メインメニューを開く

一つ森公園(ひとつもりこうえん)は、秋田県秋田市にある都市公園(総合公園)である[1]

一つ森公園
Hitotsumori Park
Hitotsumori-Park Yuugitei.jpg
公園のシンボル「友誼亭」(2011年10月21日)
分類 都市公園(総合公園)
所在地
秋田県秋田市下北手桜蛭沢141−7
座標 北緯39度42分0.33秒 東経140度8分26.17秒 / 北緯39.7000917度 東経140.1406028度 / 39.7000917; 140.1406028座標: 北緯39度42分0.33秒 東経140度8分26.17秒 / 北緯39.7000917度 東経140.1406028度 / 39.7000917; 140.1406028
面積 700,800m2
開園 1986年昭和61年)4月10日
運営者 秋田市
設備・遊具 多目的広場、自由広場、日本庭園、サクラ広場、ロックガーデン等
駐車場 4か所(普通車354台・バス6台)
アクセス 秋田駅より車で約10分
告示 1983年昭和58年)3月17日
公式サイト 秋田市公園課 一つ森公園
テンプレートを表示

概要編集

秋田市中心部から南東に約2.5kmほど離れた郊外にあり、楢山字石塚谷地から下北手桜、上北手百崎、上北手荒巻にまたがる一帯の山域を公園域とする(秋田市中央地域、東部地域、南部地域の境目にあたる[2])。

当初は「金照寺山東部公園」として計画され[3][4]1986年(昭和61年)の開園に際し、公募により一つ森公園と命名された[5]

市民の休息・鑑賞・散策・スポーツ等、総合的なレクリエーション利用を目的に、園内の施設は大別して日本庭園、ロックガーデンなどからなる静的レクリエーション施設と、体育館、ジョギングコースなどからなる動的レクリエーション施設からなる。

沿革編集

  • 1983年(昭和58年)3月17日 - 都市計画公告。
  • 1986年(昭和61年)4月10日 - 公園の開園式が行われる。公園の名称が公募により一つ森公園に決定[5]
  • 1987年(昭和62年)4月17日 - 園内に中国蘭州市との友好提携5周年を記念して建設されたあずまや「友誼亭」が竣工[6]
  • 1988年(昭和63年) - 園内に旧黒澤家住宅を移築。
  • 1989年(平成元年)4月21日 - 旧黒澤家住宅の一般公開を開始[7]
    • 5月19日 - 旧黒澤家住宅が国の重要文化財指定を受ける。
  • 1993年(平成5年)8月 - コミュニティ体育館が完成。
  • 2000年(平成12年)3月 - 弓道場を開設。
  • 2007年(平成19年)4月 - 体育館南側広場とジョギングコースが開設され、公園の造成工事がすべて完了した。

園内の施設編集

静的レクリエーション施設編集

  • 日本庭園 - 約15,000m2日本庭園が整備されている。
  • ロックガーデン - 大小の鳥海石約1,300個を用いたロックガーデン
  • 入口広場 - 公園東側、秋田県道41号秋田昭和線(都市計画道路横山金足線)側からの入り口にあたる広場。
  • 自由広場 - コミュニティ体育館北側、「友誼亭」ほかあずまや等が設置されている芝生の広場。炊事場とカマドを設置している。
    • 友誼亭 - 自由広場内にある、中国蘭州市との友好提携5周年を記念して建設されたあずまやである。蘭州市側の設計をもとに、「六角一層瓦葺」という中国の伝統的な建築様式に則って建設された。建築面積は約14m2、高さ10.78m。

旧黒澤家住宅編集

旧黒澤家住宅
 
旧黒澤家住宅(2011年10月21日)
情報
管理運営 秋田市立佐竹史料館
敷地面積 1,512.56m2
開館開所 1989年(平成元年)4月21日[7]
所在地 秋田市楢山字石塚谷地297番地99
文化財 重要文化財
指定・登録等日 1989年(平成元年)5月19日
備考 1988年(昭和63年)に現在地に移築。
テンプレートを表示

久保田藩の500石取りの上級武士だった黒澤家の旧宅。江戸期を通じて芳賀家、赤田家、吉成家、平井家、黒澤家と、持ち主が変遷している。久保田城下の東根小屋町(現在の中通三丁目)に所在していたが、1985年(昭和60年)に黒澤家から秋田市へ寄付され、1988年(昭和63年)に本公園内に移築された。母屋、表門は18世紀前半の築、表門は長屋門形式である。氏神堂、米蔵、土蔵は19世紀の築。母屋のみならず、附設の表門、木小屋、土蔵等、屋敷の施設群が一体として良好な状態で残っていたことから、1989年(平成元年)に国の重要文化財に指定されている。建物は秋田市立佐竹史料館が管理している。

入館料・開館時間等編集
開館時間
9:00-16:30
休館日
年末年始(12月29日 - 1月3日)
入館料
  • 一般:100円(団体80円)
  • 高校生:50円(団体40円)

動的レクリエーション施設編集

  • コミュニティ体育館 - バスケットボールコート2面が取れるサイズのアリーナと、トレーニングルームを備えた体育館。利用時間は午前9時から午後9時まで。年末年始(12月29日 - 1月3日)のみ休館。
  • テニスコート - 砂入り人工芝コート2面を設置。4月1日 - 11月30日まで開場。利用時間は午前9時から午後5時まで(4月および9月 - 11月)、午前9時から午後7時まで(5月 - 8月)。
  • 弓道場 - 近的競技用(6人立ち)。弓道場は秋田市教育委員会スポーツ振興課の管理である。
  • ジョギングコース
  • 多目的広場
  • 体育館南側広場 - 園内で最後に整備された広場。アスレチック遊具10基が設置されている。

その他編集

  • サクラ広場
  • ツツジ園
  • ナナカマドの径

交通アクセス編集

周辺編集

脚注編集

  1. ^ 都市公園明細表(秋田市)
  2. ^ 楢山は中央地域、下北手桜は東部地域、上北手百崎、上北手荒巻は南部地域に該当
  3. ^ a b かつては1つの山であったが、奥羽本線開通時に掘割によって分断された。
  4. ^ 平成24年度版 秋田市の公園緑地 (PDF)”. 秋田市 建設部公園課. pp. 16-17. 2012年9月25日閲覧。においても、その旨が記載されている。
  5. ^ a b 広報あきたオンライン 1986年4月20日号”. 秋田市. 2012年9月25日閲覧。
  6. ^ 広報あきたオンライン 1987年4月20日号”. 秋田市. 2012年9月25日閲覧。
  7. ^ a b 広報あきたオンライン 1989年4月10日号”. 秋田市. 2012年9月25日閲覧。

外部リンク編集