ラ・ジュテ』(原題:La Jetée)は、1962年フランス映画である。

ラ・ジュテ
La Jetée
監督 クリス・マルケル
脚本 クリス・マルケル
製作 アナトール・ドーマン
音楽 トレヴァー・ダンカンフランス語版
撮影 クリス・マルケル
ジャン・チアボー
編集 ジーン・ラベルフランス語版
公開 フランスの旗 1962年2月16日
上映時間 28分
製作国 フランスの旗 フランス
言語 フランス語
テンプレートを表示

概要 編集

クリス・マルケル監督による時間記憶をモチーフにしたSF映画

近未来の廃墟になったパリで少年時代の記憶に取り憑かれた男の時間と記憶を、「フォトロマン」と呼ばれるモノクロ写真を連続し映す手法で描く、上映時間29分の短編映画。SFであるが、SF的な美術などは見られない。

1963年、トリエステSF国際映画祭グランプリ受賞。ジャン・ヴィゴ賞受賞。

ストーリー編集

第3次世界大戦後。パリは廃墟と化し、戦争を生き延びた数少ない人類は放射線を避けて、地上から地下へ逃れ、やがて「支配者」と「奴隷」に別れて暮らすこととなった。

科学者たちは欠乏する薬品やエネルギー資源を過去や未来の世界に求め、奴隷を使った時間旅行能力の開発実験に取り組んだ。多くの奴隷が廃人になるか死亡する中、ある男の時間旅行能力が開眼する。男は少年時代にオルリー空港の展望デッキで見た、ある美しい女と、一人の男の急死という強烈な記憶に取り憑かれていたため、精神が過去に移動する過酷さに耐えることができるのだった。

実験が繰り返され、過去を旅する中、男はかつての記憶の中にいた女を見つけ、やがて仲よくなり、逢瀬を重ねた。実験の成功が確かめられ、支配者たちは、男に未来へ行き、世界を救うエネルギーを持ち帰るよう命じた。男はそれに応じ、未来人の説得に成功したばかりでなく、同じく時間旅行能力を持つ未来人から永住を勧められるが、それを断り、女の待つ過去に飛ぶ。

女はオルリー空港の展望デッキにいた。男が女に駆け寄ろうとすると、尾行していた支配者側の暗殺者が、男を特殊な銃で撃ったのだった。

キャスト編集

スタッフ編集

出典編集

外部リンク編集