この名前は、スペイン語圏の人名慣習に従っています。第一姓(父方の)はアルセ第二姓(母方の)はカタコラです。

ルイス・アルベルト・アルセ・カタコラ[1]スペイン語: Luis Alberto Arce Catacora1963年9月28日 - )は、ボリビア政治家、元銀行員社会主義運動(Movimiento al Socialismo : MAS)。

ルイス・アルベルト・アルセ・カタコラ
Luis Alberto Arce Catacora
Luis Arce (23588020275) (cropped).jpg

任期 2020年11月8日在任中
副大統領 デビッド・チョケファンカ英語版

任期 2006年1月23日2017年6月24日

任期 2019年1月23日2019年11月10日

出生 (1963-09-28) 1963年9月28日(59歳)
ボリビアの旗 ボリビアラパス
政党 社会主義運動 (MAS)
配偶者 ルーデス・ブリジダ・デュラン・ロメロ
署名 Luis Arce signature.svg

2006年から2017年、2019年にはモラレス派の閣僚として、同国の財務大臣も務めていた。

経歴・人物編集

1963年、中流階級の家庭であるカルロス・アルセとオルガ・カタコラの息子として誕生。両親は教師だった[2]。母国のサン・アンドレス大学イングランドウォーリック大学にて、経済学学士号修士号を取得。

その後、ボリビア中央銀行英語版で銀行員として長年に渡って、勤めた。

2006年エボ・モラレス大統領によって、財務大臣に任命された。主な功績は貧困率を38%から15%を減少させたこと、モラレスの政策であった炭化水素の国有化を有利に進めたことである。

2017年には、病気の治療を理由に財務大臣を一時、辞任。2019年には財務大臣を1年間のみ復帰した。同年には自身の派閥の長であったモラレスがクーデターで辞任する。

2020年10月に開催された大統領選挙では、ボリビアの前大統領であるカルロス・メサ・ヒスベルト候補(28.83%)を55.10%という大差で、大統領に当選[3]。同年11月8日には、大統領就任の宣誓を行った。

2021年3月13日、2019年のモラレス退陣について、元暫定大統領であったヘアニネ・アニェスを暫定政権の閣僚らとともに「クーデター」に関与した疑いをかけて逮捕した[4]

私生活編集

前妻との間に、3人の子供を儲けている[5][6]

脚注編集

外部リンク編集


公職
先代
ヘアニネ・アニェス
  ボリビア多民族国大統領
第81代:2021 -
次代