リッチー・リッチ

リッチー・リッチ』(Richie Rich/Ri¢hie Ri¢h)は、ハーヴェイ・コミックのキャラクター、及びそれを原作とした1994年アメリカ合衆国の映画作品

リッチー・リッチ
Ri¢hie Ri¢h
監督 ドナルド・ペトリ
脚本 トム・S・パーカー
ジム・イェンネヴァイン英語版
原案 ニール・トルキン
製作 ジョエル・シルバー
ジョン・デイヴィス
製作総指揮 ダン・コルスルッド
ジョー・ビレラ
ジム・ジェニウィン
出演者 マコーレー・カルキン
ジョン・ラロケット
エドワード・ハーマン
ジョナサン・ハイド
クリスティーン・エバーソール
音楽 アラン・シルヴェストリ
撮影 ドン・バージェス
編集 マルコム・キャンベル
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1994年12月21日
日本の旗 1995年3月25日
上映時間 95分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 $38,087,700[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
テンプレートを表示

概要編集

主演は世界一有名な子役として知られたマコーレー・カルキン。なお、本作はマコーレーが裁判に伴い俳優業を一時休業する前、最後に出た映画作品である。

世界一の大富豪の御曹司と、その資産を狙う悪人との対決を描いた作品である。

2015年2月20日から5月22日までNetflixでジェイク・ブレナン主演でリブート版が配信された。日本語吹替に、竹内順子水田わさびら出演している。

あらすじ編集

リッチ家は総資産700億ドルを誇る世界一の大富豪の一族である。その御曹司リッチーは、何不自由なく暮らしていたものの、並外れた金持ち故、同年代の友達はいなかった。

しかしある日、執事の取り計らいもあり友達が出来る。リッチーは両親との旅行をキャンセルして彼らと遊ぶが、その一方で旅行に出掛けた両親は乗っていた自家用飛行機に爆弾が仕掛けられ、行方不明となった。

リッチーは社長代行として会社を運営し、そして事業乗っ取りを企む会社重役と対決することとなる。

登場人物編集

※括弧内は日本語吹替

製作編集

リッチーの自宅とされている大きな城は、ノースカロライナ州にあるビルトモア・エステートである[2]。庭にあるとされているジェットコースターは、シックス・フラッグス・グレート・アメリカのアトラクション「アイアン・ウルフ」である[3]

リッチー・リッチ 夢のマシンをとりもどせ!編集

オリジナルビデオとして製作された本作の続編。ただしキャストは全て異なる

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替

脚注編集

  1. ^ a b Richie Rich (1994)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月6日閲覧。
  2. ^ Is it Real? Richie Rich’s House is Actually the Biltmore Estate, America’s Largest Home” (英語). Fancy Pants Homes. Janually 21, 2022閲覧。
  3. ^ Six Flags Great America's lost attractions” (英語). シカゴ・トリビューン. Janually 21, 2022閲覧。

外部リンク編集