レフト -恐怖物件-

レフト -恐怖物件-』(レフト きょうふぶっけん、原題:You Should Have Left)は2020年に配信されたアメリカ合衆国ホラー映画である。監督はデヴィッド・コープ、主演はケヴィン・ベーコンが務めた。本作はダニエル・ケールマン2017年に発表した小説『Du hättest gehen sollen』を原作としている。

レフト -恐怖物件-
You Should Have Left
監督 デヴィッド・コープ
脚本 デヴィッド・コープ
原作 ダニエル・ケールマンDu hättest gehen sollen
製作 ジェイソン・ブラム
ケヴィン・ベーコン
ディーン・オトゥール
製作総指揮 デレク・アンブロージ
クーパー・サミュエルソン
ジャネット・ヴォルトゥルノ=ブリル
出演者 ケヴィン・ベーコン
アマンダ・サイフリッド
音楽 ジェフ・ザネリ
撮影 アンガス・ハドソン
編集 デレク・アンブロージ
製作会社 ブラムハウス・プロダクションズ
配給 アメリカ合衆国の旗ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗2020年6月18日(配信)
日本の旗劇場未公開
上映時間 93分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

本作は日本国内でも劇場公開されなかったが、2021年2月3日にDVDが発売される予定である[2]

概略編集

テオ・コンロイは一回り以上年の離れた女優スザンナと結婚し、娘エラを授かった。そんなテオに対する世間の目は冷ややかなものであった。と言うのも、テオの前妻は入浴中に溺死するという不自然な死に方をしており、「テオが妻を事故死に見せかけて殺した」という噂が流れていたのである。撮影現場にスザンナを訪ねたときも、その噂が原因で立ち入りを拒否される有り様だった。

そんなある日、コンロイ一家は休暇でウェールズの貸別荘に泊まることにした。その日の夜、エラが謎の人影を見たと訴えてきたが、テオはまともに取り合おうとしなかった。ところが、ほどなくして、テオの身にも次々と怪奇現象が降りかかるのだった。

キャスト編集

※括弧内は日本語吹替。

製作編集

2018年3月26日、デヴィッド・コープがダニエル・ケールマンの小説『Du hättest gehen sollen』の映画化に着手しており、ケヴィン・ベーコンが出演することになったと報じられた[3]。5月22日、ジェフ・ザネリが本作で使用される楽曲を手掛けることになったとの報道があった[4]。6月7日、アマンダ・サイフリッドがキャスト入りした[5]。秋、本作の主要撮影ウェールズで行われた[6]。2020年6月18日、バック・ロット・ミュージックが本作のサウンドトラックを発売した[7]

公開・マーケティング編集

配給元のユニバーサル・ピクチャーズは本作を劇場公開する予定だったが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて映画館のほとんどが休業するという事態が発生した。そのため、本作の劇場公開は見送られ、デジタル配信されることになった[8]

2020年6月8日、本作のオフィシャル・トレイラーが公開された[9]

評価編集

本作に対する批評家からの評価は平凡なものに留まっている。映画批評集積サイトのRotten Tomatoesには102件のレビューがあり、批評家支持率は40%、平均点は10点満点で4.82点となっている。サイト側による批評家の見解の要約は「『レフト -恐怖物件-』には凄まじい恐怖があるように思える。しかし、同作は個々の要素は凝っているもの、それらを1本の良作という形にまとめ上げるのに失敗している。」となっている[10]。また、Metacriticには27件のレビューがあり、加重平均値は46/100となっている[11]

出典編集

  1. ^ レフト -恐怖物件-”. allcinema. 2020年11月20日閲覧。
  2. ^ レフト -恐怖物件-”. Amazon. 2020年11月20日閲覧。
  3. ^ Kevin Bacon, David Koepp Making ‘You Should Have Left’ For Blumhouse”. Deadline.com (2018年3月26日). 2020年7月11日閲覧。
  4. ^ Geoff Zanelli to Reteam with David Koepp on ‘You Should Have Left'”. Film Music Reporter (2018年5月22日). 2020年7月11日閲覧。
  5. ^ Amanda Seyfried Joins Kevin Bacon in Blumhouse Thriller 'You Should Have Left'”. Hollywood Reporter (2018年6月7日). 2020年7月11日閲覧。
  6. ^ Hollywood star Kevin Bacon stays in Llandrindod Wells hotel”. The Brecon & Radnor Express (2018年10月2日). 2020年7月11日閲覧。
  7. ^ ‘You Should Have Left’ Soundtrack Album Announced”. Film Music Reporter (2020年6月16日). 2020年7月11日閲覧。
  8. ^ 'You Should Have Left' and Why Horror Works at Home”. Hollywood Reporter (2020年6月18日). 2020年7月11日閲覧。
  9. ^ You Should Have Left - Official Trailer (HD)”. YouTube (2020年6月8日). 2020年7月11日閲覧。
  10. ^ You Should Have Left”. Rotten Tomatoes. 2020年7月11日閲覧。
  11. ^ You Should Have Left (2020)”. Metacritic. 2020年7月11日閲覧。

外部リンク編集