メインメニューを開く

ルイ・ブライユ

ルイ・ブライユLouis Braille, 1809年1月4日 - 1852年1月6日)は、フランス盲学校教師。アルファベットを6つの点の組み合わせで表現する点字(6点点字、6点式点字、ブライユ点字、ブライユ式点字)を考案した。

Louis Braille
Braille.jpg
生誕 (1809-01-04) 1809年1月4日
Flag of France (1794–1815, 1830–1958).svg フランス帝国 クヴレ
死没 1852年1月6日(1852-01-06)(43歳)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
墓地 パンテオン
北緯48度50分46秒 東経2度20分45秒 / 北緯48.84611度 東経2.34583度 / 48.84611; 2.34583
国籍 フランスの旗 フランス

目次

生涯編集

 
クブレ村のブライユ生家

パリ北東に約40キロメートルに位置するイル・ド・フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県クヴレ村に[1]馬具職人である父シモンと母モニクの間に4人兄弟の末っ子として生まれる[1][2][3]

1812年、3歳の時、自宅にあったシモンの工房で遊んでいるうち、誤って事故によりで左目の眼球を突き負傷する[4][5]。その後、右目も交感性眼炎を起こし、5歳で両目とも失明する[4][6]

1800年代初頭の当時においては、ブライユのように障害のある子どもに対しては教育は不必要とされており、不遇な目に遭うことがほとんどだったが[7]、ブライユは家族の協力もあり生活能力や知識を身につけていく[7]。6歳の時、村にやってきた神父ジャック・パリュイにその聡明さを見出されたブライユは、7歳になるとパリュイ神父から村の学校のベシュレ校長への取り計らいで村の学校に通い、他の生徒と同じように授業を受け、優秀な成績を収めた[8][9]

学校での成績や「自分で読み書きがしたい」というブライユの願望に[10]、さらに進んだ教育が必要と感じた周囲の援助もあり[8][9]、村の侯爵は、ヴァランタン・アユイフランス語版が設立したパリの王立盲学校へ入学のための推薦状を送った[11]。そのことが認められて、1819年、ブライユは同校に奨学生として入学することになる[12]

1819年、ブライユは10歳でパリの王立盲学校に入学[1]。同時期、フランス軍の軍人シャルル・バルビエフランス語版が考案したソノグラフィフランス語版(夜間文字[13]、暗やみの字[7])と呼ばれる12点式の暗号に出会う[1][13]。ブライユはこれを元に6点式の点字を発明した。ブライユはパリ盲学校を卒業し、同校の教官になった。王立盲学校はセーヌ川沿いにあり、建物が古く多湿で非衛生的だったため、100人近くいた生徒は不健康な状態であったが[14]、それはブライユにも影響し、26歳で肺結核となる[14]

晩年は盲学校教師として教鞭を取り、また教会のパイプオルガンを演奏するなどして活躍した。その傍らか晴眼者・視覚障害者両用の点文字の開発に勤しんだ。この点文字は、はじめブライユが点字器で試みたものをブライユの友人の盲人であるピエール・フランソワ・ヴィクトル・フーコーが独特の機械を開発し、のちにラフィグラフ英語版と呼ばれるようになった。その方法はタイプライターの普及にともない廃れて、現在では使用されていない。

ブライユは1852年肺結核のため43歳で亡くなった。死後百年にあたる1952年、ブライユの遺骸は故郷のクヴレ村からパリに移され、ヴィクトル・ユーゴーエミール・ゾラなど多くの国民的英雄を祀るパンテオンに葬られた。

クヴレ村ルイ・ブライユ通り13番地にあるブライユの生家は点字博物館として公開されており、世界中の視覚障害者たちが訪れ、盲人たちに光をもたらしてくれたブライユの遺徳を偲んでいる。

点字を表す言葉は多くの国で、ブライユの名前から“Braille”(フランス語読みではブライユだが、英語読みではブレイルになる)と呼ばれている。

小惑星(9969)のブライユは、ブライユの名ににちなみ命名された。

パリのパンテオンにあるブライユの墓碑
クブレ村にあるブライユの墓碑


6点点字編集

 
"ルイ・ブライユ"のブライユ式点字表記

ブライユが王立盲学校に在学していたころ、バルビエが夜間の伝言で用いるソノグラフィフランス語版(夜間文字[13]、暗やみの字[7])と呼ばれる12点式の暗号を考案し[13]、普及しようとしていた[1]。バルビエは、ソノグラフィを視覚障害者に有益と考え王立盲学校を訪問していたが、当時の校長は採用しなかった。 その後、校長が変わって1821年、盲学校で試験的に12点点字を使用することが決まる[1]

それ以前、視覚障害者のための印刷は、図画盤というざらざらした板に紙を乗せ、先のとがった物で左右が逆の文字を書いていたが、この方式は視覚障害者自身が上手に書くことは非常に難しかった。

ブライユは、アルファベットを表すためには6点あれば十分で、その方が遙かに読みやすいと考え、これを改良して横2×縦3の現在の6点式の点字を考案した。その後、楽譜数式の書き方も定め、これが世界中で使われる点字となった。

脚注編集

参考文献編集

  • 広瀬浩二郎、嶺重慎 『さわっておどろく!:点字・点図がひらく世界』 岩波書店〈岩波ジュニア新書〉、2012年ISBN 978-4-00-500713-4
  • 『岩波世界人名大辞典:第2分冊 (トーン 付録・索引)』 岩波書店辞典編集部、岩波書店、2013年ISBN 978-4-00-080315-1
  • マイヤリーサ・ディークマン/著、森川百合香/絵 『暗やみの中のきらめき : 点字をつくったルイ・ブライユ』 古市真由美訳、汐文社、2013年ISBN 978-4-8113-8975-2
  • 『ルイ・ブライユと点字をつくった人びと』 高橋昌巳/監修、こどもくらぶ/編、岩崎書店〈調べる学習百科〉、2016年ISBN 978-4-265-08437-1
  • ジェン・ブライアント/文、ボリス・クリコフ/絵 『6この点:展示を発明したルイ・ブライユのおはなし』 日当陽子訳、岩崎書店、2017年ISBN 978-4-265-85102-7

外部リンク編集