ヴィラ九条山

フランス政府の国外文化施設

ヴィラ九条山(ヴィラくじょうやま、Villa Kujoyama)は、アンスティチュ・フランセ日本が運営するアーティスト・イン・レジデンス京都府京都市に所在する。

ヴィラ九条山

Front of Villa Kujoyama.jpg

情報
用途 アーティスト・イン・レジデンス、文化施設
設計者 加藤邦男、加藤研究室
施工 清水建設
建築主 財団法人日仏文化協会
管理運営 アンスティチュ・フランセ日本
構造形式 RC造
敷地面積 2,515.69 m²
建築面積 736.28 m²
延床面積 1,164.27 m²
階数 地上3階、地下2階
着工 1990年9月
竣工 1992年11月
改築 2014年
所在地 607-8492
京都市山科区日ノ岡夷谷町17-22
座標 北緯35度0分18秒 東経135度47分35秒 / 北緯35.00500度 東経135.79306度 / 35.00500; 135.79306座標: 北緯35度0分18秒 東経135度47分35秒 / 北緯35.00500度 東経135.79306度 / 35.00500; 135.79306
テンプレートを表示

1986年フランス政府1927年に建設された関西日仏学館の跡地活用を決め、1992年に関西日仏交流会館として竣工した。2014年改築[1][2]

フランスの国外アーティスト・イン・レジデンスとしては他にヴィラ・メディチカサ・デ・ヴェラスケスがある。

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

  • 加藤邦男「ヴィラ九条山の誕生」 : ミッシェル・ワッセルマン教授最終講義に寄せて。」『立命館国際研究』第26巻第4号、2014年3月、 715-741頁、 NAID 110009795291

関連項目編集

外部リンク編集