坂本親王

桓武天皇の皇子

坂本親王(さかもとしんのう、延暦12年(793年) - 弘仁9年11月5日818年12月6日))は、平安時代初期の皇族桓武天皇皇子。母は河上真奴(錦部春人の娘)。官位四品治部卿

経歴編集

延暦24年(805年殿上にて元服[1]大同4年(809年長岡京の土地4町を与えられる[2]弘仁2年(811年四品に叙せられ[3]、のち治部卿に任ぜられるが、弘仁9年(818年)11月5日薨去享年26。最終官位は治部卿四品。

脚注編集

  1. ^ 日本後紀』延暦24年11月23日条
  2. ^ 『日本後紀』大同4年3月18日条
  3. ^ 『日本後紀』弘仁2年正月24日条

参考文献編集