ヴィクトル・トロコンスキー

ヴィクトル・アレクサンドロヴィチ・トロコンスキーロシア語: Виктор Александрович ТолоконскийViktor Aleksandrovich Tolokonskii1953年5月27日 - )は、ロシア政治家シベリア連邦管区大統領全権代表、クラスノヤルスク地方知事、ノヴォシビルスク市長補佐官などを歴任した。

ヴィクトル・トロコンスキー
Виктор Александрович Толоконский
Viktor Tolokonsky, 2013.jpeg
ヴィクトル・トロコンスキー(2013年撮影)
生年月日 (1953-05-27) 1953年5月27日(68歳)
出身校 ノヴォシビルスク国民経済大学(現在のノヴォシビルスク経済・行政大学
前職 経済学者
現職 シベリア連邦管区大統領全権代表

在任期間 2014年5月12日 - 2017年9月29日

ロシアの旗 シベリア連邦管区大統領全権代表
在任期間 2010年9月9日 - 2014年5月12日

当選回数 2回
在任期間 1999年12月 - 2010年9月9日

在任期間 1996年 - 1999年
テンプレートを表示

1974年ノヴォシビルスク国民経済大学(現在のノヴォシビルスク経済・行政大学)を卒業する。1978年ノヴォシビルスク大学を修了している。1978年から1981年まで、母校のノヴォシビルスク大学、ノヴォシビルスク国民経済大学で教壇に立ち政治経済学を教えている。1981年から1991年まで、ノヴォシビルスク州で地域計画委員会議長、計画・経済管理総局次長などの官職を歴任した。 この間、1978年にソ連共産党に入党している(1991年離党)。[1]1991年ノヴォシビルスク市副市長を経て、1993年から1999年までノヴォシビルスク市長。この間、1994年ノヴォシビルスク市議会議長、シベリアおよび極東市長会会長に選出。1996年3月ノヴォシビルスク市長に再選される。1997年5月ロシア地方政策評議会議員。1998年ロシア連邦大統領付属地方自治評議会議員。

1999年12月ノヴォシビルスク州知事に選出される。知事就任に伴い、2000年2月16日からロシア連邦議会上院連邦会議議員に選出された。ロシア都市同盟副議長。2005年10月11日、与党統一ロシア総評議会幹部会員に選出されている。[2]

2007年7月8日ウラジーミル・プーチン大統領によって知事に再び任命された。任期は5年[3]

2002年からロシア連邦議会下院国家会議議員。 2007年7月12日、ノヴォシビルスク州議会は、トロコンスキーが知事に任命されたことを受けて知事に承認した[4]

2010年9月9日ドミートリー・メドヴェージェフ大統領は、トロコンスキーのノヴォシビルスク州知事解任とシベリア連邦管区大統領全権代表に任命する大統領令に署名した[5][6][7][8]。また、トロコンスキーの後任にはヴァシーリー・ユルチェンコ第一副知事が昇格した[9]。2017年9月に州知事を退任。

私生活では、夫人との間に二男を儲けている。

脚注編集


公職
先代:
レフ・クズネツォフ
  クラスノヤルスク地方知事
2014 - 2017
次代:
アレクサンドル・ウススロシア語版
先代:
アナトリー・クワシニン
  シベリア連邦管区大統領全権代表
2010 - 2014
次代:
ニコライ・ロゴシュキン
先代:
ヴィタリー・ムハロシア語版
  ノヴォシビルスク州知事
1999 - 2010
次代:
ヴァシーリー・ユルチェンコ
先代:
(創設)
  ノヴォシビルスク市長
1996 - 1999
次代:
ウラジーミル・ゴルディスキーロシア語版