メインメニューを開く

万多親王

桓武天皇の皇子

万多親王(まんだしんのう/まんたしんのう、延暦7年(788年) - 天長7年4月21日830年5月16日))は、奈良時代末期から平安時代初期にかけての皇族桓武天皇の第五皇子。初名は茨田官位二品大宰帥一品旧字を用いた萬多親王の名のほうが、従来から一般的とされている[要出典]

万多親王
(まんたしんのう)
Prince manta.jpg
前賢故実』より

続柄 桓武天皇第5皇子
身位 二品
(贈一品)
敬称 殿下
出生 延暦7年(788年
日本の旗 日本山城国
死去 天長7年4月21日830年5月16日
日本の旗 日本山城国
子女 正行王
雄風王
正躬王
父親 桓武天皇
母親 藤原小屎
役職 大宰帥
テンプレートを表示

経歴編集

延暦14年(795年周防国の田百町、山八百町を賜る。延暦20年(801年元服

嵯峨朝にて右大臣藤原園人らとともに『新撰姓氏録』を編纂し、弘仁5年(814年)に完成させた(この時の官位は四品・中務卿)。弘仁8年(817年三品に叙せられ、弘仁14年(823年式部卿に任ぜられる。

淳和朝天長5年(828年大宰帥に任ぜられ、天長7年(830年)4月に二品に昇叙されるが、同月21日に薨去享年43。即日一品贈位を受けた。

略歴編集

系譜編集

脚注編集

  1. ^ a b 『日本後紀』天長7年4月21日条
  2. ^ 『日本文徳天皇実録』天安2年7月10日条
  3. ^ 『日本文徳天皇実録』斉衡2年6月26日条
  4. ^ 『日本三代実録』貞観5年5月1日条

参考文献編集