リンダリンダ

THE BLUE HEARTSの楽曲

リンダリンダ」は、日本ロックバンドTHE BLUE HEARTSメジャーデビューシングルおよび楽曲。1987年5月1日メルダックよりリリースされた。

リンダリンダ
THE BLUE HEARTSシングル
初出アルバム『THE BLUE HEARTS
B面 僕はここに立っているよ
リリース
ジャンル ロック
時間
レーベル メルダック
作詞・作曲 甲本ヒロト
チャート最高順位
THE BLUE HEARTS シングル 年表
人にやさしく
(1987年)
リンダリンダ
(1987年)
キスしてほしい
(1987年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

作詞・作曲は甲本ヒロト。編曲はTHE BLUE HEARTSと浅田孟1987年にTHE BLUE HEARTSがメジャーデビューした際のデビュー曲であり、同バンドを代表するナンバーである。

シングルで発表された「リンダリンダ」は、1枚目のアルバム『THE BLUE HEARTS』に収録されたバージョンに比べると、ギターアレンジやサウンドメイキングが大幅に異なる。これはレコード会社の意向により、外部のアレンジャーによって変更されたためである。メンバーはこのアレンジを気に入らず、アルバムにはアマチュア時代からライブで演奏していたバージョンを収録した。ただし、テレビ番組などにおいてはシングルバージョンが使用されることの方が多い。

甲本は曲名について、東京弁護士会の会報誌『LIBRA』の対談で「リンダとは誰か?」という質問に対し「僕も分からない。答えとか元々ないんだよ。だから、リンダリンダって歌詞カードには書いてないでしょ。登録もしてないから自由に歌っていいんだよ。」と語っている[1]

発表から20年近い歳月を経た2006年オリンパスデジタルカメラ「μ-DIGITAL」のCMソングとして起用されたが、これもシングルバージョンとなっている。また現在でも日本の高校野球では応援歌として演奏される事が有る。

CMソングとしての起用や書籍等の引用編集

  • 2004年鴻上尚史の作・演出で、ブルーハーツの楽曲をつづった書籍「リンダリンダ」がある。また、この曲をモチーフにしたミュージカル『リンダ リンダ』が、鴻上の率いるKOKAMI@networkによって上演された。
  • また2005年には、この曲をはじめとするTHE BLUE HEARTSの楽曲を全面的にフィーチャーした映画『リンダリンダリンダ』も公開された。
  • 大槻ケンヂの自伝小説『リンダリンダラバーソール』のタイトルも本曲の引用である。
  • 加藤ミリヤの「BABY! BABY! BABY!」はこの曲をサンプリングしている。

シングル収録曲編集

  1. リンダ リンダ(シングル・ヴァージョン)(作詞・作曲:甲本ヒロト)
    後年(THE HIGH-LOWS在籍時)、甲本は「これはヤベえだろ!というような曲を作りたくて作った曲」と語っている。
  2. 僕はここに立っているよ(作詞・作曲:真島昌利
    ファンクラブ限定ライブにおけるアンコール曲のリクエスト投票では断トツの票を得た。

収録アルバム編集

主なカバー編集

リンダリンダ

脚注編集

  1. ^ 「LIBRA」2014年 6月号 東京弁護士会公式ホームページ
  2. ^ ゆでたまご、THE BLUE HEARTSのコラボアルバムでメンバー描き下ろし” (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。