばれている[14]

2002年、「サムライガール21」で映画デビュー[15]

2014年6月9日甲子園球場始球式に登場した[16][17]

2015年1月末でイエローキャブと契約満了[18]

2015年1月31日ブラジル人の男性との結婚および妊娠をブログで発表した[19]。同年2月よりノックアウトに移籍[20]。同年8月に第1子の男児を出産[21]。出産後は2016年2月1日スタートの昼ドラマ『嵐の涙〜私たちに明日はある〜』の主演で復帰を果たした[22]

2021年4月8日甲子園球場で7年ぶりに始球式に登場した[23][24]

人物

趣味

  • 読書や映画鑑賞[25]。詩や小説を書くこともあり、著書『気遣い喫茶』(扶桑社)としてまとめられたり[26]、作家の石田衣良唯川恵とコラボレーションした小説『トロワ』も発表している[27]
  • ヨガ[28]

家族

  • [6]、母[29]、2歳上の姉[29](役者の佐藤水香[30])と7歳下の弟がいる[6][8]
  • 結婚後は12歳年上[31]の夫と息子がいる[28]

交友関係

エピソード

  • 中学の3年間は美術部に所属して抽象画やグラフティーや油絵を描き、大阪から東京に転校した後の中学3年生の2学期は科学部に所属するなど、もともと芸術全般に興味があり、将来も芸大に進む予定だった[10]
  • 「サトエリのホムピー」という自身の公式サイト・ブログを持っていたが、2005年末に終了。その後ブログは「SATOERI TIMES」と名を変えて復活した。
  • イエローキャブを退所するため事務所の移籍先を探している時期に、京都撮影所で偶然柄本佑と会い、「お母さん元気?」と角替和枝のことを話していた流れで事務所が決まったという[33]

受賞歴

出演

テレビドラマ

テレビ番組レギュラー

その他テレビ出演

  • 阪神・淡路大震災10周年記念の特集「震災10年・10Days」(2005年1月、読売テレビ) - メインキャスター
  • ぬけまいると伊勢旅完全ガイド (2018年12月9日、NHK総合)

映画

舞台

  • BOYS BE…ALIVE TRY AGAIN(2000年4月、博品館劇場) - 日替わりゲスト
  • トンカツロック(2002年)
  • 伝説のエンターティナー 陣内孝次郎の肖像(2003年5月20日 - 25日、博品館劇場)[68]
  • おはつ(2004年) - 女郎 深雪 役
  • 8人の女たち(2004年) - シュゾン 役
  • 夏ノ夜ノ夢(2006年3月5日 - 14日、日生劇場 / 3月18日 - 26日、大阪松竹座) - ヘレナ 役[69]
  • 舞台「空中ブランコ」(2008年4月、東京芸術劇場 他) - 看護師マユミ 役[70]
  • シャープさん フラットさん(2008年、ナイロン100℃32nd SESSION 15years Anniversary)
  • パイパー(2009年)
  • コースト・オブ・ユートピア - ユートピアの岸へ(2009年9月12日 - 10月4日、Bunkamuraシアターコクーン)[71][72]
  • りんご 木村秋則物語(2010年11月5日 - 14日、ル テアトル銀座 / 11月20日 - 23日、兵庫県立芸術文化センター / 11月25日、刈谷市総合文化センター 大ホール / 11月28日、倉敷市民会館 / 11月30日 - 12月1日、キャナルシティ劇場 / 12月6日、イズミティ21大ホール) - ミチコ 役[73]
  • レシピエント(2012年)
  • 海辺のカフカ(2012年5月3日 - 20日、彩の国さいたま芸術劇場大ホール / 6月21日 - 24日、シアターBRAVA!) - さくら 役[74][72]
  • 地球ゴージャスプロデュース公演 Vol.13「クザリアーナの翼」(2014年1月8日 - 3月31日、赤坂ACTシアター 他) - イグレット 役 [75]
  • 北齋漫畫(2019年6月9日 - 7月7日、東京グローブ座) - お直 役[76]
  • 浪漫舞台 新装「走れメロス」〜小説・太宰治〜(2022年3月5日・6日、森ノ宮ピロティホール / 2022年3月12日 - 21日、自由劇場) - 小山初代 / 太田静子 役[77]
  • 大阪環状線 天満駅編(2022年11月28日 - 12月12日予定、大阪松竹座)[78]

アニメ

ゲーム

ラジオ

WEB

CM

ミュージックビデオ

出版物

写真集

単独名義
  • POP OF LOVE(1998年11月20日発行、ぶんか社ISBN 4-8211-2253-7 撮影:永利隆之
  • “UFU”(1999年3月31日発行、彩文館出版ISBN 4-916115-24-4 撮影:山岸伸
  • GEiL(1999年10月17日発行、音楽専科社ISBN 4-87279-025-1 撮影:塔下智士
  • eriko(2000年3月30日発行、T・I・SISBN 4-88618-226-7 撮影:野村誠一
  • Shape Line(2000年7月7日発行、ソフトガレージISBN 4-921068-58-5 撮影:木村智哉
  • きらめき(2000年9月22日発行、音楽専科社ISBN 4-87279-048-0 撮影:難波宏
  • ELLE(2000年12月16日発行、竹書房ISBN 4-8124-0690-0 撮影:会田我路
  • cinnamon(2001年10月25日発行、アクアハウスISBN 4-86046-023-5 撮影:小塚毅之
  • 月刊 佐藤江梨子(2001年12月19日発行、新潮社ISBN 4-10-790094-0 撮影:藤代冥砂
  • LOOK SHARP(2002年5月11日発行、小学館) sabra別冊(雑誌扱い) 撮影:渡辺達生
  • 원펙 PERFECT(2002年12月25日発行、コンパス) ISBN 4-87763-100-3(限定) 撮影:山岸伸 ポートレイト+DVD
  • ポケットに佐藤江梨子(2003年3月15日発行、講談社ISBN 4-06-256720-2 撮影:井ノ元浩二
  • PERFECTNESS(2003年8月16日発行、竹書房) ISBN 4-8124-1312-5 撮影:ラルフ・ジェリング
  • ウラエリコ(2003年12月10日発行、ぶんか) ISBN 4-8211-2546-3 撮影:小野麻早
  • ハニーフラッシュ(2004年5月26日発行、マガジンハウスISBN 4-8387-1493-9 撮影:大橋仁
  • おひっこし(2004年4月27日発行、音楽専科社) ISBN 4-87279-152-5 撮影:野村誠一
  • es(2013年6月25日、学研マーケティング)ISBN 978-4-05-405636-7 撮影:根本好伸[87]
複数名義

著書・著作

作詞

  • MEGUMI 1stフルアルバム『LOVE ALL PLAY』(2004年8月25日リリース/GNCL-1014) 収録曲「Dive」(補作詞: shungo.

ビデオ・DVD

単独名義
複数名義

出典

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 佐藤江梨子”. レディバード. 2022年11月16日閲覧。
  2. ^ a b c 佐藤江梨子|芸能プロダクション ノックアウト”. ノックアウトオフィシャルサイト. ノックアウト. 2020年12月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月16日閲覧。
  3. ^ “イエローキャブ倒産、サトエリは4年前から逃げ出そうとしていた!”. アサ芸プラス. (2015年2月18日). https://www.asagei.com/excerpt/32593 2020年2月14日閲覧。 
  4. ^ 佐藤江梨子 (2007年7月5日). “菊次郎とさきは今夜スタート”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月16日閲覧。
  5. ^ a b c 佐藤江梨子 (2006年9月22日). “因果鉄道?”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  6. ^ a b c d 佐藤江梨子 (2006年9月5日). “チームマイナス6パーセント。”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  7. ^ a b 兵庫人 第12部 芸能東西 (1-1)今が旬 震災で知った「非日常」” (2008年3月2日). 2022年11月10日閲覧。
  8. ^ a b c d e 佐藤江梨子 (2006年10月23日). “ラジオ”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  9. ^ サトエリ 中学時代は肥後橋在住、進路指導で「芸能人になる」” (2017年9月8日). 2022年11月10日閲覧。
  10. ^ a b c d “芸大志望…素顔はアーティスト、異色の佐藤江梨子”. SANSPO.COM. (2004年5月24日). オリジナルの2004年5月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040526062622/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200405/gt2004052404.html 2015年3月16日閲覧。 
  11. ^ a b 福田麗 (2014年1月17日). “佐藤江梨子、阪神・淡路大震災から19年…女優としての飛躍を誓う”. シネマトゥデイ. 2014年5月12日閲覧。
  12. ^ 佐藤江梨子 (2007年3月29日). “お月様”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  13. ^ a b 7月8日〜7月12日の「ラジオバイオグラフィー 5冊のアルバム」のゲストは、女優の佐藤江梨子さん”. くにまるジャパン. 文化放送 (2013年7月7日). 2018年11月18日閲覧。
  14. ^ a b “江梨子の合図でドボン!”. Sponichi Annex. (2001年6月24日). オリジナルの2001年7月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20010709040803/http://www.sponichi.co.jp/entertainment/kiji/2001/06/24/11.html 2015年3月16日閲覧。 
  15. ^ “天才テリー伊藤対談「佐藤江梨子」(1)息子は膨らんでるところが大好きで…”. アサ芸プラス. (2017年10月26日). https://www.asagei.com/excerpt/91166 2020年2月10日閲覧。 
  16. ^ 球団ニュース 6/9(月)佐藤江梨子さんとハマカーンが阪神甲子園球場で「ファーストピッチセレモニー」を実施”. 阪神タイガース (2014年6月2日). 2022年11月16日閲覧。
  17. ^ サトエリ&ハマカーン、甲子園登場” (2014年6月9日). 2022年11月16日閲覧。
  18. ^ イエローキャブ、破産申請へ…サトエリ移籍&小池栄子独立で決断”. サンケイスポーツ (2015年2月14日). 2022年11月16日閲覧。
  19. ^ サトエリ結婚&妊娠!ブログで電撃発表”. 日刊スポーツ (2015年1月31日). 2015年1月31日閲覧。
  20. ^ “佐藤江梨子、事務所移籍をHPで発表 役者としての幅を広げるため”. SANSPO.COM. (2015年2月13日). http://www.sanspo.com/geino/news/20150213/oth15021315510028-n1.html 2015年8月6日閲覧。 
  21. ^ 佐藤江梨子 第1子男児を出産「心から感謝」ビッグな赤ちゃん”. スポニチ (2015年8月20日). 2015年8月20日閲覧。
  22. ^ “第1子出産の佐藤江梨子、昼ドラ初主演で女優復帰 本人も「驚いた」”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2015年12月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2064312/full/ 2015年12月23日閲覧。 
  23. ^ 佐藤江梨子、同姓佐藤輝明を「日本の宝として育ててほしい」7年ぶり甲子園” (2021年4月8日). 2022年11月16日閲覧。
  24. ^ 佐藤江梨子7年ぶり甲子園マウンドで投球披露 阪神ルーキー佐藤輝に大注目「日本の宝として育てて」” (2021年4月8日). 2022年11月16日閲覧。
  25. ^ 佐藤 江梨子”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2019年12月28日閲覧。
  26. ^ “巨匠サトエリ? 詩やエッセー集めて処女作”. SANSPO.COM. (2003年9月27日). オリジナルの2004年2月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040205235638/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200309/gt2003092711.html 2016年8月21日閲覧。 
  27. ^ a b “サトエリ、連載小説に挑む 石田衣良、唯川恵とコラボ”. asahi.com. (2007年7月17日). http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY200707170416.html 2015年12月23日閲覧。 
  28. ^ a b 佐藤江梨子さんの日々の暮らしと小さなしあわせ” (2017年10月12日). 2022年11月16日閲覧。
  29. ^ a b 佐藤江梨子 (2007年1月23日). “マザコン”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  30. ^ ハートにびんびん!!おたる実行委員会 (2013年11月4日). “本日のご紹介は佐藤水香さん(さとうすいか)”. Facebook(@binbinotaru). 2022年11月10日閲覧。
  31. ^ ブログ『SATOERI TIMES』2015年1月31日投稿にて
  32. ^ 佐藤江梨子 (2007年8月8日). “AKEMIちゃん”. 佐藤江梨子公式ブログ「SATOERI TIMES」. サイバーエージェント. 2022年11月10日閲覧。
  33. ^ 佐藤江梨子 今振り返る “グラビア・出産を経ての 19 年” 出逢っていた武監督・柄本家との偶然” (2017年10月13日). 2022年11月6日閲覧。
  34. ^ “サトエリは○○はかずにジーンズはいていた!”. SANSPO.COM. (2003年10月2日). オリジナルの2003年12月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031202031746/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200310/gt2003100204.html 2015年8月6日閲覧。 
  35. ^ “この違い…分かる!?サトエリ、うの、未唯 3世代“美脚大賞””. zakzak. (2005年9月2日). オリジナルの2005年9月24日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050924034953/http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_09/g2005090201.html 2015年8月6日閲覧。 
  36. ^ “サトエリ 月9女優の夢かなった”. デイリースポーツonline. (2004年6月12日). オリジナルの2004年6月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040614015613/http://www.daily.co.jp/gossip/2004/06/12/131262.shtml 2015年8月6日閲覧。 
  37. ^ “サトエリ「自慢」メード…「電車男」PRでコスプレ”. zakzak. (2005年7月14日). オリジナルの2005年6月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050716022121/http://www.zakzak.co.jp/gei/2005_07/g2005071401.html 2015年8月6日閲覧。 
  38. ^ “佐藤江梨子が相棒14年ぶり出演「感激しっぱなし」”. 日刊スポーツ. (2019年11月6日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201911060000601.html 2020年2月1日閲覧。 
  39. ^ “相棒18:第5話 人気覆面詩人が殺害? 冠城の元恋人が容疑者に浮上”. MANTANWEB. (2019年11月6日). https://mantan-web.jp/article/20191105dog00m200041000c.html 2020年2月1日閲覧。 
  40. ^ a b 佐藤江梨子、「森山未來さんのファンだった」 共演した震災ドラマが劇場公開”. ORICON STYLE (2011年1月15日). 2015年3月16日閲覧。
  41. ^ 佐藤江梨子、真っ赤なコスチューム姿で「やっと私の大きな胸が開花した!」”. マイナビニュース (2011年10月7日). 2015年3月16日閲覧。
  42. ^ “うどん屋舞台にドラマ サトエリ「さぬき弁が難しい」”. Sponichi Annex. (2014年3月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2014/03/16/kiji/K20140316007787940.html?feature=related 2014年8月28日閲覧。 
  43. ^ “妖艶サトエリ、すっぴん&胸元大胆露出”. nikkansports.com. (2014年9月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20140919-1369246.html 2015年3月16日閲覧。 
  44. ^ “佐藤江梨子 結婚、妊娠 母になるサトエリが「幽霊」になると…”. 産経ニュース. (2015年3月15日). http://www.sankei.com/entertainments/news/150315/ent1503150004-n1.html 2015年3月16日閲覧。 
  45. ^ 「嵐の涙―」で佐藤江梨子の昼ドラ初主演が決定”. ザテレビジョン (2015年12月23日). 2015年12月23日閲覧。
  46. ^ サトエリ、産後いきなり 初昼ドラ主演”. 中日スポーツ (2015年12月23日). 2015年12月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月21日閲覧。
  47. ^ “昼ドラよりリアル!女のドロドロ愛憎劇…中山忍、櫻井淳子ら5人が恐怖熱演”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2016年11月7日). https://www.sanspo.com/article/20161107-SDARVTCHRFOGVHXSU2CSWZIFSE/ 2016年11月7日閲覧。 
  48. ^ a b “「猫忍」映画&ドラマ版、佐藤江梨子や柄本明ら8名の追加キャストが発表”. 映画ナタリー. (2016年12月8日). http://natalie.mu/eiga/news/212403 2016年12月8日閲覧。 
  49. ^ ドラマ「プリズンホテル」を訪れる第1・2話の“ゲスト客”続々決定!”. ザテレビジョン. KADOKAWA (2017年9月23日). 2017年12月14日閲覧。
  50. ^ “サトエリ「半分、青い。」でボディコン披露「ちゅらさん」以来17年ぶり朝ドラ出演”. スポニチアネックス (スポーツニッポン). (2018年4月14日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/04/14/kiji/20180414s00041000064000c.html 2018年4月14日閲覧。 
  51. ^ 田中麗奈×ともさかりえ×佐藤江梨子『ぬけまいる~女三人伊勢参り』制作開始!”. NHK (2018年8月1日). 2018年8月1日閲覧。
  52. ^ 山本耕史主演の即興恋愛ドラマ、松本まりか・岡本玲・三浦理恵子・佐藤江梨子が出演”. ORICON NEWS. オリコン (2019年11月4日). 2021年3月4日閲覧。
  53. ^ 佐藤江梨子、“月9”で謎多き未亡人役に挑戦「色気、だだもれで演じきりたい」”. ORICON NEWS. オリコン (2020年2月10日). 2021年3月4日閲覧。
  54. ^ “佐藤江梨子がSMクラブの女王様を熱演 4月からの連続ドラマで主演”. 神戸新聞NEXT. (2021年2月3日). https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202102/0014051617.shtml 2021年3月4日閲覧。 
  55. ^ >BS時代劇『善人長屋』公式サイト/出演者・キャストほか”. NHK. 2022年8月12日閲覧。
  56. ^ “白髪に尿漏れ…35歳老い愛で子さんの悩みをコントに、森三中・黒沢が主演”. お笑いナタリー. (2016年6月12日). http://natalie.mu/owarai/news/190570 2016年6月14日閲覧。 
  57. ^ 『プレイガール』DVD発売イベントにサトエリ、加藤明日美、八幡えつこが登場、撮影秘話語る。”. CINEMA TOPICS ONLINE (2003年9月27日). 2015年3月16日閲覧。
  58. ^ “サトエリ「キューティーハニー」に全力投球!”. SANSPO.COM. (2003年7月14日). オリジナルの2005年3月5日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050305233228/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200307/gt2003071403.html 2016年8月21日閲覧。 
  59. ^ 特殊メイクが怖すぎ!?『口裂け女』佐藤江梨子、加藤晴彦、白石晃士監督初日舞台挨拶”. cinemacafe.net (2007年3月20日). 2015年8月6日閲覧。
  60. ^ 太宰治の『斜陽』が佐藤江梨子主演で映画化!出演者が意気込みを語る”. チケットぴあ (2008年6月19日). 2014年5月12日閲覧。
  61. ^ 芳井塔子 (2017年10月14日). “釜山で瑛太×佐藤江梨子W主演作を上映!Q&Aイベントで観客と交流”. シネマトゥデイ. 2018年6月23日閲覧。
  62. ^ 「ラプラスの魔女」豊川悦司、玉木宏、リリーら新キャスト8人解禁、最新映像も”. 映画ナタリー (2017年11月1日). 2017年11月7日閲覧。
  63. ^ 久々の“色っぽい役”佐藤江梨子「ちょっと嘘の体重を言った」と告白〈ラプラスの魔女〉”. モデルプレス (2018年4月4日). 2018年5月9日閲覧。
  64. ^ “『Diner ダイナー』“殺し屋” 斎藤工&佐藤江梨子&金子ノブアキのキャラ写真解禁”. クランクイン!. (2019年4月20日). https://www.crank-in.net/news/64313/1 2019年4月20日閲覧。 
  65. ^ “恒松祐里主演映画『きさらぎ駅』に本田望結、莉子ら出演 予告編&ポスタービジュアルも”. リアルサウンド. (2022年3月28日). https://realsound.jp/movie/2022/03/post-996970.html/amp 2022年3月28日閲覧。 
  66. ^ “兒玉遥が無戸籍の娘を持つシングルマザー演じた「空のない世界から」公開”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2022年7月29日). https://natalie.mu/eiga/news/487375 2022年10月13日閲覧。 
  67. ^ 映画『空のない世界から』〉CAST”. 映画『空のない世界から』公式サイト. 2022年10月13日閲覧。
  68. ^ “サトエリ、胸元バッチリのパーティードレス姿に”. サンケイスポーツ. (2003年5月21日). オリジナルの2003年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030814090230/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200305/gt2003052104.html 2018年6月23日閲覧。 
  69. ^ 『夏ノ夜ノ夢』製作発表”. シアターガイド (2006年2月14日). 2016年8月21日閲覧。
  70. ^ “サトエリ、妖艶な役でうれしい!出演舞台「空中ブランコ」製作発表”. SANSPO.COM. (2008年3月26日). オリジナルの2008年4月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080429080359/http://www.sanspo.com/geino/top/gt200803/gt2008032607.html 2016年8月21日閲覧。 
  71. ^ 佐藤江梨子、嫌いな人とキスシーン? 「脱ぐかはお楽しみ」--蜷川"長編"舞台”. マイナビニュース (2009年6月26日). 2016年8月21日閲覧。
  72. ^ a b “佐藤江梨子「まるでナンパ」蜷川作品初出演は直談判”. nikkansports.com. (2016年8月19日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1697275.html 2016年8月21日閲覧。 
  73. ^ 『りんご 木村秋則物語』公開稽古と長野博、佐藤江梨子らのインタビューをレポート”. CINRA.NET (2010年11月10日). 2019年7月5日閲覧。
  74. ^ SPECIAL!『海辺のカフカ』ステージレビュー”. omoshii. アンファン (2012年5月16日). 2016年8月21日閲覧。
  75. ^ 山本裕典、佐藤江梨子ら豪華キャスト陣が登場、山本「母にそっくり」”. modelpress (2013年9月20日). 2014年5月12日閲覧。
  76. ^ 横山裕が葛飾北斎を演じる、舞台『北齋漫畫』の上演が決定 佐藤江梨子、木村了、渡辺いっけい共演”. SPICE. イープラス (2019年3月11日). 2019年7月5日閲覧。
  77. ^ 佐藤江梨子、北原里英&原史奈らと艶っぽい和装で美の競演 “太宰フリーク”として大張り切り”. ORICON NEWS. oricon ME (2022年3月4日). 2022年9月14日閲覧。
  78. ^ 夫婦愛と家族愛を描く「大阪環状線 天満駅編」に佐藤江梨子・月亭八光”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年8月18日). 2022年9月14日閲覧。
  79. ^ “サトエリがサンタさんに…24時間番組に挑戦”. zakzak. (2003年11月8日). オリジナルの2003年11月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20031127070335/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_11/g2003110811.html 2015年8月6日閲覧。 
  80. ^ 佐藤江梨子 (2014年8月28日). 佐藤江梨子がトラウマ告白!?あの瞬間に戻れたら…. (インタビュー). webザテレビジョン.. オリジナルの2014年8月27日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/20140827222010/http://news.thetv.jp/article/49771/ 2016年8月21日閲覧。 
  81. ^ “Gacktも驚いた、巨乳美女が全裸に…”. zakzak. (2003年6月11日). オリジナルの2003年6月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20030613112357/http://www.zakzak.co.jp/geino/n-2003_06/g2003061108.html 2015年8月6日閲覧。 
  82. ^ ““果肉入りチューハイ”『アサヒ旬果搾り 爽感(そうかん)』をリニューアル” (プレスリリース), アサヒビール, (2008年2月28日), https://www.asahibeer.co.jp/news/2008/0228.html 2017年12月14日閲覧。 
  83. ^ “今月出産のサトエリ、CMでマタニティー姿披露”. スポーツ報知. (2015年8月6日). オリジナルの2015年8月6日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150806023327/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20150805-OHT1T50287.html 2016年8月21日閲覧。 
  84. ^ 阪神電気鉄道CMでハマカーン神田と佐藤江梨子が恋人役”. お笑いナタリー (2014年1月14日). 2014年5月12日閲覧。
  85. ^ “佐藤江梨子:妊娠発表後初CMでバレエ披露 「赤ちゃんと一緒に踊った」”. MANTANWEB. (2015年3月11日). http://mantan-web.jp/2015/03/11/20150310dog00m200063000c.html 2015年3月16日閲覧。 
  86. ^ “「フォースコリー」新TV-CMに⼥優『佐藤江梨⼦さん』起⽤のお知らせ” (PDF) (プレスリリース), DHC, (2016年5月12日), https://top.dhc.co.jp/contents/guide/newsrelease/pdf/160512.pdf 2017年12月14日閲覧。 
  87. ^ “佐藤江梨子ボディー健在!9年ぶり写真集「無修正ではない」”. Sponichi Annex. (2013年6月30日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/06/30/kiji/K20130630006120120.html 2014年8月28日閲覧。 

外部リンク