リケッチア目 (リケッチアもく、Rickettsiales) は、アルファプロテオバクテリア網に属する分類群の一つ。そのほとんどは他の生物の細胞内でのみ生存可能である(偏性細胞内寄生体)。ヒトに各種疾病を引き起こすリケッチアのような病原体や、家畜に被害をもたらすエールリキア、また全節足動物の3分の2、さらにフィラリア線虫のほぼすべてに感染するボルバキアも含まれる[1]。宿主は真核生物に限定される[2]細胞内共生によりミトコンドリアの起源となった細菌はリケッチア目かその近縁グループ[3]に属していたと考えられている。ウイルスがリケッチアやそれに類似の生物から生じたと考える者もいる[要出典]。培養が困難であることもあり、プロテオバクテリアの中でも謎につつまれたグループといえる。

リケッチア目
Rickettsia rickettsii.jpg
宿主細胞中で増殖するRickettsia rickettsii
分類
ドメ
イン
: 真正細菌 Bacteria
: プロテオバクテリア門
Proteobacteria
: αプロテオバクテリア綱
Alpha Proteobacteria
: リケッチア目
Rickettsiales
学名
Rickettsiales
Gieszczkiewicz 1939

分類編集

もともとリケッチア目 (Rickettsiales Gieszczkiewicz 1939) にはすべての偏性細胞内寄生細菌を含めていたが、その後にクラミジアQ熱病原体 (コクシエラ菌) などは近縁性が低いとして取り除かれた(クラミジアはクラミジア門に、またコクシエラはガンマプロテオバクテリア網に属する)。現在の体系では、リケッチア科(Rickettsiaceae)・アナプラズマ科(Anaplasmataceae)・ミディクロリア科(Midichloriaceae)の3つが存在する。ホロスポラ科(Holosporaceae)が含められる場合があるが、近年ではホロスポラ目として別系統に分類される場合が多い[4][5]。同様に、海洋中から発見されたSAR11という難培養系統[6][7]も、現在ではペラギバクター目(Pelagibacterales)として別系統に分類されている[8][9]

リケッチア科 Rickettsiaceae
細胞質で自由に増殖する。Rickettsiaリケッチア)とOrientiaの2属から成る。
アナプラズマ科 Anaplasmataceae
細胞質に寄生胞を作り、その内部で増殖する。Anaplasmaアナプラズマ)・EhrlichiaWolbachiaボルバキア)など6属から成る。
ミディクロリア科 Midichloriaceae
ミトコンドリア膜間腔に共生する。
(ホロスポラ科 Holosporaceae)
ゾウリムシの細胞核で増殖する。Holospora属のみ。3種のゲノム配列が解読されている[10]

出典編集

  1. ^ Werren, John H.; Baldo, Laura; Clark, Michael E. (2008-10). “Wolbachia: master manipulators of invertebrate biology” (英語). Nature Reviews Microbiology 6 (10): 741–751. doi:10.1038/nrmicro1969. ISSN 1740-1526. http://www.nature.com/articles/nrmicro1969. 
  2. ^ Medical microbiology. Samuel Baron (4th ed ed.). Galveston, Tex.: University of Texas Medical Branch at Galveston. (1996). ISBN 0-9631172-1-1. OCLC 33838234. https://www.worldcat.org/oclc/33838234 
  3. ^ Martijn, Joran; Vosseberg, Julian; Guy, Lionel; Offre, Pierre; Ettema, Thijs J. G. (2018-05). “Deep mitochondrial origin outside the sampled alphaproteobacteria” (英語). Nature 557 (7703): 101–105. doi:10.1038/s41586-018-0059-5. ISSN 0028-0836. http://www.nature.com/articles/s41586-018-0059-5. 
  4. ^ Ferla, Matteo P.; Thrash, J. Cameron; Giovannoni, Stephen J.; Patrick, Wayne M. (2013-12-11). Badger, Jonathan H.. ed. “New rRNA Gene-Based Phylogenies of the Alphaproteobacteria Provide Perspective on Major Groups, Mitochondrial Ancestry and Phylogenetic Instability” (英語). PLoS ONE 8 (12): e83383. doi:10.1371/journal.pone.0083383. ISSN 1932-6203. PMC PMC3859672. PMID 24349502. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0083383. 
  5. ^ Muñoz-Gómez, Sergio A; Hess, Sebastian; Burger, Gertraud; Lang, B Franz; Susko, Edward; Slamovits, Claudio H; Roger, Andrew J (2019-02-25). “An updated phylogeny of the Alphaproteobacteria reveals that the parasitic Rickettsiales and Holosporales have independent origins” (英語). eLife 8: e42535. doi:10.7554/eLife.42535. ISSN 2050-084X. PMC PMC6447387. PMID 30789345. https://elifesciences.org/articles/42535. 
  6. ^ Williams KP, Sobral BW, Dickerman AW. (2007). “A robust species tree for the alphaproteobacteria.”. J Bacteriol. 189 (13): 4578-4586. PMID 17483224. http://jb.asm.org/cgi/reprint/189/13/4578.pdf. 
  7. ^ Rodríguez-Ezpeleta N, Embley TM. (2012). “The SAR11 group of alpha-proteobacteria is not related to the origin of mitochondria.”. PLoS One. 7 (1): e30520. PMID 22291975. 
  8. ^ Viklund, J.; Ettema, T. J. G.; Andersson, S. G. E. (2012-02-01). “Independent Genome Reduction and Phylogenetic Reclassification of the Oceanic SAR11 Clade” (英語). Molecular Biology and Evolution 29 (2): 599–615. doi:10.1093/molbev/msr203. ISSN 0737-4038. https://academic.oup.com/mbe/article-lookup/doi/10.1093/molbev/msr203. 
  9. ^ Rodríguez-Ezpeleta, Naiara; Embley, T. Martin (2012-01-23). López-García, Purificación. ed. “The SAR11 Group of Alpha-Proteobacteria Is Not Related to the Origin of Mitochondria” (英語). PLoS ONE 7 (1): e30520. doi:10.1371/journal.pone.0030520. ISSN 1932-6203. PMC PMC3264578. PMID 22291975. https://doi.org/10.1371/journal.pone.0030520. 
  10. ^ Dohra et al. (2014). “Draft genome sequences of three Holospora species (Holospora obtusa, Holospora undulata, and Holospora elegans), endonuclear symbiotic bacteria of the ciliate Paramecium caudatum.”. FEMS Microbiol Lett.. PMID 25115770. 

関連項目編集