七条大宮仏所

平安時代の仏師工房

七条大宮仏所(しちじょうおおみやぶっしょ)は、平安時代仏師工房。定朝の子覚助の次男、院助を祖とする仏所。

略史編集

京都七条大宮にあり、平安時代後期に活躍。院覚院尊らの名工を輩出した。鎌倉時代七条仏所などにおされ衰退。円派慶派の他の仏所とちがい、定朝の直系血族とその弟子たちが中心となった。

関連項目編集