ラムドン省

ベトナムの省

ラムドン省(ラムドンしょう、ベトナム語Tỉnh Lâm Đồng/ 省林同)は、ベトナムの一つ。省都ダラット

ラムドン省
Tỉnh Lâm Đồng
省林同
ダラット市のスアンフオン湖公園
ラムドン省の位置
地理
省都 ダラット
地方 中部高原
面積 9,764.8 km²
統計
人口
人口密度
1,198,800 人(2007年)
120 人/km²
民族 キン族, コホ族英語版, ヌン族, バーナー族
その他
市外局番 63
ISO 3166-2 VN-35
公式Webサイト www.lamdong.gov.vn

地理編集

中部高原地帯の山間部に位置する。

歴史編集

南部のカッティエン遺跡カッティエン国立公園内)がある。

省都ダラットは避暑地として、フランス植民地時代に開発された。

ベトナム戦争中には除草剤として『Agent Orange』が散布され、1980年代まで住民に深刻な健康被害が出たことで知られている。その後の調査で『Agent Orange』に含まれるダイオキシン類が原因であることが判明した。

行政区分編集

ラムドン省は、2市10県に区分される。

編集

編集

住民編集

民族編集

キン族, コホ族英語版, ヌン族, バーナー族

言語編集

宗教編集

産業編集

果樹野菜の栽培が盛んで、花は日本にも輸出されている。

外部リンク編集