メインメニューを開く

レミントン・アームズ: Remington Arms)は、アメリカ合衆国銃器メーカー。小銃ショットガンなどとそれらに使う弾薬を製造する。かつては拳銃でも有名だったが、現在のラインナップでは「1911」と新製品の「R51」程度に留まっている。

レミントン・アームズ・カンパニー・インク
Remington Arms Company, Inc.
Remington Arms.gif
種類 Private
略称 レミントン
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州マディソン
設立 1816年
事業内容 銃器製造
代表者 Tommy Millner (社長・CEO)
Stephen P. Jackson Jr. (CFO)
従業員数 3500 人
主要株主 サーベラス・キャピタル・マネジメント
主要子会社レミントンランド
関係する人物 エリファレット・レミントン(創業者)
外部リンク www.remington.com
テンプレートを表示

サーベラス・キャピタル・マネジメントが所有するFreedom Groupの一部門で、2015年にFreedom Groupは「Remington Outdoor Company」に改名した。2018年2月12日に、Remington Outdoor Companyのリストラが完了した時点で保有権を手放す意向、そして連邦倒産法第11章の適用も検討している事を明らかにしており[1]、同年3月25日付で適用を申請して経営破綻した[2]

目次

歴史編集

1816年、創設者であるエリファレット・レミントンが自分用のライフルを作り、それを見た射撃仲間が彼に同様のライフルを作るように依頼したことが始まりとされている。創業時の社名はE・レミントン・アンド・サンズ (E. Remington and Sons.)。レミントンはアメリカ最古の民間銃器メーカーでもある。

1896年、スポーツ用品メーカーのマーカス・ハートレー・アンド・パートナーズ (Marcus Hartley and Partners) に買収された。1912年、マーカスの子会社でアメリカ最大手弾薬メーカーのユニオン・メタリック・カートリッジ (Union Metallic Cartridge Company = UMC) と合併し、銃器・弾薬メーカーのレミントンUMC (Remington UMC) となった。

その後も何度も買収され、2007年にサーベラス・キャピタル・マネジメントに買収され現在に至る。

ウィンチェスター社などと並び、アメリカにおける狩猟用ライフルショットガンの大手であり、現在は狩猟用散弾銃の部門において最も売り上げを伸ばす企業となっている。また、弾薬の開発や生産も行っており、有名な.44マグナム弾はレミントン社がスミス&ウェッソン社と共同開発したものである。

以前は日本で電気シェーバーを発売していたこともあった。

製品編集

 
デリンジャー

ハンドガン編集

ライフル編集

 
M700

ショットガン編集

 
M870
 
M1100

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集