メインメニューを開く

レインタイム (Raintime)は、イタリアヘヴィメタルバンド。主にプログレッシヴメタルパワーメタルに分類される音楽性である。メロディックデスメタルに分類されることも多いバンドであるが、クリーンボーカルの比重が大きく、デスヴォイスがほとんど使用されない楽曲も存在する。

レインタイム
Raintime
出身地 イタリアの旗 イタリア
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州
ポルデノーネ県 ポルデノーネ
ジャンル パワーメタル
プログレッシヴメタル
メロディックデスメタル
活動期間 1999年 - 2012年
2018年 -
レーベル アライズ・レコード
Bieler Bros. Records
ライフフォース・レコード
サウンドホリック
Radtone Music
公式サイト www.raintime.com
メンバー クラウディオ・コアシン (ボーカル)
ルカ・ミカエル・マルティナ (リードギター)
イヴァン・オドリコ (ギター)
ミケーレ・コルッシ (ベース)
アンドレア・コロナ (キーボード)
エンリコ・ファブリス (ドラムス)
旧メンバー マッテオ・ディ・ボン (リズムギター)
フランチェスコ・ロッシ (ギター)
ジョバンニ・ブオーラ (ギター)
ダニエレ・ブレッサ (リードギター)
ダリオ・バッティストン (ベース)
マッテオ・バルザン (ドラムス)

略歴編集

1999年に、イタリア北部のポルデノーネで、クラウディオ・コアシン (Key)、マッテオ・ディ・ボン (G)、マッテオ・バルザン (Ds)の3名で結成[1]。その後、フランチェスコ・ロッシ (G)、ミケーレ・コルッシ (B)が加入。ライヴ活動を始めるようになり、デモ『Jump in the Past』をリリース。正式なボーカリストが不在だったため、インストゥルメンタルの楽曲のみとなった[1]。当時は、ドリーム・シアターの影響が非常に強かった[1]

2002年にはマッテオ・バルザンが脱退しエンリコ・ファブリス (Ds)が加入[1]。また、不在だったボーカルを、キーボーディストのクラウディオ・コアシンが兼任という形で担当するようになる。同年秋には、フランチェスコ・ロッシが脱退しジョバンニ・ブオーラ (G)が加入[1]2004年に自主制作で、1stアルバムのレコーディングを始める。この時すでにジョバンニ・ブオーラは脱退しており、後任にカルロ・ナリダン (G)がセカンド・ギタリストを務めていた[1]。録音後、スペインアライズ・レコードと契約し、1stアルバム『Tales From Sadness』をリリース。リリース後、カルロ・ナリダンはバンドを離れ、ルカ・ミカエル・マルティナ (Lead G)が加入。クラウディオ・コアシンがボーカリスト専任となり、アンドレア・コロナ (Key)が加入。順調に活動しているように見えたが、アライズ・レコードが倒産[2]、更にロイヤル・ハントシークレット・スフィアとのヨーロッパ・ツアーが初日朝に全日程キャンセルされるなどの憂き目にあう[1]。その中でハロウィンプリティ・メイズなどを手掛けたトミー・ハンセンプロデューサーに迎えて、2ndアルバム『Flies & Lies』をレコーディングし2007年にリリース[1]。同アルバムでは、マイケル・ジャクソンBeat Itカヴァーした。日本では、サウンドホリックから日本盤がリリースされた。

2009年にルカ・ミカエル・マルティナが脱退しダニエレ・ブレッサ (Lead G)が加入。2010年に3rdアルバム『Psychromatic』をリリース。レコーディング後、オリジナルメンバーのマッテオ・ディ・ボンとミケーレ・コルッシが脱退し、元スローモーション・アポカリプスのイヴァン・オドリコ (G)とダリオ・バッティストン (B)が加入した。

2012年5月末、解散することが発表された[3]。また、併せてクラウディオ・コアシン、エンリコ・ファブリスとイヴァン・オドリコの3人が新たにプロジェクトに取り組んでいることも発表された[3]。その後この3名を中心に、メタル/ハードロックプロジェクト、フェイク・アイドルズが結成された。

2018年、再結成することが発表された[4]。再結成後のメンバーは、2ndアルバム『Flies & Lies』時のメンバーに近いが、マッテオ・ディ・ボンが再結成には参加せず、前回後任として加入したイヴァン・オドリコが参加することになった。

メンバー編集

現在のメンバー編集

  • クラウディオ・コアシン (Claudio Coassin) - ボーカル (1999-2012,2018-)
結成から解散まで在籍した唯一のメンバー。
結成当初はキーボード専任だった。1stデモリリース後からボーカルを兼任するようになり、アンドレア・コロナ加入後からボーカル専任となった。
解散後、フェイク・アイドルズで活動。
  • ルカ・ミカエル・マルティナ (Luca Michael Martina) - リードギター (2004-2009,2018-)
  • イヴァン・オドリコ (Ivan Odorico) - ギター (2010-2012,2018-)
スローモーション・アポカリプスで活動していた。解散後、フェイク・アイドルズで活動。
  • ミケーレ・コルッシ (Michele Colussi) - ベース (1999-2010,2018-)
  • アンドレア・コロナ (Andrea Corona) - キーボード (2005-2012,2018-)
Revoltonsで活動していた。
  • エンリコ・ファブリス (Enrico Fabris) - ドラムス (2002-2012,2018-)
解散後、フェイク・アイドルズで活動。

旧メンバー編集

  • マッテオ・ディ・ボン (Matteo Di Bon) - リズムギター (1999-2010)
  • フランチェスコ・ロッシ (Francesco Rossi) - ギター (1999-2002)
  • ジョバンニ・ブオーラ (Giovanni Buora) - ギター (2002-2003)
  • ダニエレ・ブレッサ (Daniele 'Acido' Bressa) - リードギター (2009-2012)
  • ダリオ・バッティストン (Dario Battiston) - ベース (2010-2012)
ダイ・サイレントリー、ケミストリー・ルームでも活動。
  • マッテオ・バルザン (Matteo Barzan) - ドラムス (1999-2002)

セッションメンバー編集

  • カルロ・ナダリン (Carlo Nadalin) - ギター (2004)
2004年にセッション参加。

ディスコグラフィー編集

  • 1999年 Jump in the Past (Demo)
  • 2005年 Tales from Sadness
  • 2007年 フライズ・アンド・ライズ Flies & Lies
マイケル・ジャクソンBeat Itのカヴァーが収録されている
  • 2010年 サイクロマティック Psychromatic

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g h 奥野高久 (2007年). "フライズ・アンド・ライズ" [CDライナー]. レインタイム 『Flies & Lies』のアルバム・ノーツ 日本東京都千代田区: サウンドホリック (TKCS 85160).
  2. ^ アーティスト情報”. Radtone Music. 2012年4月15日閲覧。
  3. ^ a b http://www.reverbnation.com/c/fr5/artist_1329819?eid=A1329819_12892786_
  4. ^ https://www.facebook.com/143261765723998/photos/a.172636069453234/1807410652642426/?type=3&theater 2018年9月23日閲覧。

外部リンク編集