キスしてほしい

キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)
THE BLUE HEARTSシングル
初出アルバム『YOUNG AND PRETTY
B面 チェインギャング
リリース
規格 7インチレコード('87)
8cmCD('87)
12cmCD('02)
ジャンル ロック
時間
レーベル メルダック
作詞・作曲 甲本ヒロト
チャート最高順位
THE BLUE HEARTS シングル 年表

リンダリンダ
1987年

キスしてほしい
1987年
ブルーハーツのテーマ
チェルノブイリ
1988年
テンプレートを表示

キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)」は、日本ロックバンドTHE BLUE HEARTSの通算3枚目のシングル

目次

解説編集

2ndアルバムYOUNG AND PRETTY』と同時発売された。発売当時、レナウン「I.N.EXPRESS」のCMソングに起用される。

2004年ソニー・コンピュータエンタテインメントPlayStation 2CMソングに起用される。

2006年2007年にもCMソングとしてカバー起用された。

2008年には日本のウクレレユニット、Cocogrungeがカバーしている。

2009年花王アタックNEOのCMソングに起用される。また同年3月4日には、覆面バンドA BOY'S SONGにより、女性ボーカルによる同曲を含むTHE BLUE HEARTSカバー曲計6曲が収録されたアルバム「A BOY'S SONG ~THE BLUE HEARTS COVERS~」がリリースされた[1]

2006年プロ野球中日ドラゴンズ藤井淳志選手が入団時、入場曲を中日スポーツで公募してTHE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』に決めている、2009年からは『キスして欲しい』を入場曲としてプレーしている。

2015年には、キリンビール氷結のCMソングとしてカバー起用されている[2]

収録曲編集

  1. キスしてほしい(トゥー・トゥー・トゥー)
    (作詞・作曲: 甲本ヒロト
    この曲のプロモーション・ビデオは全編アニメーションで制作されており、メンバーは出演していない。甲本はサルを、真島はペンギンを、河口はブタを、梶原はシロクマをモチーフにしたキャラクターになっている。
    イントロなどのファルセットのコーラスは河口の手によるもの。河口の話す声はどちらかといえば低い声だが、歌ではファルセットを得意とし、他にもファルセットを使ったコーラスをしている曲がある。
    ライブで演奏される時はギターカッティングが強調されたサウンドになっていた。
  2. チェインギャング
    (作詞・作曲: 真島昌利
    タイトルはサム・クックの楽曲からとられたもの。真島がボーカルをつとめる曲で、本来なら1stアルバム『THE BLUE HEARTS』に収録されるはずだったが、「キリストを殺した者」と言う歌詞に否定的な意見が出され見送られ、2ndに収録される。また、インディーズ時代から歌われている古い曲であるが、極初期は最後の歌詞に違いが見られた。
    アイドルグループSMAPのメンバー・中居正広のカバーは有名でライブやテレビなどで度々歌われており、フジテレビ系列の「LOVE LOVEあいしてる」や「堂本兄弟」、「めちゃ×2イケてるッ!」などで披露しており、2000年に発売されたSMAPのライブビデオ「LIVE S map」にも収録されている。

収録アルバム編集

脚注編集