リサ・ジェイカブ

リサ・ジェイカブLisa Jakub, 1978年12月27日 - )は、カナダ出身の元女優である。

リサ・ジェイカブ
Lisa Jakub
生年月日 (1978-12-27) 1978年12月27日(42歳)
出身地 カナダの旗 カナダオンタリオ州トロント
職業女優
活動期間 1985年 - 2000年
テンプレートを表示

来歴編集

1978年、カナダオンタリオ州トロントに生まれる。スロバキア系ウェルシュスコットランド系の家庭であった[1]

1985年にジョン・マルコヴィッチリンダ・ハントらが出演のドラマ映画『Eleni』で映画デビュー。その後は『新・ヒッチコック劇場』などのテレビドラマシリーズへ出演してキャリアを重ねた。出演作で特に知られているのは1993年に出演したロビン・ウィリアムズ主演のコメディ映画ミセス・ダウト』で、同作品ではウィリアムズ演じる主人公ダニエル・ヒラードの大人びた長女リディア役を演じている。

1996年にはローランド・エメリッヒ監督のSFパニック映画インデペンデンス・デイ』へも出演。1999年に出演した短編コメディ映画『恋に落ちたジョージ・ルーカス英語版』では、ジョージ・ルーカスの代表作『スター・ウォーズ』の発想が彼の冴えない学生時代から来ているという設定のもと、ジェイカブはレイア姫さながらの女学生を演じて印象を残している。

私生活編集

2001年の22歳の時に女優業を引退[2]。その後は長年のパートナーだったハリウッドの劇場マネージャー、ジェレミー・ジョーンズと結婚してバージニア州へ移住した[3]現在は[いつ?]作家などの活動を行っている。

出演作品編集

映画編集

  • Eleni (1985)
  • The Right of the People (1986) ※テレビ映画
  • Christmas Dove (1986)
  • Once Upon a Giant (1988) ※テレビ映画
  • グローリー! グローリー! Glory! Glory! (1989) ※テレビ映画
  • The Phone Call (1989)
  • ランブリング・ローズ Rambling Rose (1991)
  • The Rape of Doctor Willis (1991) ※テレビ映画
  • おばあちゃんの贈り物 The Story Lady (1991) ※テレビ映画
  • マチネー/土曜の午後はキッスで始まる Matinee (1993)
  • ミセス・ダウト Mrs. Doubtfire (1993)
  • Vendetta II: The New Mafia (1993)
  • A Child's Cry for Help (1994)
  • Fight for Justice: The Nancy Conn Story (1995)
  • ピクチャー・パーフェクト Picture Perfect (1995)
  • インデペンデンス・デイ Independence Day (1996)
  • The Beautician and the Beast (1997)
  • エッジ・オブ・イノセンス On the Edge of Innocence (1997)
  • Newton: A Tale of Two Isaacs (1997)
  • Painted Angels (1998)
  • オーバー・ザ・ムーン A Walk on the Moon (1999)
  • 恋に落ちたジョージ・ルーカス George Lucas in Love (1999) ※短編
  • The Royal Diaries: Isabel - Jewel of Castilla (2000)
  • Double Frame (2000)

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ What are you?”. 2015年6月1日閲覧。
  2. ^ Lisa Jakub Biography”. 2015年6月1日閲覧。
  3. ^ Lisa Jakub's Post-'Mrs. Doubtfire' Life: Former Child Star Blogs To Inform Us Of Her Whereabouts”. 2015年6月1日閲覧。

外部リンク編集