一切なりゆき(いっさいなりゆき)は、樹木希林が著者の書籍。

概要編集

2018年12月、文藝春秋から文春新書で出版[1]

樹木希林は1985年から雑誌記事に多くの言葉を遺す。その中から厳選された154の言葉[1]

2019年1月、累計発行部数が50万部を突破[2]

2019年3月、累計発行部数が100万部を突破[3]

2019年9月、累計発行部数が150万部を突破。トーハン日本出版販売の調べで2019年上半期ベストセラー1位[4]

2019年のトーハンと日本出版販売の調べで、年間ベストセラー1位[5]

脚注編集

  1. ^ a b 文春新書『一切なりゆき 樹木希林のことば』樹木希林 | 新書” (日本語). 文藝春秋BOOKS. 2022年1月19日閲覧。
  2. ^ 樹木希林さんの名言を集めた『一切なりゆき』が累計発行部数50万部を突破” (日本語). RBB TODAY. 2022年1月19日閲覧。
  3. ^ 「一切なりゆき」樹木希林さんの著書、100万部突破:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2022年1月19日閲覧。
  4. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年9月16日). “樹木希林さん著書、150万部突破” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月19日閲覧。
  5. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2019年11月28日). “年間ベストセラー総合1位は樹木希林さんの「一切なりゆき」 あらゆる世代から支持” (日本語). 産経ニュース. 2022年1月19日閲覧。