メインメニューを開く

ローマの恋』(ローマのこい、イタリア語: Un amore a Roma, 「ローマにおける恋愛」の意)は、1960年製作・公開、ディーノ・リージ監督によるイタリアフランス西ドイツ合作映画である[1][2][3]イタリア式コメディの1作。

ローマの恋
Un amore a Roma
監督 ディーノ・リージ
脚本 エンニオ・フライアーノ
原作 エルコーレ・パッティ
製作 マリオ・チェッキ・ゴーリ
出演者 ミレーヌ・ドモンジョ
エルザ・マルティネッリ
ピーター・ボールドウィン
音楽 カルロ・ルスティケッリ
撮影 マリオ・モントゥオーリ
編集 オッテロ・コランジェーリ
製作会社 イタリアの旗 レティシア・フィルム、フェア・フィルム、CEIインコム
フランスの旗 レ・フィルム・マルソー、コシノール
西ドイツの旗 アルファ・フィルム
配給 イタリアの旗 CEI インコム
西ドイツの旗 コンスタンティン・フィルム
日本の旗 日本ヘラルド映画
フランスの旗 コシノール
公開 イタリアの旗 1960年11月24日
西ドイツの旗 1961年3月17日
日本の旗 1962年5月30日
フランスの旗 1962年8月1日
上映時間 113分
製作国 イタリアの旗 イタリア
フランスの旗 フランス
西ドイツの旗 西ドイツ
言語 イタリア語
テンプレートを表示

略歴・概要編集

本作は、1960年、イタリアの製作会社レティシア・フィルム、マリオ・チェッキ・ゴーリが同年設立した製作会社フェア・フィルム、CEI インコム、フランスの製作会社レ・フィルム・マルソーとメジャー映画会社コシノール西ドイツ西ベルリンのアルファ・フィルムが共同で製作、イタリアの首都ローマ市内およびカンパニア州ナポリ県カプリ島ロケーション撮影、ローマにあるチネチッタ撮影所およびインコム撮影所でセット撮影を行い完成、同年11月24日にCEIインコムの配給によりイタリア国内で、翌1961年3月17日にコンスタンティン・フィルムの配給により西ドイツ国内で、さらに翌年の1962年8月1日にコシノールの配給によりフランス国内で、それぞれ公開された[1]

日本では、日本ヘラルド映画が輸入し、フランス公開よりも2か月早い同年5月30日、同社の配給により公開された[1][2][3]。日本でのビデオグラムは、2010年8月現在発売されていない[3]

2009年9月10日第66回ヴェネツィア国際映画祭で上映された[1]

スタッフ編集

キャスト編集

クレジット順
クレジット外

関連事項編集

編集

  1. ^ a b c d Love in Rome, Internet Movie Database (英語), 2010年8月31日閲覧。
  2. ^ a b ローマの恋、キネマ旬報映画データベース、2010年8月31日閲覧。
  3. ^ a b c ローマの恋、allcinema ONLINE、2010年8月31日閲覧。
  4. ^ Otello Colangeli - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月31日閲覧。
  5. ^ Armando Romeo - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月31日閲覧。
  6. ^ Anna Glori - インターネット・ムービー・データベース(英語), 2010年8月31日閲覧。

外部リンク編集