メインメニューを開く

ルミエール(Lumiere)とは、岩手県盛岡市に本社を置く映画興行会社『南部興行』が運営・経営する映画館の名称。盛岡市に3スクリーン、秋田県秋田市に5スクリーンを擁する。

館名の“ルミエール”は淀川長治が命名した。映画の創始者・リュミエール兄弟に由来している。

盛岡ルミエール編集

盛岡ルミエール(もりおかルミエール)は、岩手県盛岡市菜園2丁目の「藤田ビル」にある映画館。3階に「ルミエール1」(78席)、5階に「ルミエール2」(69席)がある。4階に映写室があり、二枚の鏡に光を反射させてから2つのスクリーンに映写している。

上映作品は1987年10月の開業当初からミニシアター向きの作品が多く上映されていたが、近年は丸の内ピカデリー2・3系列の、邦画・洋画を中心に上映している。

盛岡ピカデリー編集

盛岡市中央通、176席。1969年に南部興行により開館。主に丸の内ピカデリー系の作品を多く上映、「映画館通り」の一角をなす映画館として長らく営業してきたが、2009年1月に、来客数減を理由に閉館[1]。映画『おくりびと』の大ヒットでルミエールだけでは対応できず、閉鎖していたピカデリーを同年2月26日に一時開館。その後も話題作を中心に同館で上映するようになる。当初はルミエール1・2の「別館」のような扱いだったが、現在は南部興行の主力館として完全復活している。

映画館自体はビルの地下にある。入り口上方には2017年5月まで昔ながらの手描きによる絵看板が掲げられており、1969年の開館当初から小笠原正治が手描き看板を手掛け2016年には文化庁長官表彰を受賞[2]。その後2017年10月に小笠原が死去し[3][2]、以降はデジタル印刷式による看板となっている。

ルミエール秋田編集

 
ルミエール秋田がある秋田拠点センターアルヴェ

ルミエール秋田(ルミエールあきた)は、秋田県秋田市東通仲町の「秋田拠点センターアルヴェ」の2階にある映画館。

2004年7月16日「パンテオンシネマズAKiTA」の名称でオープンしたが、わずか1年3ヵ月で運営会社が撤退。その後「駅の映画館 AKiTAシアター」の名称で暫定営業を行ったが、2006年11月18日から南部興行に経営が譲られ、2007年4月25日に現館名に改称し現在に至る。

コンセッションではペプシコーラを販売している。

座席数編集

  • ルミエール1:210席
  • ルミエール2:127席
  • ルミエール3:127席
  • ルミエール4:127席
  • ルミエール5:127席

※各スクリーンに車いす席を2席設けている。

脚注編集

  1. ^ 1月31日の閉館日、最後に上映したのは『サウンド・オブ・ミュージック』。
  2. ^ a b 盛岡 描き続けた映画看板 絵師 小笠原正治さんさん死去 タッチ温か 文化支える - 岩手日報2017年10月28日22面地域面盛岡・県北版
  3. ^ 宮城)映画看板師60年 盛岡の小笠原さん、シネマ語る - 朝日新聞2017年5月7日

外部リンク編集