ロバート・ジェミソン・ヴァン・デ・グラフ

ロバート・ジェミソン・ヴァン・デ・グラフ[注釈 1]Robert Jemison Van de Graaff1901年12月20日 - 1967年1月16日)は、アメリカタスカルーサ出身の物理学者1929年静電発電機の一種であるヴァンデグラフ起電機を発明したとして名高い。

ロバート・ジェミソン・ヴァン・デ・グラフ

生涯編集

1901年12月20日、アメリカアラバマ州のタスカルーサに生まれ、アラバマ大学工学を学び、1922年学士号を取得して1923年修士号を取得した。

その後はヨーロッパに渡り、ソルボンヌ大学オックスフォード大学にて物理学を学んだ。なお、ソルボンヌ大学ではポーランド立憲王国(現:ポーランド)の物理学者、化学者であるマリ・キュリー講義1925年に聴き、物理学の関心を高めた[1]。また、オックスフォード大学では高圧送電の技術研究して高電圧を発生させる装置に関心を持つようになり、1926年に2回目の学士号を取得し、1928年Ph.D.学位)を取得した[2]

1929年、プリンストン大学にて特別研究員を務めている時に、8万ボルト電圧を生み出せる帯電ベルト式静電起電機を製作した(ヴァンデグラフ起電機)。

1931年にはマサチューセッツ工科大学に移り、本格的な開発を行って700万ボルトを発生させることができていた。

1934年までマサチューセッツ工科大学の研究員を務め、その後は1960年までマサチューセッツ工科大学の准教授を務めた。

1935年、ヴァンデグラフ起電機の開発特許を得た。

1936年エリオットクレッソンメダル英語版を授与された。

1965年静電加速器の開発でアメリカ物理学会よりT.ボナー賞を受賞する。

1967年1月16日にマサチューセッツ州ボストンで亡くなる。

特許編集

注釈・脚注編集

注釈編集

  1. ^ 日本語の表記ではファン・デ・グラーフファン・デ・グラフバン・デ・グラーフバン・デ・グラフヴァン・デ・グラーフとも表す。

脚注編集

  1. ^ バン・ド・グラーフ - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年12月29日閲覧。
  2. ^ 1935年2月12日: Patent granted for Van de Graaff generator”. APS News. (2011年2月) 

参考文献編集