メインメニューを開く

リッチー・アシュバーン

ドン・リチャード・"リッチー"・アシュバーン(Don Richard "Richie" Ashburn, 1927年3月19日 - 1997年9月9日)は、1950年代に活躍したアメリカメジャーリーグの選手。主なポジションは中堅手ネブラスカ州ティルデン生まれ。右投げ左打ち。ニックネームは"Whitey"(ホワイティー)。広い守備範囲を誇っていたフィリーズのリードオフマン。

リッチー・アシュバーン
Richie Ashburn
Richie Ashburn 1953.jpg
1953年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ネブラスカ州ティルデン
生年月日 1927年3月19日
没年月日 (1997-09-09) 1997年9月9日(70歳没)
身長
体重
5' 10" =約177.8 cm
170 lb =約77.1 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 中堅手
プロ入り 1945年
初出場 1948年4月20日
最終出場 1962年9月30日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1995年
選出方法 ベテランズ委員会選出

経歴編集

1945年にフィリーズと契約し、3年後の1948年にメジャーにデビューする。1年目は117試合に出場し打率.333、32盗塁を決めルーキーでの盗塁王となった。当初は長打は少ないものの俊足を生かして安打数を稼ぐ打撃スタイルで、1951年と1953年にリーグの最多安打を記録している。1954年以降は四球を多く選ぶようになり打率が向上、1955年と1958年にはそれぞれ首位打者のタイトルをとっている。

1957年、アシュバーンはニューヨーク・ジャイアンツ戦でファウルを打った。ファウルボールは孫の帽子を直そうとしていた老婆の顔を直撃し、鼻骨を骨折させた。プレーは中断し、老婆は運ばれていった。再開すると、アシュバーンはもう一回ファウルを打った。ファウルボールは、担架で運ばれる途中の老婆にもう一度直撃してしまった。アシュバーンは花束を持って見舞いに何度も訪れ、無料観戦券を孫に贈るほか、クラブハウスに招待している。

アシュバーンはその俊足を生かした広い守備範囲の持ち主でもあった。フィリーズ在籍中の1959年までの12年間で、刺殺数(外野手ではほぼフライを捕った数に相当)がリーグ最多となったのが9度に及ぶ。この中には、シーズンの刺殺数500以上を記録した年が4回含まれている。メジャーリーグ史上で、外野手のシーズン刺殺数が500を超えたことは計8度しかない(2006年現在)が、そのうちの4度はアシュバーンが記録したものである。

1960年にフィリーズから3対1のトレードでシカゴ・カブスに移籍。カブスに2年間在籍した後、1962年ニューヨーク・メッツに移り、同年現役を引退。引退の翌1963年よりフィリーズ専属解説者となり、逝去するまで続けた。ちなみにこの時一緒に仕事をしていたアナウンサーのバイ・サームハリー・カラスは、後年野球殿堂のフォード・フリック賞を受賞している。

 
アシュバーンのフィリーズ在籍時の背番号「1」。
フィラデルフィア・フィリーズの永久欠番1979年指定。

1979年、フィリーズはアシュバーンの在籍時の背番号『1』を永久欠番に指定しており、野手では初の欠番指定選手だった。

1995年にベテランズ委員会選考によりアメリカ野球殿堂入り選手に選出。同年は後輩であるマイク・シュミットも殿堂入りを果たしている。

1997年9月9日シェイ・スタジアムで行われたニューヨーク・メッツとの試合中継で解説を務め、試合終了後に心臓発作に見舞われ、そのまま急逝する。現在のフィリーズの本拠地であるシチズンズ・バンク・パークのバックスクリーン裏の通路は、彼の名をとって「アシュバーン・アレー」と命名されている。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1948 PHI 117 530 463 78 154 17 4 2 185 40 32 -- 6 -- 60 -- 1 22 1 .333 .410 .400 .810
1949 154 728 662 84 188 18 11 1 231 37 9 -- 7 -- 58 -- 1 38 7 .284 .343 .349 .692
1950 151 670 594 84 180 25 14 2 239 41 14 -- 11 -- 63 -- 2 32 11 .303 .372 .402 .774
1951 154 712 643 92 221 31 5 4 274 63 29 6 17 -- 50 -- 2 37 4 .344 .393 .426 .819
1952 154 702 613 93 173 31 6 1 219 42 16 11 11 -- 75 -- 2 30 7 .282 .362 .357 .720
1953 156 702 622 110 205 25 9 2 254 57 14 6 14 -- 61 -- 5 35 3 .330 .394 .408 .802
1954 153 703 559 111 175 16 8 1 210 41 11 8 14 1 125 -- 4 46 3 .313 .441 .376 .817
1955 140 644 533 91 180 32 9 3 239 42 12 10 2 1 105 5 3 36 3 .338 .449 .448 .897
1956 154 718 628 94 190 26 8 3 241 50 10 1 6 1 79 3 5 45 4 .303 .384 .384 .768
1957 156 729 626 93 186 26 8 0 228 33 13 10 1 4 94 1 4 44 10 .297 .390 .364 .754
1958 152 725 615 98 215 24 13 2 271 33 30 12 7 2 97 7 4 48 8 .350 .440 .441 .881
1959 153 660 564 86 150 16 2 1 173 20 9 11 7 4 79 4 6 42 10 .266 .360 .307 .667
1960 CHC 151 672 547 99 159 16 5 0 185 40 16 4 7 1 116 1 1 50 4 .291 .415 .338 .753
1961 109 368 307 49 79 7 4 0 94 19 7 6 1 2 55 2 3 27 4 .257 .373 .306 .679
1962 NYM 135 473 389 60 119 7 3 7 153 28 12 7 1 2 81 2 0 39 4 .306 .424 .393 .817
MLB:15年 2189 9736 8365 1322 2574 317 109 29 3196 586 234 *92 112 *18 1198 *25 43 571 83 .308 .396 .382 .778
  • 各年度の太字はリーグ最高
  • 「-」は記録なし
  • 通算成績の「*数字」は、不明年度がある事を示す

タイトル編集

表彰 編集

  • ワールドシリーズ出場:1回(1950年)
  • オールスターゲーム選出:6回(1948年、1951年、1953年、1958年、1962年)※1962年は2試合
  • スポーティングニュース誌年間最優秀選手:1949年
  • シーズン刺殺数(外野手):538(1951年:史上2位)
  • シーズン500刺殺以上(外野手):4回(1949年、1951年、1956年、1957年)

出典・外部リンク編集