Louis Godin.jpg

ルイ・ゴダン(Louis Godin、1704年2月28日 - 1760年9月11日)はフランス天文学者フランス科学アカデミーによる子午線弧長の精密測量事業のペルー探検隊に参加した。

人物編集

パリに生まれた。1725年から科学アカデミーのメンバーとなった。1735年、科学アカデミーはアイザック・ニュートンが予測した地球が扁平であるという説を確認するために、北極付近のラップランドトルネ谷)と赤道付近のペルー緯度差1に相当する子午線弧長を計測する探検隊を派遣した。ゴダンはシャルル=マリー・ド・ラ・コンダミーヌピエール・ブーゲと共にペルー隊に参加した。この事業によって地球が扁球であることが証明された。

ゴダンはしばらく南アメリカにとどまり、リマの大学の教授を務めた。ヨーロッパに戻ってスペイン、カディス海軍大学の校長となった。

月のクレーターにゴダンの名が命名されている。

関連項目編集