一の橋公園

一の橋公園(いちのはしこうえん)は、東京都港区にある港区立の公園である。一の橋親水公園とも呼ばれる[1]

現在付近では東京都による古川地下調節池工事が行われており、公園は2010年平成22年)2月中旬から利用中止となっている。

概要編集

上には首都高一ノ橋ジャンクション、下には古川が走っている。この古川により2分割された公園である。入り口には水をくぐるかのようなアーチ、夜間ライトアップされる湧水を利用した噴水などと水が多用されており、また遊具や2分割された公園をつなぐ橋などは木製である。

「船の広場」には木製の船が設置されていたが、2005年平成17年)11月21日、老朽化のため急遽解体された。当分の間は広場としての利用にとどまるが、2007年平成19年)度には新たな遊具が新設される見込みである。

麻布十番納涼祭りにおいては毎年、国際バザールの会場として使われ、各国大使館の協力により各国料理などが振る舞われる。2010年平成22年)の麻布十番祭りにおいては、公園が工事中であったことから国際バザールは開催されず、以後の開催は不明である。

一の橋公園は、江戸時代末期に浪士組の清河八郎が暗殺された場所でもある。

その他編集

  • 2006年平成18年)秋に、マドンナPVの数シーンがこの公園で撮影された。
  • 映画「バベル」における菊地凛子演じるチエコが友人や行きずりの男たちと戯れるシーンが、この公園で撮影された。
  • ドラマ『東京ラブストーリー』(1991年)が、この公園で撮影された[1]。映像はオープニング最後のキスシーンに使われている。
  • 漫画『美少女戦士セーラームーン』(1992年)の第2巻(初版、愛蔵版とも)に、この公園での場面が描かれている。上記の「東京ラブストーリー」のロケを意識していることは初版第2巻のあとがきにも書かれており、作中でも変身して戦うシーンではなく主人公うさぎと恋人・衛のラブシーンが描かれている。近隣の麻布十番も作品全体の舞台になっている。

最寄り駅編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 桜満開! 港区・ドラマロケ地めぐり Part2”. 港区産業観光ネットワーク. 2013年10月13日閲覧。

外部リンク編集

座標: 北緯35度39分21.1秒 東経139度44分15.2秒 / 北緯35.655861度 東経139.737556度 / 35.655861; 139.737556