ルイーズ=イポリット (モナコ女公)

ルイーズ=イポリット・ド・モナコLouse-Hippolyte de Monaco, 1697年11月10日 - 1731年12月29日)は、モナコ女公[1]。現在のモナコ公家の先祖。

ルイーズ=イポリット
Louse-Hippolyte
モナコ女公
Louise Hippolyte Grimaldi.jpg
在位 1731年2月20日 - 12月29日

出生 (1697-11-10) 1697年11月10日
死去 (1731-12-29) 1731年12月29日(34歳没)
配偶者 ジャック・フランソワ・ゴワイヨン・ド・マティニョン
子女 一覧参照
家名 グリマルディ家
父親 モナコ公アントワーヌ1世
母親 マリー・ド・ロレーヌ
テンプレートを表示

生涯編集

モナコ公アントワーヌ1世と妃でアルマニャック伯ルイの娘マリー・ド・ロレーヌの娘として生まれた。他に男の兄弟がないため、ルイーズ=イポリットが次期継承者とされた。アントワーヌはフランスルイ14世の許しを得て、娘の未来の夫はルイーズ=イポリットの共同統治者となり、グリマルディの姓を与えることに決めた。

1715年10月、18歳でルイーズ=イポリットはジャック・フランソワ・ゴワイヨン・ド・マティニョンと結婚し、8子を生んだ。この結婚は不幸だった。ジャックはモナコよりも、華やかなヴェルサイユ宮殿暮らしを好み、多くの愛妾を抱えていたからである。

父の死により、ルイーズ=イポリットは1731年4月にパリからモナコへやってきて、国民により歓迎会が開かれた。その歓迎会に出席したジャックが加わると、会場の雰囲気が冷ややかなものに変わったという。同年暮れ、ルイーズ=イポリットは天然痘で急死した。ジャックは国事を放棄したうえ、翌1732年5月にはモナコを離れてフランスへ戻った。彼は1733年に長男オノレに公位を譲った。

子女編集

  • アントワーヌ・シャルル・マリー(1717年 - 1718年) - デ・ボー侯爵
  • シャルロット・テレーズ・ナタリー(1719年 - 1790年) - 「モナコ姫」、修道女
  • オノレ・カミーユ・レオノール(1720年 - 1795年) - デ・ボー侯爵、モナコ公
  • シャルル・マリー・オーギュスト(1722年 - 1749年) - カルラデス伯爵
  • ジャック(1723年)
  • ルイーズ・フランソワーズ(1724年) - 「デ・ボー姫」
  • フランソワ・シャルル(1726年 - 1743年) - トリニー伯
  • シャルル・モーリス(1727年 - 1798年) - ヴァランティノワ伯爵
  • マリー・フランソワーズ・テレーズ(1728年 - 1743年) - 「エストゥトヴィル姫」

引用・脚注編集

  1. ^ モナコ公国(Principality of Monaco) 基礎データ”. 日本国外務省 Ministry of Foreign Affairs of Japan. 2020年2月10日閲覧。
先代:
アントワーヌ1世
モナコ公
1731年
次代:
ジャック1世