ラス・フリーマン (ギタリスト)

ラス・フリーマンRuss Freeman、本名:James Russell Freeman1960年2月11日 - )は、アメリカテネシー州ナッシュヴィル出身のフュージョンで活躍しているギタリストザ・リッピントンズリーダーギターのほかにもキーボードベースドラム、プログラミングもこなす。ピーク・レコードの創設者の一人。

ラス・フリーマン
Russ Freeman
Russ Freeman.jpg
基本情報
出生名 James Russell Freeman
生誕 (1960-02-11) 1960年2月11日(61歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テキサス州ガルベストン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 テネシー州ナッシュヴィル
ジャンル フュージョンスムーズジャズ
職業 ギタリスト作曲家編曲家音楽プロデューサー
担当楽器 ギターキーボード、ベース、ドラム
活動期間 1985年 -
レーベル ブレインチャイルド、アルファ/パスポート、GRPウィンダム・ヒル・ジャズピーク/コンコード
共同作業者 ザ・リッピントンズ
公式サイト www.russfreeman.com

まったく同じ表記のウェストコースト・ジャズピアニストラス・フリーマン(Russell Donald Freeman)と混同されることがしばしばあり、同名ピアニストが2002年6月に死去した際にはオール・ミュージック・ガイド等、ネット上などで混乱を起こした。

略歴編集

音楽家であった父の影響で11歳よりギターを演奏し始める。カリフォルニア大学ロサンゼルス校で作曲を学ぶ。テレビやコマーシャル・ソングを手がけるようになり、スタジオ・ミュージシャンとしても活動するようになる。1985年にアルバム『ノクターナル・プレイグラウンド』(Brainchild)を発表。1986年ザ・リッピントンズを結成し、GRPレコードより正確にはザ・リッピントンズ・フィーチャリング・ラス・フリーマン名でアルバム『ムーンライティング』を発表、以後このグループを中心に活動していくこととなる。

『ムーンライティング』にも参加したケニーGデイヴィッド・ベノワとは仲が良く、ベノワとはザ・ベノワ・フリーマン・プロジェクトというユニットを作り、アルバム『ミラージュ』(The Benoit/Freeman Project、GRP)を1994年に、2004年にアルバム『ストラッティン』(The Benoit/Freeman Project2、ピーク・レコード)を発表している。

1990年発表のT-SQUAREのアルバム『NATURAL』にプロデューサーとして参加。

ソロ名義では1995年にクリスマス・アルバム『ホリデイ』(GRP)を発表している。1996年にマネージャーのアンディー・ハワードと自己レーベルピーク・レコードをGRP内に設置、ザ・リッピントンズ結成10年目となる1997年に独立し、BMG傘下のウィンダム・ヒル・レコードに移る。このレーベルと契約中の1999年にギタリストのクレイグ・チャキーコとの共作アルバム『From the Redwoods to the Rockies』を発表した。

2000年にウィンダム・ヒルはジャズ部門を撤退、フリーマンはレーベルごとコンコード・ミュージック・グループに移り、ザ・リッピントンズのメンバーとなるエリック・マリエンサル等のアーティストと契約をし始める。2002年に久々のソロ作『ドライヴ』を発表した。

演奏編集

アルバムではギター以外にもキーボード、ベース、ドラム・プログラミング、ミックスなど多くのパートをセルフ・プロデュースすることが多い。

ギター・プレイはラリー・カールトンリー・リトナーなどの影響を受けたジャズ+ロックなフレーズを非常に滑らかに奏でる。一方でジミ・ヘンドリックスの影響も受けており、ライブではアメリカ国歌をソロで演奏することもある。

初期はギターシンセサイザーを多様。ギターとのユニゾン以外にも、ソロ・パートで演奏されている。現在のメインはBrian Moore。

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ノクターナル・プレイグラウンド』 - Nocturnal Playground (1986年、Brainchild)
  • 『ミラージュ』 - The Benoit/Freeman Project (1994年、GRP) ※with デイヴィッド・ベノワ
  • 『ホリデイ』 - Holiday (1995年、GRP)
  • From the Redwoods to the Rockies (1999年、Peak/Windham Hill) ※with クレイグ・チャキーコ
  • 『ドライヴ』 - Drive (2002年、Peak)
  • 『ストラッティン』 - The Benoit/Freeman Project 2 (2004年、Peak) ※with デイヴィッド・ベノワ

ザ・リッピントンズ編集

参加アルバム編集

デイヴィッド・ベノワ

  • 『フリーダム・アット・ミッドナイト』 - Freedom at Midnight (1987年、GRP)
  • 『エヴリ・ステップ・オブ・ザ・ウェイ』 - Every Step of the Way (1988年、GRP)

その他

  • カール・アンダーソン : 『夏の夢のかけら』 - Pieces of a Heart (1990年、GRP)
  • カール・アンダーソン : 『ファンタジー・ホテル』 - Fantasy Hotel (1992年、GRP)
  • スティーヴ・ベイリー : 『キー・ウェスト・サンセット』 - Dichotomy (1994年、Justice)
  • ブライアン・ブロムバーグ : Basses Loaded (1988年、Intima)
  • ダグ・キャメロン : Passion Suite (1987年、Spindletop)
  • ロレイン・フェザー : The Body Remembers (1996年、Bean Bag)
  • ブランダン・フィールズ : 『アザー・プレイセス』 - Other Places (1990年、Nova)
  • グレッグ・カルーカス : GK (2009年、Trippin 'n' Rhythm)
  • ジェフ・カシワ : Peace of Mind (2004年、Native Language)
  • マイケル・リングトン : A Foreign Affair Christmas (2019年、Copenhagen Music)
  • バリー・マニロウ : 『BARRY MANILOW』 - Barry Manilow (1989年、Arista)
  • エリック・マリエンサル : 『ターン・アップ・ザ・ヒート』 - Turn Up the Heat (2001年、Peak)
  • エリック・マリエンサル : 『ガット・ユー・カヴァード』 - Got You Covered! (2005年、Peak)
  • ジェイソン・マイルズ : To Grover with Love (2006年、ARTizen)
  • アルフォンス・ムゾーン : On Top of the World (1994年、Tenacious)
  • アルフォンス・ムゾーン : The Survivor (1992年、Tenacious)
  • フィル・ペリー : Pure Pleasure (1994年、GRP)
  • フィル・ペリー : 『マジック』 - Magic (2001年、Peak)
  • ネルソン・ランジェル : 『イン・エヴリ・モーメント』 - In Every Moment (1992年、GRP)
  • エミリー・レムラー : This Is Me (1990年、Justice)
  • ポール・テイラー : Undercover (2000年、N-Coded)
  • ティム・ワイズバーグ : 『虹の彼方に』 - Outrageous Temptations (1989年、Cypress)

関連項目編集

外部リンク編集