メインメニューを開く
トルコのレバプ

ラバーブアラビア語: رباب‎ ラバーブまたは ربابة‎‎ ラバーバ、トルコ語: rebap レバプ、インドネシア語: rebab ルバブ)は擦弦楽器のひとつ。

イスラム教の普及とともに西アジア北アフリカヨーロッパ東アジアへと広がっていった。現在でもモロッコインドネシアなど各地で広く演奏されているが、地域によって大きく形が異なる。

弓で演奏される。

中世ヨーロッパのレベックのもとになったと考えられている。

なお、アフガニスタンでラバーブと呼ばれる楽器は、多数の共鳴弦を持つ撥弦楽器で、弓は用いない。

ギャラリー編集


関連項目編集