ルー・ソロフLew Soloff1944年2月20日2015年3月8日)は、アメリカジャズトランペット奏者作曲家俳優

ルー・ソロフ
Lew Soloff
Lew Soloff (cropped).jpg
ルー・ソロフ(2008年)
基本情報
出生名 Lewis Michael Soloff
生誕 (1944-02-20) 1944年2月20日
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
死没 (2015-03-08) 2015年3月8日(71歳没)
ジャンル ジャズ
職業 ミュージシャン
担当楽器 トランペット、フリューゲルホルン
活動期間 1960年 - 2015年
レーベル コロムビア
共同作業者 ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズローラ・ニーロフランク・シナトラバーブラ・ストライサンドスティーヴ・タイレルギル・エヴァンス
公式サイト www.lewsoloff.com

経歴編集

ニューヨーク市にあるイーストマン音楽学校ジュリアード音楽院でトランペットを学ぶ。彼は1968年から1973年までブラッド・スウェット・アンド・ティアーズと一緒に活動した。また、マチートトニー・スコットメイナード・ファーガソンティト・プエンテらとも共演していた[1]

1980年代には、ミューズ・レコードのために録音したジャズ・アンサンブルであるメンバーズ・オンリーの一員を務めた[2]

1983年から始まった、ギル・エヴァンス・マンデイ・ナイト・オーケストラのレギュラー・メンバーおよびサブリーダーを務め、バンドリーダーとしての自身の能力を磨いた。彼のデビュー・アルバムのレコーディングは、ギルによってサポートされていた[3]。2010年録音のアルバム『スケッチ・オブ・スペイン - マイルス・デイビス/ギル・エバンスに捧ぐ』は、クラシックとなっている1959年から1960年にかけてのマイルス・デイヴィスとギル・エヴァンスのコラボレーションへのトリビュートであるが、エヴァンスがアレンジしたジョージ・ガーシュウィンの『ポーギーとベス』を再構築してみせた。また、マンハッタン・ジャズ・クインテットミンガス・ビッグ・バンドにも参加し、長年にわたるメンバーを務めている。

ソロフは、リンカーン・センター・ジャズ・オーケストラ(ウィントン・マルサリス監督)やマジック・シティ・ジャズ・オーケストラ(レイ・リーチ監督)など、世界中のジャズ・オーケストラへ頻繁にゲスト参加した。

彼は、要求の厳しいリード・トランペット・パートを演奏しながら即興ソロを演奏し、バロック、クラシック、そしてその後のオーケストラや室内楽のスタイルを演奏することができる数少ないトランペット奏者の1人であり、コマーシャルやサウンドトラックにおいて需要の高いセッション・プレーヤーとなっていた。

ソロフは、ニューヨーク市で2015年に亡くなった。死因は心臓発作とみられている[4][5]

ディスコグラフィ編集

リーダー・アルバム編集

  • 『ハナレイ・ベイ』 - Hanalei Bay (1985年、Electric Bird)
  • 『イエスタデイズ』 - Yesterdays (1986年、King)
  • 『バット・ビューティフル』 - But Beautiful (1987年、Bellaphon)
  • 『マイ・ロマンス』 - My Romance (1988年、Paddle Wheel)
  • 『リトル・ウィング』 - Little Wing (1991年、Sweet Basil)
  • 『トランペット伝説』 - Trumpet Legacy (1997年、Key'stone) ※with ニコラス・ペイトントム・ハレルエディ・ヘンダーソン
  • 『ウィズ・ア・ソング・イン・マイ・ハート』 - With A Song In My Heart (1998年、Milestone)
  • 『レインボー・マウンテン』 - Rainbow Mountain (1999年、Enja)
  • 『スケッチ・オブ・スペイン - マイルス・デイビス/ギル・エバンスに捧ぐ』 - Miles Davis/Gil Evans Sketches of Spain (2010年、Birds) ※with スティーヴ・リッチマン指揮、ハーモニー・アンサンブル・ニューヨーク
  • The Paradox Of Completion (2015年、Anami Music) ※with ティシージ・ムニョス、ポール・シェイファー

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ Down Beat Artist's profile”. 2006年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2006年11月15日閲覧。
  2. ^ Allmusic
  3. ^ Nakayama, Yasuki「ギル・エヴァンスのマンディ・ナイト・セッション」(日本語) 『スイングジャーナル時代の中山康樹』Shinko Music Entertainment、Tokyo, Japan、2018年、68–78頁。 
  4. ^ Passings: Lew Soloff, Jazz & Blood, Sweat & Tears Trumpeter (1944 - 2015) ~ VVN Music”. vintagevinylnews.com. 2015年3月8日閲覧。
  5. ^ Lew Soloff dies at 71; trumpet player for Blood, Sweat and Tears” (2015年3月9日). 2021年5月31日閲覧。

外部リンク編集