七尾 与史(ななお よし、1969年6月3日 - )は日本の推理作家歯科医師[1]静岡県浜松市出身[2]、浜松市中区在住[1]。血液型はA型。

七尾 与史
(ななお よし)
誕生 (1969-06-03) 1969年6月3日(50歳)
日本の旗 静岡県浜松市
職業 作家歯科医師
国籍 日本の旗 日本
ジャンル 推理小説
主な受賞歴 第8回『このミステリーがすごい!』大賞隠し玉受賞
デビュー作 死亡フラグが立ちました!
テンプレートを表示

経歴・人物編集

山村正夫記念小説講座で創作を学び、宝島社主催の第8回『このミステリーがすごい!』大賞に応募した『死亡フラグが立ちました!』が最終選考に残る。結局受賞には至らなかったが内容が評価され、2010年7月に41歳で隠し玉(編集部推薦)として同作で作家デビューした[2]。同作は売上24万部を突破[3]

現在も歯科医として歯科医院を経営する傍ら、執筆活動を続けている[1]。妻帯者であり、夫婦でタイを旅行するのが好きだという[2]

自身と同じ第8回このミス大賞出身作家の、太朗想史郎中山七里伽古屋圭市とはプライベートでも仲がよく時々同期会を開催している[4]

作品リスト編集

小説編集

死亡フラグシリーズ編集

  • 死亡フラグが立ちました!(2010年7月 宝島社文庫
  • 死亡フラグが立ちました! カレーde人類滅亡?!殺人事件(2012年11月 宝島社文庫)
  • 死亡フラグが立つ前に(2013年12月 宝島社文庫) - 短編集
  • 死亡フラグが立ちました! 超絶リアルゲーム実況殺人事件(2019年10月 宝島社文庫)

ドS刑事シリーズ編集

山手線探偵シリーズ編集

  • 山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎|山手線探偵 まわる各駅停車と消えたチワワの謎(2012年6月 ポプラ文庫
  • 山手線探偵2 まわる各駅停車と消えた初恋の謎(2013年2月 ポプラ文庫)
  • 山手線探偵3 まわる各駅停車と消えた妖精の謎(2014年6月 ポプラ文庫)

バリ3探偵 圏内ちゃんシリーズ編集

  • バリ3探偵 圏内ちゃん(2014年9月 新潮文庫nex
  • バリ3探偵 圏内ちゃん 忌女板小町殺人事件(2015年9月 新潮文庫nex)
  • バリ3探偵 圏内ちゃん 凸撃忌女即身仏事件(2016年9月 新潮文庫nex)

ランチ刑事の事件簿シリーズ編集

  • ティファニーで昼食を ランチ刑事の事件簿(2016年5月 ハルキ文庫)
  • 隠し味は殺意 ランチ刑事の事件簿(2)(2018年9月 ハルキ文庫)

その他の作品編集

  • 失踪トロピカル(2011年2月 徳間文庫
  • 殺しも芸の肥やし 殺戮ガール(2011年12月 宝島社)
    • 【改題】殺戮ガール(2012年5月 宝島社文庫)
  • 沈没ホテルとカオスすぎる仲間たち(2012年7月 廣済堂出版
    • 【改題】僕は沈没ホテルで殺される(2016年10月 幻冬舎文庫)
  • 妄想刑事エニグマの執着(2014年11月 徳間書店 / 2017年2月 徳間文庫)
  • すずらん通り ベルサイユ書房(2015年4月 光文社文庫
  • 表参道・リドルデンタルクリニック(2015年7月 実業之日本社
  • 僕はもう憑かれたよ(2015年9月 宝島社 / 2017年3月 宝島社文庫)
  • ヴィヴィアンの読書会(2015年11月 PHP文芸文庫
  • トイプー警察犬 メグレ(2016年2月 講談社タイガ
  • 偶然屋(2016年6月 小学館 / 2018年10月 小学館文庫)
  • トイプー警察犬 メグレ 神隠しと消えた殺意の謎(2016年9月 講談社タイガ文庫)
  • 歯科女探偵(2017年8月 実業之日本社文庫)
  • 死なせない屋(2018年3月 朝日文庫)
  • すずらん通り ベルサイユ書房 リターンズ!(2018年5月 光文社文庫)
  • 死神医師(2018年6月 講談社タイガ文庫)

アンソロジー編集

「」内が七尾与史の作品

  • 10分間ミステリー(2012年2月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 降車編(2012年12月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー 恐怖の全裸車両」
  • もっとすごい!10分間ミステリー(2013年5月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー オシャレな股間!? 殺人事件」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 夏の記憶東口編(2013年7月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー 真夏の黒い巨塔? 殺人事件」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 冬の記憶西口編(2013年12月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー 戦慄! 真冬のアベサダ事件」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 本の物語(2014年12月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー 衝撃! 股間グラビア殺人事件」
  • 5分で読める!ひと駅ストーリー 旅の話(2015年12月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー 旅の恥は脱ぎ捨て!? 事件」
  • 5分で笑える!おバカで愉快な物語(2016年3月 宝島社文庫)「全裸刑事チャーリー」「全裸刑事チャーリー 恐怖の全裸車両」「全裸刑事チャーリー オシャレな股間!? 殺人事件」
  • 特選 THE どんでん返し(2019年4月 双葉文庫)「それは単なる偶然」

単著未収録作品編集

  • ドクター・キリオ(『小説現代』2012年12月号)
  • 白と黒のドクター(『小説現代』2013年8月号)
  • 黒い殺意はオレンジ色に染まる(『小説現代』2013年10月号)

連載中編集

  • バリ3探偵 圏内ちゃん(新潮社 yom yom)

解説編集

その他編集

  • グサっと痛いけど超やる気が出るドSな言葉(2018年12月 すばる舎

映像化作品編集

バラエティー編集

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c 本人ブログ「死亡フラグが立つ日記by77044
  2. ^ a b c オンライン書店Honya Club.com著者プロフィール
  3. ^ 『死亡フラグが立ちました!カレーde人類滅亡!? 殺人事件』紹介ページ - 宝島チャンネル
  4. ^ 旧ブログより
  5. ^ 小関裕太主演ドラマ『死亡フラグが立ちました!』の出演者情報&場面写真が解禁”. エンタメステーション (2019年9月19日). 2019年9月19日閲覧。

外部リンク編集