ランニングマン (ダンス)

ランニングマン(running man)は、ヒップホップダンスの基本動作の一つ。立ち位置を変えずに、走っているような動きをするダンスである。元々は1986年後半から1987年前半にかけて始まったアフリカストリートダンス及びファドダンスであるが、ジャネット・ジャクソンのヒット曲「リズム・ネイション」のミュージック・ビデオと彼女の世界ツアー、リズム・ネイション・ワールドツアー1990を含む様々なライブでパフォーマンスされたことで知られる。ダンスの初期のパフォーマンスには、1978年ベルリンで開催されたフェラ・クティのコンサートCross Examinationにおいて彼のバックダンサーが行ったものがある[1]。更にMCハマーボビー・ブラウンミリ・ヴァニリヴァニラ・アイスがライブコンサートやミュージック・ビデオに取り入れ、2000年代に新たな人気を獲得した。メルボルン・シャッフルの一部の形式でも使用されている。

ランニングマンダンス

ランニングマンは、2007年セレブリティの注目を集めることに成功した。ブリトニー・スピアーズは、The M+M's Tourの中で敬意を示した[2]。女優のスカーレット・ヨハンソンは、「Seventeen」とのインタビューで次のように語った。「私は素晴らしいランニングマンができますよ」[3]

2008年イギリスのグループユタ・セインツは、1992年発売の「Something Good」を再リリースした。ミュージック・ビデオは1989年が舞台となっており、ランニングマンの流行がウェールズカーディフから始まったことを示唆するというコミカルな内容になっている。

脚注編集

  1. ^ https://www.youtube.com/watch?v=uMGWx6DjMkU "time stamp-9:20"
  2. ^ Reagan Alexander, "Britney's Comeback Rolls on with Second Show", People, May 3, 2007.
  3. ^ Seventeen, "Interview: Scarlett Johansson", May 2007.