メインメニューを開く

七尾 和晃(ななお かずあき)は、日本ジャーナリストノンフィクション作家ルポライター覆面作家[1]

目次

人物編集

初代編集

1974年昭和49年)[2] - 2015年平成27年)12月27日ニューヨーク市クィーンズ区生まれ[3]石川県金沢市出身[4]英字新聞記者や業界紙記者、週刊新潮記者などを経て、2004年に独立してフリーとなる[4][3]。記者時代には産業政策担当として経済産業省をはじめ、国土交通省厚生労働省総務省外務省環境省内閣府などを取材する[3]。特に、第二次臨時行政調査会橋本行革での中央省庁再編に伴う、政策決定過程における官僚の心理的動態の変化に着目[5]。忘れられゆく近代史の現場に赴き、「訊くのではなく聞こえる瞬間を待つ」姿勢で踏査ノンフィクションにまとめる手法で、海外と日本を往来しながら学際的なフィールドワークを行った[5]

二代編集

2014年に初代筆者は引退・交代し、有志の出版編集者、新聞記者雑誌記者らによる共同執筆方式に移行した[1]

著書編集

他、記事多数。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 『『安倍晋三の乳母はなぜ消えたのか : 彼女が私に語った安倍家のすべて』徳間書店 2015 ISBN 978-4-19-864064-4
  2. ^ 『琉球検事 : 封印された証言』東洋経済新報社 2012 ISBN 978-4-492-22326-0
  3. ^ a b c 著者プロフィール(『堤義明闇の帝国』草思社 2014 (草思社文庫 ; な2-3) ISBN 978-4-7942-2056-1
  4. ^ a b 著者プロフィール(『堤義明闇の帝国 : 西武グループの総帥はいかにして失墜したか』光文社 2005 ISBN 4334974740
  5. ^ a b 著者プロフィール(『虚業 : 小池隆一が語る企業の闇と政治の呪縛』七つ森書館 2014 ISBN 978-4-8228-1416-8

関連項目編集