ロボフレンド』(原題:Too Much)は、1987年アメリカ合衆国日本合作コメディ映画

ロボフレンド
Too Much
監督 エリック・ローシャ英語版
脚本 エリック・ローシャ
ジョアン・ライン
製作 メナヘム・ゴーラン
ヨーラム・グローバス
出演者 ブリジット・アンデルセン 英語版
渡辺裕之
深沢政雄
音楽 ジョージ・S・クリントン 英語版
撮影 木村大作
編集 アラン・ヤコボビッツ
製作会社 キャノン・フィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1987年6月5日[1]
日本の旗 1988年
上映時間 89分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
日本の旗 日本
言語 英語
日本語
テンプレートを表示

日本では劇場未公開であるが、1988年VHSが発売された。

概要編集

1986年公開の『ショート・サーキット』に触発されたキャノン・フィルムズが、全編オール日本ロケを敢行して製作された、少女とロボットの友情を描いたコメディアクション映画[2]

冒頭に森田健作主演の日清食品「めんコク」のCMや、竹の子族が映るなど、時代設定は1983年頃である。

東宝が製作協力をしており、撮影スタッフの約8割が日本人で構成され、木村大作撮影監督を担当した事で知られる。

ロボットの造形オガワモデリングが担当した。

主演のブリジット・アンデルセンは、本作が自身最後の映画出演となった。

ストーリー編集

父の仕事で日本を訪れた少女・スージーは、ハイテクグッズだらけの家に住む、天才エンジニア哲郎の家に泊まる事になる。

しかし、英語の分かる友達のいないスージーはいつも独りぼっち。そんな彼女のために、哲郎がマルチロボットをプレゼントする。スージーはロボットにT・M(“Too Much”の略)と名付け、2人は次第に離れられない仲になっていく。

そして帰国の日、スージーはT・Mを連れ、空港を脱出。捜索に乗り出す警察とT・Mのプログラムの秘密を探ろうとする悪徳科学者Dr.フィンケルに追われる事となり…

スタッフ編集

キャスト編集

脚注編集

[脚注の使い方]