三井 高堅(みつい たかかた、1867年6月24日慶應3年5月22日) - 1945年昭和20年)5月31日)は、日本実業家三井呉服店社長や、三井物産社長、三井銀行社長、三井合名副社長等を歴任した。別名に、宗堅,堅三郎,源右衛門,子鑽,小佶庵,聴氷,聴氷閣,不朽,靖屋,風蛤,辛田,双鹿,双鹿閣,砌梧,日本人,戴星。

人物・経歴編集

三井松坂家7代当主三井高敏(則右衛門)と母クガ(久賀)との三男堅三郎として生まれ、1883年に三井高朗の養子にとなり、その2日後に三井新町家三井高辰の長女いその婿養子となった[1]。1893年に三井源右衛門を襲名し、1894年三井呉服店社長に就任。1909年三井合名監査役。1912年三井合名監査部長[2][3][4]東神倉庫社長[5]。1913年三井鉱山代表取締役[3][2]。1914年三井物産社長[6]。1920年から三井銀行社長を務め[7]、1932年には三井合名副社長にも就任したが[8]池田成彬三井合名理事による改革で1934年に退任させられた[9]美術品の収集家としても知られ[2]、収集した中国古拓本は三井記念美術館に収蔵されている[10]

脚注編集

  1. ^ 三井源右衛門(読み)みつい・げんえもんコトバンク
  2. ^ a b c 三井 高堅(読み)ミツイ タカカタ20世紀日本人名事典の解説
  3. ^ a b 「三井高堅(読み)みつい たかかた」デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  4. ^ 「三井源右衛門(読み)みつい げんえもん」デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説
  5. ^ 「三井倉庫(株)『三井倉庫八十年史』(1989.12)」渋沢社史データベース
  6. ^ 「三井物産(株)『挑戦と創造 : 三井物産一〇〇年のあゆみ』(1976.07)」渋沢社史データベース
  7. ^ (株)三井銀行『三井銀行八十年史』(1957.11)渋沢社史データベース
  8. ^ (株)三井銀行『三井銀行八十年史』(1957.11)渋沢社史データベース
  9. ^ 宇田川勝 財閥の改革者―結城豊太郎と池田成彬法政大学
  10. ^ 館蔵品の概要三井美術館
先代:
三井高寛
東神倉庫社長
1912年 - 1914年
次代:
三井高尚
先代:
三井高弘
三井物産社長
1914年 - 1920年
次代:
三井高明