メインメニューを開く

レッドゴッドRed God1954年 - 1979年)は、アメリカ合衆国生産のサラブレッド競走馬イギリスで競走生活を送り、のちに種牡馬となってからブラッシンググルームなどを送りだした。

レッドゴッド
欧字表記 Red God
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛
生誕 1954年2月15日
死没 1979年
Nasrullah
Spring Ruin
母の父 Menow
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Harry Frank Guggenheim
馬主 Harry Frank Guggenheim
調教師 Cecil Boyd-Rochfort(イギリス
競走成績
生涯成績 14戦5勝
獲得賞金 3,062ポンド
+37,389ドル
テンプレートを表示

経歴編集

グッゲンハイムの所有する牧場で生まれた牡馬である。幼駒の時期にイギリスに送られ、セシル・ボイド=ロックフォート調教師へと預けられた。2歳時はグッドウッド競馬場リッチモンドステークスで勝ちを挙げている。

3歳のときにレッドゴッドは生まれ故郷でもあるアメリカ合衆国へと送られ、そこで新たな競走生活を送ることになった。現地においての4歳までの競走生活でローズベンハンデキャップを含む4勝を挙げ、そこそこの賞金を稼いで引退した。

引退後は1960年よりアイルランドキルデア州のロートンスタッドで種牡馬となった。レッドゴッドは競走成績こそ今ひとつであったが、種牡馬として成功した。父ナスルーラ譲りの気性の荒さを持っており、これは産駒にも総じて遺伝している。

代表産駒として名の挙がるものに、ブラッシンググルーム(1974年生・牡馬)とレッドロード(1973年生・牡馬)のプール・デッセ・デ・プーラン優勝馬2頭、チェヴァリーパークステークス優勝馬ジェイシンス(1970年生・牝馬)、スプリンターとして名を馳せたイエローゴッド(1967年生・牡馬)などがいる。

ブラッシンググルームとイエローゴッドは後継の種牡馬としても活躍し、とくにブラッシンググルームの父系は大流行してその勢力を拡大した。レッドゴッドの父系は「レッドゴッド系」と呼ばれて父ナスルーラの血統から細分化されていたが、ブラッシンググルームの父系の広がりの強さから、すでに使われる機会の少ない呼称となっている。詳しくはブラッシンググルーム系も参照。

のちにカーロウ州のミルフォードスタッドに移され、1979年3月にそこで腸捻転により死亡した。

血統表編集

レッドゴッド血統ナスルーラ系 / Phalaris 4x4=12.50%、 Chaucer 5x5=6.25%、 Roi Herode 5x5=6.25%、 Spearmint 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Nasrullah
1940 鹿毛 イギリス
父の父
Nearco
1935 青鹿毛 イタリア
Pharos Phalaris
Scapa Flow
Nogara Havresac
Catnip
父の母
Mumtaz Begum
1932 鹿毛 フランス
Blenheim Blandford
Malva
Mumtaz Mahal The Tetrarch
Lady Josephine

Spring Run
1948 鹿毛 アメリカ
Menow
1935 鹿毛 アメリカ
Pharamond Phalaris
Selene
Alcibiades Supremus
Regal Roman
母の母
Boola Brook
1937 鹿毛 アメリカ
Bull Dog Teddy
Plucky Liege
Brookdale Peter Pan
Sweepaway F-No.8-c


参考文献編集

  • The Encyclopaedia of Flat Racing(1986 著者:Howard Wright 出版:Robert Hale ISBN 0-7090-2639-0

外部リンク編集