樹木希林

日本の女優 (1943-2018)

樹木 希林(きき きりん、1943年昭和18年〉1月15日[1][4] - 2018年平成30年〉9月15日[5])は、日本女優。戸籍名:内田 啓子(うちだ けいこ)[1][2]、旧姓:中谷(なかたに)[1][3]。旧芸名は悠木 千帆[1](ゆうき ちほ、初代)。

きき きりん
樹木 希林
樹木 希林
オデッサ国際映画祭にて(2015年
本名 内田 啓子うちだ けいこ
旧姓中谷なかたに[1][2][3]
別名義 悠木 千帆[1]
生年月日 (1943-01-15) 1943年1月15日
没年月日 (2018-09-15) 2018年9月15日(75歳没)
出生地 東京府東京市神田区
(現・東京都千代田区[1][4]
死没地 東京都渋谷区[1]
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 1961年 - 2018年
活動内容 1961年 - 文学座に入団
配偶者 岸田森[4]1964年 - 1968年
内田裕也1973年 - 2018年)[4]
著名な家族 内田也哉子(長女)[4]
本木雅弘(娘婿)
内田伽羅(孫娘)
三浦聡子(姪)
主な作品
テレビドラマ
大江戸捜査網』第1シリーズ
時間ですよ
寺内貫太郎一家
ムー
ムー一族
影の軍団シリーズ
岡っ引どぶシリーズ
夢千代日記
はね駒
はみだし刑事情熱系
映画
夢千代日記

東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜[4]
歩いても 歩いても
わが母の記
あん
万引き家族
日日是好日
広告
ピップエレキバン』(ピップフジモト
フジカラー』(富士フイルム
 
受賞
東京国際映画祭
特別賞
2015年
日本アカデミー賞
最優秀主演女優賞
2008年東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
2013年わが母の記
最優秀助演女優賞
2011年悪人
2019年万引き家族
優秀主演女優賞
2016年あん
優秀助演女優賞
1986年夢千代日記
1989年郷愁』『つる -鶴-
1992年戦争と青春』『大誘拐
1994年夢の女
2003年Returner
2005年半落ち
2009年歩いても歩いても
2019年日日是好日
ブルーリボン賞
助演女優賞
2009年『歩いても歩いても』
その他の賞
キネマ旬報ベスト・テン
助演女優賞
2008年『歩いても 歩いても』
ボストン映画批評家協会賞
アンサンブル演技賞
2018年『万引き家族』
毎日映画コンクール
女優助演賞
2018年『万引き家族』
テンプレートを表示

東京府東京市神田区(現・東京都千代田区)出身[1][6]。 2番目の夫は内田裕也。間に娘・内田也哉子がいる。夫とは長く別居を続けていた[7]

父は薩摩琵琶奏者・錦心流の中谷襄水(辰治)(1917年 - 1989年)[1][4]。妹も薩摩琵琶奏者の荒井姿水(昌子)。その息子も薩摩琵琶奏者の荒井靖水。

来歴 編集

生い立ち 編集

父は若い頃は警察官で希林が幼稚園の頃は会社勤めをしており、趣味で薩摩琵琶奏者をしていた[8]。警察官時代は神田界隈を管轄としていて[6]神田神保町カフェ「東宝」を経営していた母と知り合い結婚[4][9]。父は結婚後にカフェの主人になり[6][8]、一種のヒモであった[8]。母は父より7歳上で、二人の先夫との間にはそれぞれ一人ずつ子があった[8]。母は横浜市中区野毛に料理店「叶家」を開いており、樹木にとって母方の実家にあたる[10][11]

千代田女学園に入学後は演劇部に在籍、食いっぱぐれのないようにと薬剤師を目指していたが、数学ができず大学受験にあまり気乗りしていなかった。受験直前に気晴らしとしてスキーをしに、友人のいる夕張へと向かう父について行ったが、地元の子たちと滑っているうちに尻餅をつき足を骨折したため、大学受験を断念せざるをえなくなった[12][13]。学校の卒業式にも出席できず、新たな一歩を踏み出そうとしている同級生と家でじっとしている自分を比べて、絶望感や疎外感を抱えていたという。

そんなとき、戦後初めて三大劇団が研究生を募集している旨の記事を新聞で見つけ[8]、どこか毎日通えるような学校はないかと考えていた希林は願書を取り寄せることにする。文学座劇団俳優座劇団民藝の順番で試験があり、一番早かった文学座の試験のみを受けた。一次試験は約千人いたが合格し、1961年に文学座一期生として付属演劇研究所に入る[1][6][8]

長岡輝子からは、「あんたはね、耳がいいから入ったのよ」「自分のセリフだけ覚えて言うんじゃなくて、人のセリフを聞いてる」というように、「耳がいい」ことが合格の理由であると説かれた。文学座付属演劇研究所での同期に、小川眞由美橋爪功寺田農北村総一朗岸田森草野大悟がいる。

女優活動をスタート 編集

「悠木千帆」名義で女優活動をスタートする[1][4]。この芸名は「芸能界では“勇気”が必要」として父親が考案し(最初は、勇気凜々という言葉から『悠木凜子』という名を提案された)、千帆は版画家前川千帆から採られた[14]。文学座研究所では「あんた、勘のいい子ねッ、来てちょうだい」と杉村春子付け人を務め[6][8]、1962年の小津安二郎監督『秋刀魚の味』の撮影に同行[8][15]。1963年、文学座の分裂で、杉村から「あんた残ってちょうだい」と頼まれ[8]、1965年に文学座の正座員となるが[8]、1966年に文学座を退団[1][8]。1964年に森繁久彌主演のテレビドラマ『七人の孫』にレギュラー出演し、一躍人気を獲得した[4][6][16][注 1]。この頃、叔父の知人・長沢節が主宰するセツ・モードセミナーにも通い、当時の若者のファッションで街を闊歩していた[4]

樹木は森繁と杉村について、「それまで新劇にいてまじめな芝居しかやってこなかったんで、森繁さんが本を無視して、どんどんその場でつくっていく面白さに最初の頃は洗礼を受けました。森繁さんと杉村さんの違いは、森繁さんは自分を表現していこうとする人、杉村さんは書かれた台詞から多彩なニュアンスを含ませて言う。結果、名作が残ったんですよね。この二つを同時代に同時に見てきたわけですから、両方のいいとこを取り入れていけば、まだ食っていけるという気はしていました」と語っている[17][8](ある作品で遅筆だった向田邦子に痺れをきらし「筋だけ書いてよ、後はこっちでなんとかする」と自分勝手な発言をして喧嘩に発展した事もあった[18][4])。しかしその後、2008年是枝裕和監督『歩いても 歩いても』でキネマ旬報ベスト・テン助演女優賞を受賞した際の『キネマ旬報』のインタビューでは、「(ここまでのキャリアを振り返ると)やっぱり、映画は脚本が第一、監督が二番目、三番目が映像で、役者はその後ですよ。優れた脚本と監督に出会ったら、何も変なことをする必要はない。遅いけど、脚本や監督に何も文句を言わなかった杉村さんの凄さが今になって分かりました」と話した[19][4]

七人の孫』で出会った演出家・久世光彦と組んだ1970年のテレビドラマ『時間ですよ』(TBS)で不動の人気を得る[8]。1974年にTBSで放送されたドラマ『寺内貫太郎一家』では、小林亜星が演じた主役の貫太郎の実母を演じた[4]。実年齢は小林より10歳以上若く、頭髪を脱色し「老けメイク」を施し、当時30代前半のまだまだ若手との不自然さを隠すため、劇中は指ぬき手袋を外さなかった。本作品の劇中において、寺内家の母屋でドタバタ騒ぎが始まると、自分の住む離れに駆け込み、仏壇の横に貼られた沢田研二のポスターを眺めて「ジュリーィィィ!!」と腰を振りながら悶えるシーンが話題となる。

1967年11月、個人事務所「有限会社希林館」を設立[20][21]。また1970年代には、安田道代と2人で芸能事務所を興しており、岸部一徳を所属させた[22]

芸名の売却と改名 編集

1977年4月1日、『日本教育テレビ』(NETテレビ)から『全国朝日放送』(テレビ朝日)への局名・会社名称変更を記念して放送された、特別番組『テレビ朝日誕生記念番組・わが家の友だち10チャンネル徹子のナマナマ10時間半完全生中継』の中のオークションコーナー「にんげん縁日」で、「売る物がない」との理由で、特に思い入れが無かったという自身の芸名「悠木千帆」を競売にかけた[23][24]。このことは、この放送前にスポーツ紙で報道されたこともあって、つかこうへいから「200万円で買うから、そんなバカなことはやりなさんな」とたしなめられて持ち掛けられたこともあったが、これを断った[25][26]。最初1円から始まったこのオークションは結局、2万200円で通りすがりの東京・青山ブティックを経営する服飾デザイナーの女性がこの名前を落札し[25]、その落札金はチャリティーとして寄付した[26]。落札した旧名はこの女性から無償で2004年に女優の山田和葉に譲渡された(悠木千帆 (2代目) も参照)。

芸名の売却後、芸名を本名の内田啓子にすることも考えていたが、内田裕也が「(内田を芸名にすると)俺の個性が君の芸にからむようでまずい」と反対し、改めてTBSプロデューサーの久世光彦らが同席して新芸名を考える会議を行ったが、久世から「そんなイージーな役者は死ね」と叱られたほどだった[27][28]。その久世からは「芸名が変わると誰だかわからなくなるから、買い戻してくれないか」とも、「『母啓子』(ははけいこ)という芸名はどうだ。年をとったら、母に濁点付けて『母゛(ババ)啓子』だ」とも言われたことがあった[14]。仕方なく、辞書を引いて文字を拾いながら決めることにし、この4文字から「樹や木が集まり希(まれ)な林を作る=みんなが集まり何かを生み育てる」ということを連想し、自ら樹木希林に決めた[27][24]。しかし、この由来は改名後に受け取ったある人物からの手紙に書かれていたことを気に入って採用したものだと、BS日テレおぎやはぎの愛車遍歴 NO CAR, NO LIFE!』において自ら語っている。本人は「『危機感』にもつながるような発音で、この語調にずっこけたような感じもあるから私らしい」と話し[28]、音が重なるのが好きだったということで「『ちゃちゃちゃりん』とかでも良かったが、これでは漢字が当てられなかった」とも話している[14]

打ち上げでの騒動 編集

テレビドラマ『ムー』(1977年)では「お化けのロック」を、『ムー一族』(1978年)では「林檎殺人事件」を共演者の郷ひろみとデュエットし挿入歌としてリリース、ヒットした[1]

1979年1月、『ムー一族』の打ち上げパーティーが行われ、樹木は最後のスピーチを務めたが、その中で番組プロデューサー久世光彦と「近松屋のともこ」役の女優のぐちともこが不倫関係にあり、この時既にのぐちが妊娠8か月であったことを暴露したことから、スキャンダルに発展し騒動となる。関係者の間では「公然の秘密」とされていたが、この場で久世は全てを認め、後に正式離婚し、のぐちと再婚している。久世はこの騒動の影響もありTBSを退社、制作会社「カノックス」を設立する。久世とは結局、1996年放送のドラマ『坊ちゃんちゃん』まで絶縁状態となったが、樹木には周囲と険悪な関係になりながらも「久世さんがああした状況の中でなし崩しにショボショボしていくのが耐えられなかった」、「2人の気持ちを軽くしてやろうと思った」との真意があった。また、こうした場での暴露を非難する声に対しても「ああいう見せかけの優しさが久世さんをダメにした」と反論している[29]

1981年、吉永小百合主演のテレビドラマ『夢千代日記』(NHK)に芸者・菊奴役で出演。作品はシリーズ化されレギュラー出演した。吉永とも意気投合、これが縁となり1980年代は吉永の主演映画に常連として出演した[1]

結婚と離婚 編集

 
岸田森と樹木希林(1966年)

1964年に俳優の岸田森結婚するが[1]、1968年に離婚[1][30]。1973年10月に内田裕也と再婚するが[7]、1年半で別居し[31]、その後別居生活を続けていた[7][32]。1981年、内田が無断で離婚届を区役所に提出するも、樹木は離婚を認めず、離婚無効の訴訟を起こし勝訴した[33]

その後は1年に1回連絡を取り合う程度の関係となったが[33]、2005年1月、乳がんが判明して摘出手術を受けたことを機に連絡は1か月に1回となり、以降毎年1月は一緒にハワイで過ごすようになったという[34]。内田との間に1人娘の内田也哉子がいる[30]

CMが大ヒット 編集

1979年から出演したピップエレキバンの広告での横矢勲ピップフジモト会長(当時)[35]との掛け合いは人気を集めた[36]

また、1978年からフジカラーのCMに出演していたが[37][38]、1980年に放送された『フジカラープリント お名前篇』では、お見合い写真を現像しにきた客(綾小路さゆり[39])役の樹木と写真屋の店員役の岸本加世子との「美しい人はより美しく、そうでない方は…」「そうでない場合は?」「それなりに映ります」というやり取りが流行語となった[37][38]。フジカラーのCMには40年にわたって出演し続け[38]、2002年には消費者の好感度が最も高い女性CMタレント1位に輝いた。

晩年 編集

2003年1月に網膜剥離で左目を失明したことを2004年1月に発売した長嶋茂雄との対談本『人生の知恵袋』で明かす[30][40]

2007年には、「Dream Power ジョン・レノン スーパー・ライヴ2007」に2人の孫と共に出演し、「イマジン」の日本語訳歌詞などを朗読した。

2008年、紫綬褒章を受章[1][16]

2013年3月8日の第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞。そのスピーチにおいて、全身がんであることを告白したが[41]、2014年1月16日に1年半ぶりのがん治療が終了したことを会見で公表している[42]

2018年7月29日・8月5日放送の『ザ・ノンフィクション』(フジテレビ)「転がる魂 内田裕也」のナレーションを担当した[43]。8月13日、大腿骨を骨折したため同月15日に緊急手術を行った。翌16日に予定していた生放送への出演を見送り、電話で出演して状況を報告した[44]

死去 編集

2018年9月15日2時45分、東京都渋谷区の自宅で家族に看取られて死去[45]。75歳没。戒名は「希鏡啓心大姉」[46]。9月30日、東京都港区南麻布の光林寺にて葬儀が執り行われた[47]

同年11月9日から29日までFUJIFILM SQUAREで写真展[48]、11月16日から12月2日までレスリー・キー撮影特別展示『愛・樹木希林』が開催された[49]。2019年6月、初めて自ら企画も手がけた映画『エリカ38[50]が公開された[51]

なお、樹木の死から約半年後の2019年3月17日午前5時33分、夫の内田も死去した[52]

出演 編集

テレビドラマ 編集

映画 編集

劇場アニメ 編集

吹き替え 編集

テレビ番組 編集

ラジオドラマ 編集

広告 編集

レコード・CD 編集

  • お化けのロック(1977年、TBS「ムー」劇中歌、郷ひろみとのデュエット)
  • 林檎殺人事件(1978年、TBS「ムー一族」劇中歌、郷ひろみとのデュエット)
  • 2人のすべて(1995年、TBS「輝け隣太郎」主題歌、唐沢寿明とのデュエット。

受賞歴 編集

対象作品
1986年 日本女性放送者懇談会賞[84]
2005年 第37回芸術選奨文部大臣賞 『はね駒』
2005年 第26回ヨコハマ映画祭助演女優賞 半落ち
2005年 第28回日本アカデミー賞優秀助演女優賞 『半落ち』
2007年 第31回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞 東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜
2007年 第20回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞 『東京タワー 〜オカンとボクと、時々、オトン〜』
2008年 紫綬褒章[16]
2009年 第30回ナント三大陸映画祭最優秀女優賞 歩いても 歩いても
2009年 第33回報知映画賞最優秀助演女優賞 『歩いても 歩いても』
2009年 第51回ブルーリボン賞助演女優賞 『歩いても 歩いても』
2009年 第82回キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞 『歩いても 歩いても』
2009年 第32回日本アカデミー賞優秀助演女優賞 『歩いても 歩いても』
2011年 第34回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞 悪人
2012年 第4回TAMA映画賞最優秀女優賞 わが母の記
2012年 第25回日刊スポーツ映画大賞助演女優賞 『わが母の記』『ツナグ[85]
2013年 第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞 『わが母の記』[16]
2014年 旭日小綬章[16]
2015年 第28回東京国際映画祭 ARIGATO賞[86]
2015年 山路ふみ子映画賞女優賞 あん[87]
2015年 第7回TAMA映画賞 最優秀女優 『あん』『駆込み女と駆出し男』『海街diary[88]
2015年 第40回報知映画賞 主演女優賞 『あん』[89]
2016年 第37回ヨコハマ映画祭 特別大賞 『あん』[90]
2016年 第39回日本アカデミー賞 優秀主演女優賞 『あん』[91]
2016年 第9回アジア太平洋スクリーンアワード 女優賞 『あん』[92]
2016年 第37回ヨコハマ映画祭 特別大賞[90]
2016年 第42回放送文化基金賞・演技賞 いとの森の家[93]
2016年 第10回アジア・フィルム・アワード・特別功労賞[94]
2017年 第26回日本映画批評家大賞・ダイヤモンド大賞(淀川長治賞)[95]
2017年 第66回神奈川文化賞[96]
2018年 第12回ジャパン・カッツ カット・アバブ賞 モリのいる場所[97][98]
2018年 なら国際映画祭特別功労賞[99]
2018年 第43回報知映画賞 助演女優賞[100] 『モリのいる場所』『万引き家族』『日日是好日』
2018年 第31回日刊スポーツ映画大賞・石原裕次郎賞 助演女優賞[101] 『万引き家族』『モリのいる場所』『日日是好日』
2018年 第73回毎日映画コンクール 女優助演賞[102] 『万引き家族』
2018年 第42回日本アカデミー賞 最優秀助演女優賞[103] 『万引き家族』
2018年 第42回日本アカデミー賞 優秀助演女優賞 『日日是好日』
2018年 第35回ATP賞テレビグランプリ 特別賞[104]

関連書籍 編集

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ このドラマで樹木は森繁の影響を強く受け、後に森繁は樹木の演技を見て「あれは俺の演技だ」と語ったという。森繁久弥『大遺言書』[要ページ番号]より。
  2. ^ a b ドラマ初主演。上述のドラマデビュー作にして初レギュラーでもある『七人の孫』で演じ人気を博した、主人公一家の家政婦おとしさんこと野山とし子を主人公としたスピンオフであり、今作も人気を博したので、間隔を置かずに次クールに同枠で題名を変えての続編『ハッスル奥様』が放送された。2019年3月29日に発売されたDVDとして初めてソフト化された[53]

出典 編集

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 樹木希林”. KINENOTE. 2023年12月16日閲覧。
  2. ^ a b “樹木希林さんが死去 最期は自宅で家族に看取られて”. 日刊スポーツ. (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809160000713.html 2021年11月11日閲覧。 
  3. ^ a b 中谷 襄水とは”. コトバンク. 2021年11月11日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n 別冊宝島2551『日本の女優 100人』p.62.
  5. ^ “俳優 樹木希林さん 死去 個性豊かな演技で高い評価”. NHK NEWS WEB (日本放送協会). (2018年9月16日). オリジナルの2018年9月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180916083013/https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180916/k10011632631000.html 2018年9月16日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f “おんなのしんぶん・別所哲也:樹木希林との本音トークを全文掲載”. 毎日新聞 (毎日新聞社). (2014年10月31日). オリジナルの2015年12月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151211125834/https://mainichi.jp/articles/20141031/mog/00m/040/010000c 2018年1月14日閲覧。 
  7. ^ a b c “樹木希林、「別居50年」の内田裕也と離婚しない理由は…”. スポーツ報知. (2017年5月21日). オリジナルの2017年6月5日時点におけるアーカイブ。. https://archive.is/Pv4yi 2017年6月5日閲覧。 
  8. ^ a b c d e f g h i j k l m 斎藤明美「これがはじまり 最終回 樹木希林 『行きがかり上、役者になって、自分にはずっと合っていないなと思いつつ.....。』」『キネマ旬報』2008年12月下旬号、キネマ旬報社、152-155頁。 
  9. ^ 松井清人『オカン、おふくろ、お母さん』 文藝春秋、2006年、71-73頁
  10. ^ 「待ち望んでいた」 閉店1年、横浜・野毛の「叶家」再開 神奈川新聞,2021年10月20日
  11. ^ 野毛『叶家』 70年続く居酒屋 店内も広くて清潔感があり落ちついた佇まい ギリズム,2021年10月20日
  12. ^ 浜美雪「樹木希林」『笑いの女神たち コメディエンヌXファイル』白夜書房、2008年7月15日、100-101頁。ISBN 978-4-86191-391-4 
  13. ^ 樹木希林さん、貫いた“独特”夫婦45年 仕事選びの基準は「順番とギャラ」 スポーツ報知 2018年9月17日
  14. ^ a b c 朝日新聞 2018年5月21日朝刊 文化・文芸欄「語る 人生の贈りもの 樹木希林:10『芸名は「ちゃちゃちゃりん」?』」
  15. ^ 樹木希林 「…鑑定団」司会に立候補!?理由は「セリフ覚えなくていい」宮崎あおい「色気を感じる」と役所広司を絶賛するも、樹木希林は「全然」とバッサリ【読者のみなさまへ】女優・樹木希林ロングインタビュー掲載 「SWITCH」のご紹介
  16. ^ a b c d e f 樹木希林(インタビュー)「スペシャル・インタビュー 樹木希林さん」『TORJA』、2015年10月4日http://torja.ca/interview/kiki-kirin/2016年6月11日閲覧 
  17. ^ 「広告夫婦がゆく!! 今月のゲスト・樹木希林さん」『広告批評』2008年6-7月号、マドラ出版、54-55頁。 
  18. ^ 樹木希林さんが道徳ドラマ「星野君の二塁打」を読んだら?”. サンデー毎日. 牧太郎の青い空白い雲. 毎日新聞出版 (2018年9月25日). 2020年10月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年2月5日閲覧。
  19. ^ 金澤誠「2008年キネマ旬報ベスト・テン助演女優賞 樹木希林 『歩いても 歩いても』により」『キネマ旬報』2009年2月下旬号、キネマ旬報社、48頁。 
  20. ^ Family Tax Express No.067”. 税理士法人ファミリー (2019年4月29日). 2023年11月19日閲覧。
  21. ^ 樹木希林さんは生前、ここまで準備してあの世に旅立った”. 週刊現代 (2019年5月6日). 2023年11月19日閲覧。
  22. ^ ジュリーの横でベース、俳優として樹木希林さんのもとで…岸部一徳の“人生の転機” (2/4) 週刊朝日 2018年11月23日号
  23. ^ プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(1/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  24. ^ a b 樹木希林が旧芸名「悠木千帆」をオークション企画で売却した過去を告白”. トピックニュース (2016年7月18日). 2018年9月23日閲覧。
  25. ^ a b スポーツニッポン 1977年4月2日 13面記事より。
  26. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(2/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  27. ^ a b プレイバック芸能スキャンダル史 旧芸名「悠木千帆」をオークションで売った樹木希林(3/4)”. 日刊ゲンダイ (2014年3月14日). 2018年9月23日閲覧。
  28. ^ a b スポーツニッポン 1977年4月5日 15面記事より。
  29. ^ 【プレイバック芸能スキャンダル史】樹木希林に不倫を暴露された久世光彦”. 日刊ゲンダイ(date=2013-03-06. 2021年9月19日閲覧。
  30. ^ a b c “樹木希林、「左目失明」で見せた女優魂”. SANSPO.COM. (2004年1月30日). オリジナルの2005年3月2日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20050302233433/http:/www.sanspo.com/geino/top/gt200401/gt2004013002.html 2016年9月10日閲覧。 
  31. ^ “樹木希林 夫・内田裕也の存在に感謝「破天荒さは私のほうが…」”. Sponichi Annex. (2016年5月19日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/05/19/kiji/K20160519012616050.html 2016年9月10日閲覧。 
  32. ^ a b “樹木希林告白、内田裕也が寝ているとき「刺そうと…」 黒柳徹子特番で奇跡の夫婦初共演”. 産経ニュース. (2016年7月13日). https://www.sankei.com/article/20160713-DVOKRHOA2NKL5NYMX5R4UC4BBY/ 2016年9月10日閲覧。 
  33. ^ a b 樹木希林(インタビュアー:竹中文)「【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(1/3ページ)」『産経ニュース』、2009年2月20日。 オリジナルの2009年2月23日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20090223112621/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n1.htm2016年5月15日閲覧 
  34. ^ 樹木希林(インタビュアー:竹中文)「【ゆうゆうLife】向き合って 女優・樹木希林さん(66)(下)(2/3ページ)」『産経ニュース』、2009年2月20日。 オリジナルの2009年2月23日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20090223113647/http://sankei.jp.msn.com/life/body/090220/bdy0902200808000-n2.htm2016年5月15日閲覧 
  35. ^ 1986年4月25日死去。
  36. ^ a b “ピップも樹木希林さん追悼 17年間CM出演「感謝」100周年式典も笑いの渦「ユーモアあふれるお人柄」”. Sponichi Annex. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000256000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  37. ^ a b c 「歴史を変えた広告(第3回)フジカラー / 滝」『広告批評』第214号、マドラ出版、1998年3月1日、38 - 39頁、NDLJP:1852933/21 
  38. ^ a b c d “富士フイルム 樹木希林さん追悼 40年CM出演「感謝」今年の“お正月を写そう”撮影時「無事に1年を」”. Sponichi Annwx. (2018年9月18日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/09/18/kiji/20180918s00041000154000c.html 2018年9月30日閲覧。 
  39. ^ 特別公開:樹木希林さん出演TVCM”. 富士フイルム (2018年). 2018年9月30日閲覧。
  40. ^ “左目失明の樹木希林が会見”. 日刊スポーツ. (2004年1月29日). オリジナルの2004年2月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20040207114754/http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-040129-0024.html 2016年1月13日閲覧。 
  41. ^ “内田、希林に「死ぬとき俺連れて行くな」”. 日刊スポーツ. (2013年3月12日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/f-et-tp0-20130312-1096692.html 
  42. ^ “樹木希林:1年半ぶりがん治療「昨日で終了」 穏やかな笑顔見せる”. まんたんウェブ. (2014年1月16日). https://mantan-web.jp/article/20140116dog00m200021000c.html 2016年1月13日閲覧。 
  43. ^ a b “『ザ・ノンフィクション』TV史上初・内田裕也に密着、語りは樹木希林”. マイナビニュース. 株式会社マイナビ. (2018年7月26日). https://news.mynavi.jp/article/20180727-670510/ 2018年9月16日閲覧。 
  44. ^ “樹木希林が大腿骨骨折、NHK生放送番組に電話出演 - 芸能:日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808160000781.html 2018年8月17日閲覧。 
  45. ^ “樹木希林さんが死去 5年前に全身のがん告白”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2018年9月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201809160000713.html 2018年9月16日閲覧。 
  46. ^ 浅田美代子、樹木希林さんは「母であり、姉であり、親友」「気丈で立派だった」スポーツ報知、2018年9月18日
  47. ^ 樹木希林さん葬儀営まれる 「2度母を失った」是枝裕和監督がメッセージ 本木雅弘さん「遠くを見つめるように亡くなった」産経ニュース、2018年9月30日
  48. ^ 樹木希林写真展がFUJIFILM SQUAREで開催 デビュー当時からの活躍を、写真と動画で振り返る”. SPICE. イープラス (2018年11月8日). 2018年12月9日閲覧。
  49. ^ 内田也哉子、UTAも来場! レスリー・キー撮影特別展示『愛・樹木希林』。 妻夫木 聡、斎藤 工、松坂桃李らによる追悼映像も”. エンタメステーション. ソニー・ミュージックエンタテインメント (2018年11月21日). 2018年12月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月9日閲覧。
  50. ^ a b “樹木希林さん、遺作は来年公開映画「エリカ38」 自ら企画、主演は浅田美代子”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年9月17日). https://hochi.news/articles/20180917-OHT1T50031.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 
  51. ^ エリカ38”. ムービーウォーカー. 2020年4月17日閲覧。
  52. ^ 内田裕也さん逝く 79歳 希林さんの死から半年 もう聞けない“ロケンロール"― スポニチ Sponichi Annex 芸能」『スポーツニッポンスポーツニッポン新聞社、2019年3月18日。
  53. ^ Amazon|とし子さん コレクターズDVD 【昭和の名作ライブラリー 第42集】 -TVドラマ”. Amazon.co.jp. 2023年11月28日閲覧。
  54. ^ ハッスル奥さま - ドラマ詳細データ - ◇テレビドラマデータベース ◇”. キューズ・クリエイティブ. 2023年11月28日閲覧。
  55. ^ “樹木希林さん追悼でカンテレがドラマ「鬼ユリ校長、走る!」を10月2日深夜に放送”. スポーツ報知. (2018年9月1日). https://hochi.news/articles/20180927-OHT1T50218.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 
  56. ^ 樹木希林、認知症の役は「やりたがる役者がいないので私に回ってくる(笑)」”. cinemacafe.net (2012年4月18日). 2016年9月10日閲覧。
  57. ^ “樹木希林、人生初のお伊勢参りが映画に”. シネマトゥデイ. (2014年8月19日). https://www.cinematoday.jp/news/N0060686 2014年12月11日閲覧。 
  58. ^ “樹木希林、河瀬直美新作で主演「死ぬ死ぬ詐欺みたいね」”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). https://www.cinematoday.jp/news/N0068910 2014年12月11日閲覧。 
  59. ^ “阿部寛、今度は夢追う“ダメ中年”!? 樹木希林と親子役…是枝監督最新作『海よりもまだ深く』”. シネマカフェ. (2015年12月25日). https://www.cinemacafe.net/article/2015/12/25/36667.html 2015年12月25日閲覧。 
  60. ^ “樹木希林がナレーション担当、建築家・津端修一とその妻の暮らし追った記録映画が公開”. 映画ナタリー. (2016年10月17日). https://natalie.mu/eiga/news/205620 2016年10月18日閲覧。 
  61. ^ 樹木希林のギャラはタダ!?「もう困った時の樹木希林というのはナシ」”. MovieWalker (2017年5月27日). 2017年6月5日閲覧。
  62. ^ 小山美咲 (2017年10月10日). “山崎努&樹木希林、56年の時を経て夫婦役で初共演!”. シネマトゥデイ. 2018年5月25日閲覧。
  63. ^ “樹木希林さん遺作の独映画で「ゴンドラの唄」8月に日本公開…死去2か月前に撮影、旅館の女将”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年3月17日). https://hochi.news/articles/20190316-OHT1T50365.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 
  64. ^ ブレイブ ストーリー”. GONZO公式サイト. 2016年6月28日閲覧。
  65. ^ プレミアムカフェ 温故希林 骨董(とう)珍道中 in ソウル(2012年)”. NHK (2020年5月26日). 2021年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月30日閲覧。
  66. ^ 神宮希林”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  67. ^ 戦後70年 樹木希林ドキュメンタリーの旅”. 東海テレビ. 2015年8月8日閲覧。
  68. ^ NHK BSプレミアム 「京都 名門のうたげ〜樹木希林の"仕出し"巡り〜」 再放送のご案内”. 杉本節子のだいどこ日記 (2016年11月5日). 2021年5月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  69. ^ 樹木希林のばあばとフルタチさん”. 東海テレビ. 2020年9月12日閲覧。
  70. ^ 日曜美術館「北大路魯山人×樹木希林」”. WEBザテレビジョン 株式会社KADOKAWA. 2015年8月8日閲覧。
  71. ^ “フジで西城秀樹さん追悼特番、坂上忍が故人ゆかりの人に直撃取材”. SANSPO.COM. (2018年5月23日). https://www.sanspo.com/article/20180523-WYOVLS4VKRLY3PAC3MEUX4C6BQ/ 2018年5月25日閲覧。 
  72. ^ 樹木希林 - オリコンTV出演情報
  73. ^ 樹木希林さんに昨年6月から密着 最後のドキュメンタリー、NHKで26日放送”. ORICON NEWS. オリコン (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  74. ^ 〜トリックスター夫婦による、昭和平成史〜”. NHK (2021年9月25日). 2021年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月9日閲覧。
  75. ^ “故樹木希林さん語りのラジオドラマ、全国ラジオ局で再放送”. Sponichi Annex. (2018年10月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/10/10/kiji/20181010s00041000140000c.html 2018年10月31日閲覧。 
  76. ^ 検索結果 神田・神保町 レコード屋のおかみさん”. 放送ライブラリー. 放送番組センター. 2018年10月31日閲覧。
  77. ^ 「No.1ストレートトーク」篇 樹木(15秒) Softbank
  78. ^ 【樹木希林さん出演、宝島社 企業広告】「死ぬときぐらい好きにさせてよ」が「読売広告大賞」グランプリ受賞』(プレスリリース)dot.ドット 朝日新聞出版、2016年4月18日。 オリジナルの2016年5月25日時点におけるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20160525162205/https://dot.asahi.com/business/pressrelease/2016041800225.html2016年5月15日閲覧 
  79. ^ 樹木希林さん、地球の人々へ最後のメッセージ 宝島社の企業広告に登場”. ORICON NEWS. オリコン (2018年10月29日). 2018年10月31日閲覧。
  80. ^ 「三井のリハウス」新作TVCF放映開始 〜樹木希林さんを祖母役に起用し、大切な家を売却する家族の思いを表現〜』(プレスリリース)三井不動産リアルティ、2016年8月19日https://www.mf-realty.jp/news/2016/20160819_01.html2016年9月10日閲覧 
  81. ^ 「年齢を受け入れて着たい服を着る」樹木希林がそごう・西武のプロジェクト新アイコンに”. Fasionsnap.com NEWS. レコオーランド (2016年9月8日). 2016年9月10日閲覧。
  82. ^ Mastercardが「pricelessを選ぼう。」キャンペーンを開始』(プレスリリース)マスターカード、2017年6月1日http://newsroom.mastercard.com/asia-pacific/ja/press-releases/newsroom-170601/2017年6月5日閲覧 
  83. ^ 樹木希林 - オリコンCM出演情報
  84. ^ 歴代受賞者”. 日本女性放送者懇談会 SJWRT. 2016年6月21日閲覧。
  85. ^ “樹木の「底が知れない」才能 / 映画大賞”. nikkansports.com. (2012年12月29日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp1-20121229-1065690.html 2017年8月31日閲覧。 
  86. ^ 東京国際映画祭“ARIGATO賞”新設、受賞者に樹木希林、広瀬すず、細田守ら”. 映画ナタリー (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  87. ^ 「第39回山路ふみ子映画賞」に是枝裕和監督の「海街diary」”. 映画.com (2015年10月18日). 2015年10月19日閲覧。
  88. ^ 第7回TAMA映画賞|第25回映画祭TAMA CINEMA FORUM”. TAMA CINEMA FORUM (2015年). 2015年11月21日閲覧。
  89. ^ 【報知映画賞】樹木希林、地方の体育館上映で見えた「出不精のおばあさんも映画が大好き」”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月28日閲覧。
  90. ^ a b 綾瀬はるかや広瀬すずも爆笑!樹木希林の爆笑スピーチ”. Movie Walker (2016年2月7日). 2016年2月8日閲覧。
  91. ^ 第39回日本アカデミー賞優秀賞決定!—”. 日本アカデミー賞公式サイト. 2016年1月21日閲覧。
  92. ^ 樹木希林、『あん』で初のアジア太平洋・女優賞獲得「一番の年上ということで…」”. シネマカフェ. 2016年5月11日閲覧。
  93. ^ 第42回「放送文化基金賞」表彰対象について』(プレスリリース)公益財団法人 放送文化基金、2016年6月8日http://www.hbf.or.jp/upload/42kisha.pdf2016年6月8日閲覧 
  94. ^ 樹木希林が第10回アジア・フィルム・アワード特別功労賞を受賞、日本人では2人目”. 映画ナタリー (2016年3月3日). 2016年3月3日閲覧。
  95. ^ 樹木希林、“功労賞”受賞も「ちっとも功労していない」”. ORICON NEWS. オリコン (2017年5月16日). 2017年6月5日閲覧。
  96. ^ 平成29年度 第66回神奈川文化賞が決定しました!』(プレスリリース)神奈川県、2017年10月17日https://www.pref.kanagawa.jp/prs/p1183202.html2020年3月15日閲覧 
  97. ^ 樹木希林、北米映画祭で受賞も「それは何ですか?」と情報知らず”. クランクイン!. ハリウッド・チャンネル (2018年5月19日). 2018年5月25日閲覧。
  98. ^ “樹木希林、北米の映画祭で女優賞「75歳で“次の世”考え中だが、ほめられるのはうれしい」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2018年7月27日). https://hochi.news/articles/20180727-OHT1T50193.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 
  99. ^ 河瀬直美、樹木希林さんに特別功労賞を授与 「なら国際映画祭」オープニングセレモニー”. 映画.com (2018年9月20日). 2018年9月30日閲覧。
  100. ^ “【報知映画賞】助演女優賞に樹木希林さん、存在感は生き続ける”. スポーツ報知. (2018年11月28日). https://hochi.news/articles/20181127-OHT1T50305.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 
  101. ^ “樹木希林さん助演女優賞、3作で強烈印象/映画大賞”. nikkansports.com. (2018年12月4日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201812040000112.html 2018年12月9日閲覧。 
  102. ^ 毎日映画コンクールで「万引き家族」が大賞ほか3冠、柄本佑と安藤サクラが主演賞”. 映画ナタリー (2019年1月23日). 2019年1月23日閲覧。
  103. ^ 第42回日本アカデミー賞 最優秀賞決定!” (2019年3月1日). 2019年3月1日閲覧。
  104. ^ “浅田美代子、樹木希林さんの代理でATP賞授賞式出席 「墓前に報告したい”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2019年7月11日). https://hochi.news/articles/20190711-OHT1T50167.html?page=1 2022年3月13日閲覧。 

外部リンク 編集