メインメニューを開く

ロクロニウム (ろくろにうむ) はアミノステロイドの非脱分極性神経筋遮断剤・筋弛緩薬である。骨格筋を弛緩させることによって気管挿管を行いやすくするために現代の麻酔において用いられている。よく手術や人工呼吸で必要とされる。通常の気管挿管迅速気管挿管英語版 (RSI) の両方に用いられるが、RSIではロクロニウムよりも作用の早い塩化スキサメトニウムがよく使われている[1]

Rocuronium structure.png
IUPAC命名法による物質名
臨床データ
Drugs.com monograph
法的規制
投与方法 Intravenous
薬物動態データ
生物学的利用能 NA
血漿タンパク結合 ~30%
代謝 some de-acetylation
半減期 66–80 minutes
排泄 Unchanged, in bile and urine
識別
CAS番号
119302-91-9 チェック
ATCコード M03AC09 (WHO)
PubChem CID: 441290
IUPHAR/BPS 4003
DrugBank DB00728 ×
UNII I65MW4OFHZ ×
ChEMBL CHEMBL1201244 ×
別名 [3-hydroxy-10,13-dimethyl-2-morpholin-4-yl-16-(1-prop-2-enyl-2,3,4,5-tetrahydropyrrol-1-yl)-2,3,4,5,6,7,8,9,11,12,14,15,16,17-tetradecahydro-1H-cyclopenta[a]phenanthren-17-yl] acetate
化学的データ
化学式 C32H53N2O4+
分子量 529.774 g/mol

日本での商品名は「エスラックス®」[2]

脚注編集

  1. ^ Tran, DT; Newton, EK; Mount, VA; Lee, JS; Wells, GA; Perry, JJ (29 October 2015). “Rocuronium versus succinylcholine for rapid sequence induction intubation.”. The Cochrane database of systematic reviews 10: CD002788. doi:10.1002/14651858.CD002788.pub3. PMID 26512948. 
  2. ^ エスラックス静注25mg/2.5mL、50mg/5.0mL”. 2017年3月5日閲覧。