レッツゴー!! ライダーキック

日本の特撮ソング
仮面ライダーシリーズ > 仮面ライダー > レッツゴー!! ライダーキック

レッツゴー!! ライダーキック」は、1971年5月25日日本コロムビアから発売された藤岡弘および藤浩一(子門真人)シングル(型番:SCS-130)。藤浩一にとっては6枚目のシングルである。1978年12月に藤浩一版がオリジナル盤と同内容で再発売された(ただし、ジャケットデザインは異なる)。再発盤の型番はSCS-453。

レッツゴー!! ライダーキック
藤岡弘藤浩一シングル
A面 レッツゴー!! ライダーキック
B面 仮面ライダーのうた
リリース
規格 17cmシングル
録音 1971年2月16日[1](#1、#2)
1971年2月22日[1](初回盤#1)
日本の旗 日本東京都港区、国際ラジオセンター(KRC)[1]
レーベル 日本コロムビア
作詞・作曲 石森章太郎(#1作詞)
八手三郎(#2作詞)
菊池俊輔(作曲)
藤岡弘(藤岡弘、) 年表
レッツゴー!! ライダーキック
(1971年)
夕陽没ちても
(1972年)
藤浩一(子門真人) 年表
夢はバラ色
(1967年)
レッツゴー!! ライダーキック
(1971年)
ガッチャマンの歌
(1972年)
テンプレートを表示

概要編集

特撮テレビドラマ仮面ライダー』の主題歌(オープニングテーマ・エンディングテーマ)を収録したシングルである。朝日ソノラマからの原盤供給により日本コロムビアから発売され[注釈 1]、売上枚数130万枚を超える大ヒットとなった[2]

初発時にはシングル盤のほかに他作品の主題歌2曲(『帰ってきたウルトラマン[注釈 2]ガメラシリーズ』[注釈 3]など)とカップリングしたコンパクト盤も発売されていた。表題曲「レッツゴー!! ライダーキック」は初回プレス盤では番組主演の藤岡弘が歌唱するバージョンを収録していたが、後に藤浩一が歌唱するバージョンに差し替えられた[注釈 4]。差し替えの際にレコードの型番は変更されなかったが、ジャケット写真が仮面ライダー1号から仮面ライダー2号のものに変更されている。

表題曲「レッツゴー!! ライダーキック」には仮面ライダー2号を演じていた佐々木剛によるカバー曲[5]をはじめ『Let's Go RiderKick 2011』などカバーしたアーティストも多数おり、藤岡弘も2000年発売のマキシシングル『Power Child』で「レッツゴー!! ライダーキック 〜2000 Ver〜」(『RIDER CHIPS featuring 藤岡弘』名義)として、2006年発売のマキシシングル『荒野のサムライ 〜明日に向って走れ〜』で「レッツゴー!! ライダーキック 2006」として[6]それぞれリメイクしている。

収録曲編集

  1. レッツゴー!! ライダーキック
    特撮テレビドラマ『仮面ライダー』初代オープニングテーマ。
  2. 仮面ライダーのうた
    • 作詞:八手三郎 / 作曲・編曲:菊池俊輔 / 藤浩一、メール・ハーモニー
    特撮テレビドラマ『仮面ライダー』初代エンディングテーマ。

カバー編集

レッツゴー!! ライダーキック編集

リリース日 アーティスト 収録CD等 詳細
1977年 若草ジャイアンツ ディスコ・ベイビーちゃん メドレー曲「ディスコ・ベイビーちゃん」の1曲として
1992年09月21日 ザ・マイクハナサーズ ヒーロー大行進 メドレー曲「ヒーロー大行進」の1曲として
1998年02月21日 アニメタル アニメタル・マラソンII 特撮編
1998年09月23日 佐々木剛 石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集
2001年07月29日 アニパンク アニパンクLIVE!
2002年08月21日 MJR ライダー・ジャズ
2008年06月04日 たかはし智秋今井麻美 THE IDOLM@STER RADIO COLORFUL MEMORIES
2011年04月20日 仮面ライダーGIRLS Let's Go RiderKick 2011 Let's Go RiderKick 2011」として
2015年09月09日 RIDER CHIPS KAMEN RIDER Anniversary Collaboration Project 改造〜Covers〜

仮面ライダーのうた編集

リリース日 アーティスト 収録CD等 詳細
2002年08月21日 MJR ライダー・ジャズ
2004年02月18日 RIDER CHIPS featuring m.c.A・T 仮面ライダーのうた
2009年03月18日 大川透 百歌声爛 -男性声優編Ⅲ-

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ レーベル面には原盤権者として、中央音楽出版ミリカ音楽出版の2社が記述されている。
  2. ^ 三鷹淳によるカバー版。伴奏はオリジナル(団次郎の歌唱)と同一のものを使用。
  3. ^ 大映レコードの音源。
  4. ^ 藤岡が番組撮影中の事故で負傷し、番組を一時降板となったことに伴うもの。詳細は仮面ライダー#藤岡弘の事故負傷とその影響を参照。収録そのものは藤の方が先行していた[3][4]

出典編集

  1. ^ a b c (2002年) "音楽解説", p. 5 [CDライナー]. OST 『ETERNAL EDITION 仮面ライダー File No.1』のアルバム・ノーツ 日本コロムビア (COCX-31903).
  2. ^ 木村英俊 『THEアニメ・ソング ヒットはこうして作られた』角川書店、1999年12月17日、147頁。ISBN 9784048531528 
  3. ^ OFM仮面ライダー1 2004, p. 30, 早川優「仮面ライダー音楽考 第1回 SF怪奇アクション・ミュージックの創造」.
  4. ^ OFM仮面ライダー3 2004, p. 31, 早川優「仮面ライダー音楽考 第3回 広がるライダー・サウンド・ワールド」.
  5. ^ 1998年発売の『石ノ森章太郎 男も泣けるTV主題歌集』に収録。
  6. ^ 藤岡弘、 (2006年). “SAMURAI-DO:「荒野のサムライ~明日に向って走れ」CDリリースによせて”. 藤岡弘、オフィシャルサイト SAMURAI DO. 2021年6月1日閲覧。

参考文献編集

  • 『KODANSHA Official File Magazine 仮面ライダー』講談社。