メインメニューを開く

一ノ宮 美成(いちのみや よしなり、1949年 - )はフリーランスジャーナリスト大分県出身。

目次

人物編集

同志社大学文学部卒業後、新聞記者(紙名未詳)を経てフリーランス。『蠢く懲りない面々』『同和利権の真相』シリーズなどの著書でグループK21寺園敦史らとともに部落解放同盟などが長年貪ってきた同和利権に対する批判記事を執筆。とくにハンナン事件を疑惑の段階から報道を続け結果として浅田満逮捕への道を開いた。その後も大阪市と部落解放同盟関係者・関連団体との癒着ぶり(飛鳥会事件で逮捕される小西邦彦やのちに破たんする芦原病院への補助金の流れなど)も2006年に問題が発覚する以前に報じ、關淳一市政(2期目)以降の大阪市役所の同和予算打ち切り措置にも大きな影響を与えた。


著書編集

単著編集

  • 『女子大生セクハラ事件の深層』(かもがわ出版, 2000年)横山ノックセクハラ事件の顛末とその深層について

共著編集

以下、特記なきものは「グループK21」と。

  • 『闇の帝王〈許永中〉』
  • 『追跡20年! 闇の帝王〈許永中〉』(宝島文庫(宝島社), 2001年)
  • 『西本願寺「スキャンダル」の真相!』(宝島社, 2001年)
  • 『同和利権の真相』シリーズ(宝島社)
  • 湯浅俊彦・グループK21)『京都に蠢く懲りない面々』(講談社+α文庫, 2004年 他に「関西」篇、「大阪」篇あり)
  • 『ハンナン浅田満「食肉利権」の闇』(宝島社, 2004年)
  • 『武富士 サラ金帝国の闇』(講談社, 2004年 / 講談社+α文庫, 2006年)
  • ベンジャミン・フルフォード呉智英溝口敦寺澤有)『実録!平成日本タブー大全』シリーズ
  • 『大阪・役人天国の果てなき闇』(講談社, 2006年)
  • 『橋下「大阪改革」の正体』(講談社, 2008年)
  • 『黒い都知事 石原慎太郎』(宝島社, 2011年)
  • 『橋下徹のカネと黒い人脈』(宝島社, 2012年)

脚注編集


外部リンク編集

  • 公式ブログ 2009年5月16日限りで“都合により”更新停止