菅原内親王

日本の平安時代の皇族、桓武天皇の第十六皇女

菅原内親王(すがわらないしんのう)は、平安時代初期の皇族桓武天皇の第16皇女。母は女御橘御井子で、同母姉妹に賀楽内親王がいる。天長2年(825年)に無品のまま薨去した(『日本後紀天長2年閏7月6日条)。享年不明。

参考文献編集

  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年