ラブ・フィールド

ラブ・フィールド』(原題: Love Field)は、1992年アメリカ合衆国の映画ケネディ大統領暗殺事件を背景にした白人女性と黒人男性のラブストーリー。日本では劇場未公開、ビデオスルーの作品だった。

ラブ・フィールド
Love Field
監督 ジョナサン・カプラン
脚本 ドン・ルース
製作 ミッジ・サンフォード
サラ・ピルスバリー
出演者 ミシェル・ファイファー
デニス・ヘイスバート
音楽 ジェリー・ゴールドスミス
撮影 ラルフ・D・ボード
編集 ジェーン・カーソン
配給 オライオン・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1992年12月11日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $1,014,726[1]
テンプレートを表示

主人公ルリーンのキャラクターは、脚本のドン・ルースの母親がモデルである。

あらすじ編集

ケネディ大統領夫妻の熱烈な支持者であるルリーンは、暗殺の現場に出くわしてショックを受け、夫が止めるのもふりきって大統領の葬儀に参列するために旅立つ。彼女は、バスで黒人男性とその娘らしき女の子と知り合い、余計な世話を焼く。

スタッフ編集

キャスト編集

エピソード編集

その他編集

参考文献編集

  1. ^ Love Field”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年4月10日閲覧。

外部リンク編集