ヴィネグレットソース

ヴィネグレットソースフランス語: sauce vinaigrette, vinaigrette)とは、冷たいソースの一種でサラダに使われることが多い。

概要編集

フランス料理における最も基本的なサラダドレッシングなので、フレンチドレッシングとも呼ばれることもある。サラダ油を1:3の割合でよく混ぜ、胡椒で調味したもの。酢の代わりにレモン汁を用いても美味である。酢を使うソースなので、作る際はアルミのボウルは使わない[1]

乳化ソースの一種だが、マヨネーズなどよりも流動性が高く、とろみや安定性はあまり重視されない。表面積の広い葉物野菜和える調理法に向いている。野菜を洗った時に、残った水気がソースを分離させる原因となるので、しっかり水気を切ってから和えると、美味しく仕上る[2]

アメリカ合衆国で生まれた「フレンチドレッシング」(French dressing)は、ヴィネグレットに砂糖またはケチャップを混ぜたものであり、フランスでは見られない。

様々なバリエーション編集

このソースに色々な食材を加えて、風味のバリエーションを楽しむことができる。

ソース・ヴィネグレット・レフォール(sauce vinaigrette raifort)
すりおろしたホースラディッシュ(セイヨウワサビ)を加えたソース。
ソース・ヴィネグレット・トマート(sauce vinaigrette tomate)
裏ごししたトマトを加えたソース。
ソース・ヴィネグレット・ジャンジャンブル(sauce vinaigrette gingembre)
すりおろしたショウガを加えたソース。

出典編集

  1. ^ アルミを使った容器にお酢を入れてもいいですか?”. faq.mizkan.dga.jp. 2020年2月7日閲覧。
  2. ^ Harold McGee『マギー キッチンサイエンス』2008年、共立出版 p.617