ロクタロー』は、1998年10月から1999年3月までフジテレビ系で放送されたコント番組である。主演はジョビジョバ構成作家陣に福田雄一宮藤官九郎細川徹ら劇場上がりの作家も多数参加していた。

主なコーナー編集

10minits Challenge!
3つのキーワードテーマ、3人の出演者をくじで決め10分間でコントを作り上げ、ゲストに評価してもらう。

コント編集

幸せ家族
名作ドラマ『岸辺のアルバム』のオマージュ。ある家族の両親が重大な秘密を抱えており最終回でそれが発覚し・・・
YEAH!
ジョビジョバの代表作「はりこみ」等を元にしたリズムとテンポが特徴的なコント。
山田君
笑点』の山田隆夫をモデルにした木下明水の一人コント。最後は「飲み会で知り合ったヤンキーに刺殺」という壮絶な結末で、ラスト2回はビデオ未収録となっている。
キネマの天使
映画のために土木業を営んでいる土木作業員(マギー)と、アニメ以外は何でも詳しい土木作業員のぶんちゃん(坂田聡)と、毎回なじられるバイト君(石倉力)によるコント。
Mighthy'sTalk
居眠り、差別など超ワンマンの司会者マイティ菅原のトークショー
ビギン
バンドのビギンに関係したっぽいバンド3人組コント。ボーカル無視でトークを繰り広げ、右のギター(マギー)はメンバーからさらに心を閉ざしているが、特に問題なくツアーを回る。
ミッキーさん
三ツ木ボクシングジムのトレーナー(通称:ミッキーさん)とセコンド2人とボクサーによるコント。
C.W.ニコル部
6人のC.W.ニコルが自然破壊を憂い、いざログハウスを飛び出し行動を起こそうとするのだが、その都度ホーキンスのヒモがほどけていることや、倉本聡にお歳暮のハムを送り忘れていたことに気を取られ、結局出かけられないというコント。

スタッフ編集

外部リンク編集