ローラン・ギャロス

フランスの飛行家

ウジェーヌ・アドリアン・ローラン・ジョルジュ・ガロスEugène Adrien Roland Georges Garros1888年10月6日 - 1918年10月5日)通称ローラン・ガロスRoland Garros フランス語発音: [ʁɔlɑ̃ ɡaʁos])は、インド洋のフランス領レユニオンサン=ドニ出身のフランスの飛行家。世界で初めて地中海横断飛行に成功した。第一次世界大戦でのエースパイロットである。

ローラン・ガロス
(1888-10-06) 1888年10月6日 - 1918年10月5日(1918-10-05)(29歳)
Roland Garros 1910.jpg
ローラン・ガロス(1910年)
生誕 フランスの旗 フランス領レユニオンサン=ドニ
死没 フランスの旗 フランス アルデンヌ県 ヴージエ
所属国 フランスの旗 フランス共和国
所属組織 フランス空軍
勲章 レジオンドヌール勲章シュヴァリエ(1913年)
レジオンドヌール勲章オフィシエ(1918年)[1]
墓所 フランスの旗 フランス アルデンヌ県 ヴージエ
テンプレートを表示

人物編集

1913年9月23日地中海横断飛行をおこなったパイロットとして知られていたギャロスは、第一次世界大戦が始まるとフランス空軍に加わった。

牽引式の戦闘機機銃の命中率をあげるため、プロペラに防弾板をとりつけ、飛行機前面に取り付けた機銃でプロペラの回転面内を通して射撃をおこなう画期的方法を考案した。1915年4月の実戦投入後、すぐに3機を撃墜する戦果を挙げた。

1915年4月18日に撃墜され、ドイツ領内に不時着した。アイデアはフォッカー E.IIIなどに模倣され、改良されたプロペラ同調機関銃は、逆にドイツ機優越の原因となった。

1918年2月、捕虜収容所から脱走して、再び空軍に復帰したが、10月5日ヴージエ近郊サン=モレルで撃墜され死亡した。まだ29歳11ヶ月だった(誕生日の僅か一日前である)。

 
プジョー・306のローラン・ギャロスエンブレム

ローラン・ギャロス・トーナメントと呼ばれるテニス全仏オープンと、その会場となるスタッド・ローラン・ギャロスは、ギャロスの功績を讃えて命名された。

また、このトーナメントのスポンサーである自動車会社のプジョーでは、濃緑の塗色と本革内装を組み合わせた、ローラン・ギャロス・エディションを、歴代量販モデルに設定している。

脚注編集

  1. ^ Certificate of the legion of honour culture.gouv.fr . Retrieved 18 April 2019

関連項目編集

外部リンク編集